2022年9月6日 更新

京都が誇るラーメンの名店!修学院へ移転リニューアル「らぁ麺 とうひち」

京都でもきっての人気を誇るラーメン店「とうひち」。2022年4月に修学院へ移転リニューアル、新店舗をご紹介します。

移転し利用しやすく!

 (228773)

その知名度はもはや全国区。京都のラーメン好きなら知らない人はいないと思われる名店「らぁ麺 とうひち」
食べログの百名店、ミシュランビブグルマンも数年に渡り獲得。
 (228764)

もともとは、北区の大宮・玄琢エリアにあったんですが、2022年4月に修学院のこの場所へ移転。この場所には姉妹店のすぐるがかつて入っていました。

前の店舗にもあった渋い木製の看板も健在。
 (228765)

メニューは移転前と大きな変更はありません。限定も含めて、基本は5種類、ごはん系のサイドメニューもあります。まず券売機で食券を購入してくださいね。

・鶏醤油らぁ麺
・鶏醤油つけそば
・鶏油まぜそば
・鶏白湯らぁ麺
・煮干魚介らぁ麺
 (228766)

卓上調味料は至ってシンプル。コショウのみ。ラーメンの出来上がりを待ちます。

定番の鶏醤油らぁ麺をいただきます!

 (228767)

とうひちの定番、鶏醤油らぁ麺に煮卵トッピングで。
いわゆる淡麗・清湯系のラーメンで、見るからに美しいビジュアル。
基本てのトッピングは、チャーシュ2種、太めのメンマ、刻みネギで、煮卵はオプションです。
 (228769)

透き通ったスープに、上質の鶏油をたっぷりと。。
シンプルながらも旨味が広がるスープ。身体にすっと馴染んでいくような。
 (228768)

あわせるのは、平打ち麺。麺のキレの良さがスープの美味しさを際立させます。
 (228770)

しっとりと柔らかく仕上げられた豚ロースのチャーシュー。レアかと思うような柔らかさ。程よい脂感もよくチャーシュー増しもおすすめ。
 (228771)

こちらも秀逸な仕上がりの鶏むね肉のチャーシュー。
低温でじっくりと火をいれていて、しっとりと柔らかく。スープの旨味を少し吸ってより美味しく。
 (228776)

煮卵も欠かせませんよね。スープに少しと黄身を溶かして、まろやかな味わいに。
 (228772)

L字のカウンター席とテーブル席が2卓。店内の様子は、すぐる時代と大きな変化はありませんでした。
 (228775)

移転前と違って、アクセスの良さが格段にアップ。叡電の修学院駅から徒歩1、2分という距離。
ですが、近くに駐車場も4台分用意してくれています。
いわゆる一乗寺のラーメンストリートからも遠くない距離で激戦区の一角。これからの進化もますます楽しみです。

店舗情報

店名:らぁ麺 とうひち
住所:京都市左京区山端壱町田町8-6 京福修学院マンション 1F
営業時間:11:00〜14:30 / 18:00〜21:00
定休日:火曜日
SNS:https://www.instagram.com/touhichi_/
17 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン

オススメの記事