2016年10月8日 更新

祇園での〆にはサクサクで絶品の一口餃子で決まり!生姜餃子も人気の専門店「ぎょうざ 歩兵」

祇園にある専門店「ぎょうざ 歩兵」なり。何気に京都は餃子専門店が多い地域かもしれませんな。

祇園に佇む餃子専門店

 (57691)

お店の名前はぎょうざ 歩兵。名前の通り、梯子酒の〆に最適そうな「餃子専門店」なのだ。しかし、何気に京都は〆狙いの餃子専門店が多い地域かもしれませんな。

お店は四条通から巽橋方面に上がる途中、切通の角にあるので、非常にわかりやすい。
4人テーブルが2、L字型カウンターが12席というこじんまりした店内。当然満席で、CANONの一眼レフカメラのモニターを見ながら今日の旅行を振り返る欧米系カップル、これから〆を食っちゃうぞ!と餃子てんこ盛りの皿を前に、白御飯をがっつく若者グループなど、客層は結構厚そうだ。
 (57692)

メニューはこんな感じ。ノーマル版餃子はニンニク・ニラ入りでラー油&’酢醤油で、生姜ぎょうざがニンニク無しで味噌ダレで頂く趣向。カウンター上にはいろいろな具材が入ったおにぎりが置いてあったり、呑んだ後の〆使い一直線~という感じですな。
珍しいところでは、我が伏見、月の桂で有名な増田徳兵衛商店謹製の 「稼ぎ頭」がスタンばっているところ。私が知る限り、甘口ワインに一番近い女性が好きそうな日本酒なのだ。面白いメニュー編成ですな。
 (57693)

ハイボール¥520をチョイスし、口さっぱり系な壺キュウリ¥320をまず注文。新鮮なキュウリに、チキンブイヨン+胡麻油+白胡麻というようなナムル的味付けをした一品だが、なかなか良いですな~。自宅でもしようと思った一品。

サクサク食感の〆餃子

 (57694)

まずは生姜餃子1人前が出てくる。王将の餃子と比較すると、体積比1/2程度の非常~にミニミニサイズなのだが、手間賃だと思うとなんだか納得できるのだ。驚くことに両面に火が入っていて、更に驚くことに非常~にサクサクな食感。
 (57695)

ノーマル版餃子。ニラたっぷりで個人的にはこちらのほうが好き。
 (57696)

甘口の味噌ダレか酢醤油で頂くのだが、餃子というのはサイズを変更すると、皮と具の旨み構成バランスやら、サクサクとしっとりの食感バランスが調整できるのだなぁ、というのを思い知る一品。
とことんサクサク、が、餡の旨みを殺さずに、を狙ってサイズが小さくなったような気がします。
ー油&酢醤油をたっぷりしみこませて白御飯に着丼させていただくと、なんだか天国に行けそうな気がする美味しさでした。

呑み〆なら納得価格。確実にまた来ていると思います。

ぎょうざ歩兵 クチコミ情報

ぎょうざ歩兵 店舗情報

店名:ぎょうざ 歩兵
住所:京都市東山区清本町373-3
電話番号:075-533-7133
営業時間:18:00~翌3:00
定休日:日曜日・祝日
店舗FBページ: https://www.facebook.com/gyoza.hohei/
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都おでんめぐり】花街・祇園の元置屋の女将営む人気店!ほっこり和むおばんざいも☆菜処「やすかわ」

【京都おでんめぐり】花街・祇園の元置屋の女将営む人気店!ほっこり和むおばんざいも☆菜処「やすかわ」

京都随一の花街・祇園。その華やかな通り沿いにひっそりと店を構えつつ、夜な夜な数多くのお客が訪れる人気店。とくに名物のおでんが美味しくなる季節。行ってきました。
祇園白川の隠れ家ワイン&日本酒バー|フレンチ出身のマスターが営む「アッティコ バール ジェンテ」

祇園白川の隠れ家ワイン&日本酒バー|フレンチ出身のマスターが営む「アッティコ バール ジェンテ」

祇園白川、路地奥に佇むフレンチ出身のマスターが営むワインバー「アッティコ バール ジェンテ」なり。
白川をのぞむ祇園の有名甘味処|はんなり気分で抹茶パフェ★ ぎをん小森【祇園白川】

白川をのぞむ祇園の有名甘味処|はんなり気分で抹茶パフェ★ ぎをん小森【祇園白川】

祇園のど真ん中にある花街の老舗甘味処。しっとり花街情緒の中で頂く和洋折衷な抹茶ババロアパフェ。
京都祇園のディープ台湾料理店!絶品のムチムチ水餃子必食☆「萍萍 (ピンピン)」

京都祇園のディープ台湾料理店!絶品のムチムチ水餃子必食☆「萍萍 (ピンピン)」

祇園にある老舗台湾料理のお店。店内のディープな雰囲気と片言のママさんの語り口から、祇園に居ながらにして、ちょっと台湾に来た感あり。予約して行ってきました。
祇園の異空間★ベッド席は予約必須のお布団カフェ★Mons Cafe【モンス カフェ キョウト】【祇園】

祇園の異空間★ベッド席は予約必須のお布団カフェ★Mons Cafe【モンス カフェ キョウト】【祇園】

ティーンに絶大な人気を誇る隠れ家お布団カフェ。路地の奥に広がるマットレスが敷かれたbeachな異空間。 古都で楽しむbeachなチャノマ★

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。