2021年10月1日 更新

【京都パン】女性店主の焼き上げる薪窯パン☆もっちり山食パン「ボン・ボランテ」

おおきに~豆はなどす☆今回は上京区河原町荒神口下がった場所にある、女性店主営む薪窯焼きのパン屋さん。食べログ百名店にも選出される有名店。

薪窯から生まれるもっちりしっとりの絶品山型食パン

 (212674)

上京区河原町荒神口下がった場所にあるベーカリー「ボン・ボランテ」

かなり大昔になりますが、まだオープンして年数の浅い頃、女性店主さんが切り盛りしていて、当時薪で焼いたパンが珍しいということで買いに来たことがありました。というか、今でもパン業界で薪窯焼きのパンはレアだと思います。そして、創業20年ほどのお店なので、京都の個人経営のパン屋さんの中でもわりと古いお店になりますね。

当時買いに来たときは、それほど種類豊富というわけではなかったような記憶です。それも、薪窯焼きという難易度高い製法ゆえに種類豊富に取り揃えるのはなかなか難しいのかな、と思っていました。どちらかというとシンプルに焼き上げたパンが多かった記憶です。

 (212676)

よく通るにも関わらず、意外と来店することがなかったのですが、今回久々にやってきました。
外観シンプルな店構えで、ガラス窓からはその薪窯と手前に薪も見えます。

なんでも、こちらの女性店主さんはアパレル業を経て、老舗ベーカリー『ドンク』に転職。そこでパンづくりの研鑽を積み、さらに経験を積むべくイタリア料理店併設のパン屋へ転職。そこで、薪窯オーブンに出会い、現在の製法スタイルが確立されたそうです。
 (212677)

店内の半分くらいのスペースには薪窯が鎮座し、その半分が対面式販売スペースになっていて、こんな具合にショウケースにパンが収まっています。以前来店した時より、確実に種類が増えています。

やはり薪窯でパンを焼くというのは、電気式オーブンに比べ微妙な温度設定が難しいそうで、そうして作れるパンを模索していくと、昔からあるようなオーソドックスなパンが主流になったとか。それでも、ハード系、食パン、あんぱん、クロワッサン、サンライズなどいろいろあります。
 (212678)

さらにベークドチーズケーキなども。
 (212679)

ちょうど隣、ガラス張りの向こうに薪窯があり、パンを焼かれている様子でした。この時はそんなにでもありませんでしたが、以前来店した時はその熱気が伝わるほどで、パンってこうして焼かれるんだなぁと思ったり。
 (212680)

焼き上がり時間を目安に買いに来られる方もいるんでしょうね。この時はラッキーにも一番人気の山型食パンが見え、迷わずそれをチョイスしたわけですが。
 (212681)

お店のシンプルな雰囲気を思わすように、紙袋に入れてくれます。
 (212682)

今回は山型食パン5枚切り360円、クロワッサン175円を購入。
 (212683)

まずはクロワッサン。
外側カリカリで中はわりとふんわりしっとりとした生地。バターの風味もよく効いていますが、オイリッシュというわけでもなく適度な印象。いくらでも食べられるような、そんな味わい。
 (212684)

そして、お店の一番人気だという山型食パンはトーストしてよつばバターを乗せて。個人的好みで若干強めに焼いています(笑)

トーストする際、なんともパンらしいいい香りを放ち、それが余韻としてずっと残っていました。
 (212685)

で、一口。
外側はトーストしてるのでカリカリなんですが、中はしっとりもっちり。そしてとても柔らかくふわふわの食感。牛乳、バター、砂糖、塩の入ったシンプルな食パンで何にでも合うような。でもこれ単体で食べても味わい深く、なんとも印象的な美味しさ。こちらではパンによって粉の配合を微妙に調整され、中にはもっちり感を出すためにもち麦を配合したパンもあるそうです。

パン好きの間ではずっと定評のあるお店で、食べログパン部門では百名店にも選出されるほど。香りの余韻を楽しめる、とても味わい深いパンたち。ぜひ、ご賞味あれ!

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

店名:ボン・ボランテ
場所:京都市上京区上生洲町229−1
電話:075‐213‐7555
営業時間:11:00~19:00
定休日:日曜、月曜、8月
15 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事