2018年10月29日 更新

【京都発酵食品めぐり】10月オープン新店!全国の醸造味噌32種類を扱う味噌専門店「蔵代味噌」

地下鉄烏丸御池駅にもほど近い場所に、今月オープンした醸造味噌の専門店。全国津々浦々の選りすぐり味噌が全部で32種類。レアな味噌やブレンド味噌も。

発酵食品ブームを後押しする醸造味噌専門店

 (136781)

今回はつい2週間前に京都にオープンした醸造味噌専門店のご紹介。
 (136782)

友人情報で、ちょうど以前取材した梅体験専門店・蝶矢さんの向かいに新しいお味噌専門店がオープンしてるよ、と。京都発酵食品部としては見逃せない案件(笑)
で、早速行ってきました。場所は烏丸から六角通りを東へ。堺町通りあたり。
 (136785)

 (136786)

 (136783)

店内にはアイスクリーム店のようなショーケースにお味噌がズラリ。全国の味噌メーカーから集めた選りすぐりの醸造味噌。
 (136784)

32種類+ブレンド味噌4種類で計36種類あるそうです。ここまで品ぞろえいいお店も京都では他ないんじゃないかと。大阪の味噌問屋さんがプロデュースするお店。
 (136788)

商品には産地と主な原材料、その特徴が表示。量り売りで300gから。
 (136787)

 (136791)

ビンテージと書かれたものは長期熟成品。こちら一番長い2年モノ。
 (136792)

南限産地は鹿児島で麦味噌。九州らしいお味噌ですね。
 (136795)

ちょっと面白いオススメ味噌ありますか?とお店の方に聞くと、こちらを。新潟のコシヒカリのもち米を使った、甘口のお味噌で女性に人気。
 (136794)

ちょっと珍しいものとして、大豆が隠れて入っていたりするお味噌。
 (136789)

五穀が入った、より健康食的なものまで。基本、どれも試食させていただけました。
 (136796)

 (136797)

こちらはおかず味噌や米こうじ、田楽味噌なども。
 (136798)

わさびの効いた金山寺味噌、試食も。ピリッとしたわさび入りでお酒のアテにもなります。
 (136799)

いろいろ迷いつつ、今回はこちらの豆花と芳茜みそを購入。300gずつ。
 (136802)

 (136800)

 (136803)

 (136801)

ひと口に味噌と言っても、その色、見た目、粒子、もちろん味など違います。
 (136858)

で、オススメされたもち米仕込みの芳茜みそで朝食に味噌汁を。
鰹節でとった出汁に、具材は京揚げ、大根の間引き菜、ネギ。食べてみると後味にほんのり甘さを感じる、女性好きする味。

こんな醸造味噌でつくるお味噌汁、そして新米の白飯、ちょっとした副菜で、秋らしいごちそう感ある朝食に。

32種類食べくらべももちろんですが、さらにそれらをブレンドすれば無限大に広がる味のバリエーション。発酵食品ブームにますます拍車がかかりそうなお店の登場です!

詳細情報

住所:京都市中京区堀之上町106
電話番号:075-231-5020
営業時間:11:30~17:30
関連サイト:http://www.kuradai-miso.com/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

京都発酵食品部 京都発酵食品部