2021年10月8日 更新

【新店】京都宇治『茶づな』に10月オープン☆再現性驚愕の太閤堤カレー必食「とにまる」

おおきに~豆はなどす☆今回は京都府宇治市に新設された施設『茶づな』に10月1日オープンのカフェ。史跡公園にちなんだカレーが話題で食べてきました。

10月1日グランドオープン☆館内カフェの珍しい史跡カレー

 (212911)

 (212912)

京都府宇治市、京阪宇治駅前。

こちらは以前にも訪れたことのある史跡『宇治川太閤堤跡』。そこに新しく宇治のランドマークとして整備された公園『お茶と宇治のまち歴史公園』。以前にもまして、見学者にとって見やすく理解しやすいように整備された公園。公園の様子については、また別の機会にご紹介するとして。

 (212913)

 (212914)

今回は、その敷地内に新設された施設『茶づな』。これまで京都府に緊急事態宣言が発令されていたため、オープンをずっと延期されていましたが、ようやく10月1日にグランドオープンを果たしたということで、やってきました。

施設内には体験型スペースや見学スペースなど数々ありますが、それもまた次回にご紹介したいと思います。
 (212915)

 (212916)

で、今回のお目当ては館内に新しくオープンした『京あめ とのまる』のカフェ。
 (212917)

 (212926)

ちょうど茶づなの向かいにある京あめメーカーが運営するカフェ。
ここ以外にも京都駅や京都文化博物館、清水寺近くにも支店のある有名店。

なので、店内でも自慢の京あめの販売スペースがあります。伝統的で古風な様相の京あめでありながら、カラフルで女子好きしそうな可愛いあめちゃんたち。
 (212918)

 (212919)

店内は明るく開放的であり、眺望も楽しめます。
 (212920)

テラス席もあり、モーニングメニューもあるようですね。朝の散歩がてら訪れるのにもよさそうな。
 (212927)

そして、やはり京あめのお店ということで、ひやしあめが名物みたいです。

 (212921)

メニューにも。アイスとホットがあります。
 (212923)

史跡公園でもあり、お茶のまち宇治の新たなランドマークということで、もちろんお茶スイーツも充実。パフェ類も抹茶、ほうじ茶、玄米茶、さらにひやしあめが加わり、バラエティー豊か。ひやしあめのかき氷もありました。
 (212924)

さらに、食事メニュー。
 (212928)

で、今回のお目当てはこれ。
この史跡公園の大本となる太閤堤を模した『太閤堤カレー』。

太閤堤とは今から400年前、時の天下人・豊臣秀吉が宇治川に作った堤防のこと。秀吉は、文禄3年(1594)に完成した伏見城築城を契機として、宇治川・淀川等の付け替えなど大規模な治水工事を敢行。宇治川はそれまで宇治橋下流から分流して北西方に流れ巨椋池に合流していましたが、北方に流れる流路にまとめ、伏見城下に導水。それに伴い、この辺りに設置されたのがこの太閤堤。この公園内でその史跡が見学できます。

それにしても、何かを模したカレーシリーズとしてダムカレーなどは最近よく知られていますが、こんな史跡を模したカレーというものもしかした初めてでは?と興味津々。で、今回はこの太閤堤カレー780円とドリンクセット+200円でひやしあめを注文。
 (212929)

 (212930)

まずひやしあめ。こだわり派です。高知産の生姜が添えられ、おろしたてを投入できます。
 (212931)

そのままでも十分美味しいひやしあめですが、生姜を入れることで味のメリハリがつき、なかなかのフレッシュ感です。
 (212932)

 (212933)

そこへ、太閤堤カレーが登場。今まで体験したダムカレーとの比較になってしまいますが、かなり手が込んでいます。さすが、秀吉築造の太閤堤の再現ということで、下手なものはつくれない!というプレッシャーもあるのでしょうか(笑)中央のご飯部分が太閤堤の石垣。画一的ではなく、有機的に表現されています。
 (212934)

さらに画期的。カレールゥ部分は宇治川ということになりますが、そこに浮かぶ船もあります。この手があったか!とダムカレー提供店がうらやましがるポイントかもしれません(笑)
 (212935)

そして、石垣には秀吉の家紋の旗も。メニューの説明にはありませんでしたが、この旗の右横に立ってる棒。おそらく松杭の再現。スゲー!スゲー細やかな再現力!!
 (212936)

そして、まわりの野菜たちは茶づなに集う人々と茶畑とか。きっとこのカレーの肝は石垣部分だったんでしょうね。野菜たち部分の力の抜け感(笑)いや、それでも色とりどりでナイスです。
 (212937)

まずはカレー。
程よくスパイシーで甘さもあり。きっとお子さんにも喜んでもらおうという設定の辛さでしょうね。
 (212938)

野菜たちもシンプルに蒸した状態のものですかね。ヘルシーで野菜カレー的バランスもいい。
 (212939)

で、ひとしきり味見したところで、お約束タイム。ダム決壊ならぬ太閤堤決壊!宇治川が氾濫しています!!と遊ぶ、そろそろ初老の女(笑)
 (212940)

船はこれ、大手メーカーの市販焼き菓子じゃないですかね(笑)アーモンドを焼き上げた甘い焼き菓子ですが、妙にこのカレーに合います。これは本当にいいアイデアです。
 (212941)

で、そうしてすべてを食べつくし豊臣家の旗だけになり、秀吉敗れたり!!とご馳走様の代わりに一人つぶやく(爆)
一皿でこんなにも楽しめるカレーはありません。太閤堤カレー、歴ヲタはもちろんですが、ぜひ試してみてください!!

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:とにまる 茶づな本店
場所:京都府宇治市菟道丸山203-1 歴史公園茶づな内
電話:0774-24-1020
営業時間:9:00~17:00
定休日:元旦・不定休
公式サイト:https://tonimaru.com/shop/chazuna.html
34 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事