2017年10月25日 更新

京都で食べたい「美味しい濃厚つけ麺」厳選5店!定番から穴場まで【まとめ】

美味しい濃厚つけ麺が食べられるラーメン店を厳選しました。濃厚なつけ汁に絡み合う極太麺がクセになります。

すっかり人気も定着してきた「濃厚なつけ麺」。京都には美味しいラーメン店がたくさんありますので、各店が切磋琢磨し「つけ麺」も高レベルです。京都市外にも「俺のラーメン あっぱれ屋」や「麺屋 たけ井」などもありますが、今回は京都市内の「つけ麺」にフォーカスして美味しいラーメン店を厳選して5店舗ご紹介します。

伏見 中書島「つけ麺 きらり」

 (93103)

伏見区の京阪 中書島駅からすぐの場所にある人気のつけ麺専門店「つけ麺 きらり」。水曜・木曜が定休日で、さらに昼のみの営業と少しハードルの高い営業形態ながらも連日行列ができる人気店です。
 (93104)

小麦香る極太麺はピカピカで食感もよく、濃厚な魚介豚骨のベースのつけ汁がくせになります。しっとりとした厚みのあるレアチャーシューは食べ応えがあり、チャーチューがついた特つけ麺か、チャーシューをトッピングされることを強くオススメします。
辛め、海老風味、ラーメンとメニューが豊富なのも人気の秘訣です。

グルメな下鴨エリア「あんびしゃす花」

 (93113)

下鴨本通北大路から西へ少し、人気のつけ麺専門店「あんびしゃす花」。グルメなお店が多い下鴨エリアでも人気のお店です。提携の駐車場があるので、割引券をもらうことができます。学生も多いエリアなので、無料で大盛り(400g)にできるのもうれしいですね。
 (93114)

あんびしゃす花では、つけ汁がアツアツの石鍋でだされるので最後まで冷めることなくいただけます。たっぷりの極太麺を魚介の風味の効いた濃厚つけ汁で頂くと至福のとき。濃厚だけど濃さもほどほどに旨味感も強く、最後まで飽きることなく、美味しくいただけます。
意外と女性のお客さんも多く、学生から女性まで幅広く人気のつけ麺店です。

中央市場近く「あいつのラーメン かたぐるま」

 (93107)

丹波口の京都中央卸売市場近くある人気のラーメン店「あいつのラーメン かたぐるま」。城陽の青谷にある関西を代表するラーメン店「俺のラーメン あっぱれ屋」の暖簾分けです。
つけ麺がメインのお店ではなく限定での提供になりますが、そのつけ麺を求めて連日お客さんがおしよせる人気です。
 (93108)

自家製の平打ち麺は、無料で3玉分の特大までお願いできて、お腹いっぱいになること間違いなし。
クリーミーで濃厚なつけ汁は麺によく絡みます。
スパイシーなこしょうオイルを1滴たらせば、クリーミーなつけ汁がパンチの効いた味わいに。厚みのあるレアチャーチューも大人気で増しにされる方、多数です。

ラーメン激戦区 一乗寺「つけめん 恵那く」

 (93116)

関西きってのラーメン激戦区の一乗寺エリアでも有数の人気店「つけめん 恵那く」。いわゆるラーメン街道からも少し離れていますが、閉店まで満席です。
人気がゆえ、スープ切れによる早仕舞いの日も多々ありますので、気をつけてください。
 (93117)

こちらは得製つけめん大盛り。見た目の通り、ボリューム満点で、100円増しで麺の量を450gの大盛りにできます。2016年に念願の自家製麺に切り替えられ、ますます香りも食感もよくなり、つけ汁との相性もバッチリです。鶏・豚。野菜からじっくりとられた濃厚スープに魚介スープも加わり、とても立体的で濃厚な味わいに。最後の一滴まで頂きたいつけ麺です。

伏見稲荷近く「ラー麺 陽はまた昇る」

 (93110)

京都有数の観光地、伏見稲荷からすぐ師団街道沿いにあるラーメン店「らー麺 陽はまた昇る」。ふらっと入店された観光客もビックリする実力派のラーメン店です。
つけ麺やラーメンだけではなく、げんこつサイズの美味しくてリーズナブルな唐揚げも人気で伏見稲荷の名物と呼ばれる日も近いかもしれません。
 (93111)

石鍋でだされたつけ汁は、アツアツで火傷注意です!つけ汁には鶏の身がたっぷりと溶け込んでいてとっても濃厚です。自家製の極太麺がよく絡まり、箸がとまりません。
柔らかく仕上がっているレアーチャシューとメンマも絶品。
伏見稲荷に参拝される際には、ぜひとも食べてほしいつけ麺です。
人気のラーメン店がひしめく京都市内で、おすすめの人気店を5店舗紹介させて頂きました。
極太麺と濃厚なクセになるつけ麺、ぜひ味わってみてください。
22 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopi ラーメン部 Kyotopi ラーメン部