2018年12月30日 更新

【京都人のソウルフード】年の瀬にはやはり餃子三昧!年末年始の臨時休業要注意☆「餃子の王将」

山科・東インター沿いにある京都人ソウルフードで知られる餃子の王将。年の瀬の買い物途中のあわただしさの中利用。意外にも年末年始は臨時休業の店舗も多数。要注意。

臨時休業店多数の年末年始

 (141822)

年末の買い物帰りに車で山科・東インター沿いの餃子の王将へ。
年末年始はおせち&雑煮三昧だろうから、中華、餃子食べ納めということで。なにせ、京都人のソウルフードの異名を持つ、我らの餃子の王将ですから(笑)
 (141830)

夜8時過ぎに来店しましたが、店内満席で大盛況。若干待ち時間発生しつつ。

で、なんとなくいつでも営業してるイメージの王将ですが、年末年始の12月31日、元旦は臨時休業の店多数。ここ東インター店も。さらに、王将1号店の四条大宮店や繁華街の店舗も臨時休業店多数ですので要注意。人手不足の波で年末年始休業が徐々にトレンドになりつつあり、王将もそういう方向に舵を切ったんですかね。

臨時休業店はこちらでご確認ください → http://map.ohsho.co.jp/b/ohsho/?t=temporary
 (141806)

創立50周年記念メニュー、現在12月は五目あんかけラーメン。ちょうど激寒の夜だったのでピッタリ。大好評で1月末まで継続決定。
 (141807)

他、いつものグランドメニューたち。
 (141808)

餃子焼き具合指定の場合は口頭なので、餃子以外のメニューをタッチパネルで注文。
 (141810)

大体お決まりの注文ラインナップですが(笑)炒飯大盛り。
 (141811)

で、こちらが創業50周年記念メニューの五目あんかけラーメン。豚肉、色とりどりの野菜たちとウズラ卵、ふんわり玉子、たっぷりの生姜のみじん切りが乗っていて、いかにも身体が温まりそうなラーメン。
 (141812)

わりととろみ強めのあんかけで麺によく絡みつきます。生姜が効いてて、ビールのアテとしても最高。
 (141815)

どんこ椎茸もゴロンと1個まるごと入っていて、素材に自信ありのメニュー。王将も変わったなぁと思わせるメニュー。あぁ、いい意味です(笑)
 (141813)

で、口頭注文の餃子よく焼き10人前。こんがりといい具合に焼き目がついてます。
 (141814)

この日のオペレーションさすがです。いつもなら大体分割納品なんですが、一括でした(笑)
さらに「焼き加減よろしかったですか?」と確認されたり。調理場もホールもこのあわただしい注文ラッシュの中、プロの技が光ります。
 (141816)

よく焼き、パリパリの餃子。安定の美味しさ。とくに冬キャベツなのか野菜の甘みをいつも以上に感じるというか。

ガツガツ食べる中、店内のBGMは涼しげにジャズが流れています(笑)
 (141817)

あっという間にすっかり完食。ゴチ!
手軽にサクッと夕食。忙しい年末には強い味方。でも、年末年始の営業日は要注意です。

ヨ~イヤサ~♪

餃子の王将 への口コミ

詳細情報

名称:餃子の王将 京都東インター店
住所:京都府京都市山科区東野北井ノ上町6−16
電話番号:075-582-1966
営業時間:月~土/11:00~深夜3:00(ラストオーダー2:30)
     日・連休最終日/11:00~22:00(ラストオーダー21:50)
関連URL:https://www.ohsho.co.jp/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな