2016年9月3日 更新

王将の1号店、原点はココにあり!ファン必訪の聖地!「餃子の王将 四条大宮店」

王将の原点、聖地とされる一号店の「餃子の王将 四条大宮店」に行ってきました!

餃子の王将はここから始まりました

 (53144)

四条大宮店駅前の餃子の王将に行ってきました!
4階建てのビルまるごと一棟、王将です。

そして、ここはなにを隠そう餃子の王将の聖地とされる1号店なのです。
 (53145)

王将発祥の地ということで、全国から王将ファンが集まる人気店です。
四条大宮から徒歩1分と立地も抜群ですしね。
 (53146)

「餃子の王将 発祥の地」と記された石碑が店舗角に。
まさにここから、今の王将はスタートしたんです。
 (53147)

一階は厨房とカウンター席になっています。
カウンターからは、手際よく、忙しそうにしている厨房が見えて楽しいです。
 (53148)

2階はテーブル席、3階はお座敷席になっているようです。
 (53152)

王将と言えば、店舗独自のオリジナルメニューです。聖地である一号店のオリジナルメニューはこちら。
他の方の注文を聞いていると、カニ玉、鶏唐揚、肉団子、ライスのついた大宮セットが人気のようでした!
個人的には油淋鶏定食もかなり惹かれますね(笑)
 (53153)

他の店舗にもありますが、一人飲みでとっても嬉しいジャストサイズメニュー。
小皿なので、色んな料理が食べることができていいですよね。食べ過ぎちゃうのがあれですが(笑)

変わらない安定の美味しさ

 (53150)

やっぱり餃子ですね。聖地で「コーテルイーガー(餃子1人前)」を聞きたかったんです(笑)

味は言うことなし!安定の美味しさですが、聖地で食べると2割増しで美味しい気もします。
 (53149)

満足できず、もう一人前追加しちゃいました!
週末のご飯時だと、両方の鉄板を使って餃子を焼き続けているそうですよ。
1階から2、3階に料理を運んでいるので、まさにご飯どきは戦場のようでしょうね。
 (53151)

追加分の餃子もきました。結果的に「コーテルリャンガー(餃子2人前)」になっていました。

全国で600店舗以上展開する王将の原点はココになります。王将ファンは必訪の店舗ですよ。

餃子の王将 四条大宮店 クチコミ情報

19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都発祥】餃子だけじゃない!王将が本気出してきた!!創業50周年メニューの黒酢すぶた必食「餃子の王将」

【京都発祥】餃子だけじゃない!王将が本気出してきた!!創業50周年メニューの黒酢すぶた必食「餃子の王将」

京都発祥ということで、京都人のソウルフードとしておなじみの全国中華チェーン店『餃子の王将』。その王将で創業50周年感謝メニューが絶賛展開中だが、中でも今の時期限定の黒酢すぶたが巷で大好評。
【京都人のソウルフード】やっぱり王将の餃子で餃活!創業50周年記念キャンペーンでゴールドカード会員☆「餃子の王将」

【京都人のソウルフード】やっぱり王将の餃子で餃活!創業50周年記念キャンペーンでゴールドカード会員☆「餃子の王将」

もうシリーズ化している定点観測中の我らの『餃子の王将』(笑)デイリー使いがうれしい中華料理店なのだ、創業50周年記念キャンペーン期間でいろんな特典付き。今回はゴールドカード会員になって、さらにお得に。
【京都人のソウルフード】やっぱり行き着くところは王将の餃子!創業50周年記念皿ゲット☆「餃子の王将」

【京都人のソウルフード】やっぱり行き着くところは王将の餃子!創業50周年記念皿ゲット☆「餃子の王将」

新年は2月が王将初めだった、定点観測中の我らの『餃子の王将』(笑)デイリー使いがうれしい中華料理店なのだが、昨年末の創業50周年記念プレゼントのお皿がようやく手元に。
京都・四条大宮で食べたい!「絶品グルメ7選」立ち呑みから洋食、肉バルまで【まとめ】

京都・四条大宮で食べたい!「絶品グルメ7選」立ち呑みから洋食、肉バルまで【まとめ】

そもそも「大宮」とは皇居のこと。大宮通とはそのまま、皇居の通りという意味です。平安時代は大宮大路と呼ばれ、四条大路とともに交通の要でした。そんな歴史ある四条大宮の厳選グルメ、7店をご紹介します。
”王将の餃子”を昇華させた京都向日市にある町の愛され中華「一来一来(いきいき)」

”王将の餃子”を昇華させた京都向日市にある町の愛され中華「一来一来(いきいき)」

向日市にある町の中華料理店「餃子の一来一来(いきいき)」。王将の流れを汲む中華料理店ですが、その味を昇華させた絶品の餃子がうまいと評判のお店です。激辛商店街にも加盟していて強烈なうま辛メニューも評判ですよ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし