2019年3月19日 更新

【京都人ソウルフード】王将マニアなら絶対行くべき!日本一メニューの多い聖地・宝ヶ池店☆「餃子の王将」

おおきに~豆はなどす☆今回は京都人のソウルフードとの呼び声高い、京都発祥の「餃子の王将」。その王将の中でも、日本一メニューが多い王将マニアの聖地・宝ヶ池店に行ってきました。

餃子パーリーもできるバリエーション!宝ヶ池店ならでは☆

 (147749)

夜。ちょっと行こうとしてたお店、アテが外れて別の店に、ということになり、まあお手軽にいつもの王将にするか、と。

ただ、普段とは違う店舗を攻めてみよう!ということで、かねがね噂にのぼる、こちらの宝ヶ池店へ。王将マニアの間ではよくよく知られた支店。

もはや周知のこととは思いますが、餃子の王将は京都発祥グルメ。なので、京都人のソウルフードとの呼び声も高いです(当社比笑)。
 (147751)

お店に入ってスグの場所に、シューアイスコーナー。
今まで気にも留めてませんでしたが、王将でシューアイスそもそも販売してたんでしょうか?それとも、ここだけ?
 (147752)

というのも、この宝ヶ池店は日本中にある王将の中で、一番メニューが多い店舗。
王将は直営店、フランチャイズ店とあり、こちらは直営店にあたりますが、メニューはわりと各店舗の独自性を重視。

その中でも、際立ってるのがこちら宝ヶ池店。
 (147750)

店内126席の大箱店舗。
 (147756)

で、早速メニューチェック。まずは看板商品の王将自慢の餃子。

餃子だけで、このバリエーション。ちょっと今まで見たことないようなものが多数。
みぞれ餃子、炙りチーズ餃子、、餃子入り茶碗蒸しなどなど。

いつもならよく焼き餃子で~とメニュー見ずにお決まりの注文をしますが、どれにしようかかなり吟味。
 (147755)

とろとろチーズ玉子、ハムカツってありましたっけ?初めて見ますが。
 (147757)

白梅町店では豚の角煮があるんですね。こちらでも提供。
 (147758)

王将で水餃子の発想はなかった(笑)
 (147778)

単品も見たことないようなラインナップ。
 (147760)

オリジナルのセットメニューも。
 (147759)

3月は野菜煮込みラーメン。これも美味しそう。
 (147754)

 (147753)

こちら、デザート類が充実してますね。女性客が多いんですかね。

そして、いろいろ気になるメニューを注文。こちらではメニューが日本一多いせいか、タッチパネル注文ではなく、口答で。まあ、それだけ網羅できないくらいメニューが多いということでしょうかね(笑)
34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都人のソウルフード】年の瀬にはやはり餃子三昧!年末年始の臨時休業要注意☆「餃子の王将」

【京都人のソウルフード】年の瀬にはやはり餃子三昧!年末年始の臨時休業要注意☆「餃子の王将」

山科・東インター沿いにある京都人ソウルフードで知られる餃子の王将。年の瀬の買い物途中のあわただしさの中利用。意外にも年末年始は臨時休業の店舗も多数。要注意。
【京都人のソウルフード】やっぱり王将の餃子で餃活!創業50周年記念キャンペーンでゴールドカード会員☆「餃子の王将」

【京都人のソウルフード】やっぱり王将の餃子で餃活!創業50周年記念キャンペーンでゴールドカード会員☆「餃子の王将」

もうシリーズ化している定点観測中の我らの『餃子の王将』(笑)デイリー使いがうれしい中華料理店なのだ、創業50周年記念キャンペーン期間でいろんな特典付き。今回はゴールドカード会員になって、さらにお得に。
京都人のソウルフード!最新秋冬メニューも登場!!あなたの知らない世界「餃子の王将」【京都山科】

京都人のソウルフード!最新秋冬メニューも登場!!あなたの知らない世界「餃子の王将」【京都山科】

定点観測中と豪語していた京都人ソウルフードの王将。最近すっかりご無沙汰になっていて、久々に行ったらいろいろな変化が。ご紹介します!
王将の1号店、原点はココにあり!ファン必訪の聖地!「餃子の王将 四条大宮店」

王将の1号店、原点はココにあり!ファン必訪の聖地!「餃子の王将 四条大宮店」

王将の原点、聖地とされる一号店の「餃子の王将 四条大宮店」に行ってきました!
【京都発祥】餃子だけじゃない!王将が本気出してきた!!創業50周年メニューの黒酢すぶた必食「餃子の王将」

【京都発祥】餃子だけじゃない!王将が本気出してきた!!創業50周年メニューの黒酢すぶた必食「餃子の王将」

京都発祥ということで、京都人のソウルフードとしておなじみの全国中華チェーン店『餃子の王将』。その王将で創業50周年感謝メニューが絶賛展開中だが、中でも今の時期限定の黒酢すぶたが巷で大好評。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな