2019年12月7日 更新

【京都魔界スポット】洛中にある細い路地奥の知る人ぞ知る縁切り井戸☆「鉄輪の井戸(かなわのいど)」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は下京区、地下鉄五条駅から堺町通り上がった場所の細い路地奥の住宅街にある井戸。なんでも縁切り祈願スポットなんだとか。

洛中の住宅密集する細い路地奥の井戸

 (172204)

下京区、地下鉄駅でいうと最寄は五条駅。堺町通を上がり、ちょうど松原通と万寿寺通の間あたり。
堺町通もここまで来ると、かなり細い通りになってますが。古い町並み残る場所。
 (172217)

そんな場所にある、細い路地に格子戸の門構えのお宅。道幅1mも満たないくらい。
 (172206)

石標があり、『鉄輪跡』と書かれています。
 (172207)

私有地みたいなので、なかなか中に入ることをためらわれましたが、ここを入り口として奥に井戸があるようです。なので、中に入る方は静かに通ってください。
 (172216)

ホントにこんな奥に井戸があるのか、若干不安にもなります。
 (172215)

すると、どんつき手前に赤い鳥居が。
 (172214)

どうやら、井戸はこの鳥居の中にあるようです。
 (172208)

鳥居奥には小さな祠。
 (172210)

寛文8年(1688年)の伏見稲荷大社から勧請された命婦稲荷が祀られています。
途中、焼失したものを昭和10年再建。現在では神社は閉鎖してるとのこと。

 (172209)

これがその井戸か?と思ったら、こちらは神社の御手水のようです。
 (172211)

そして、その向かい。これがその井戸。
 (172212)

木枠で中の様子をうかがい知ることはできませんでしたが。
 (172213)

昔、この井戸の近くに住んでいた女が、男に捨てられ、その恨みをはらすため、貴船神社で男を呪い殺そうと、鉄輪(火鉢や囲炉裏で鍋ややかんを置く三本足の五徳)を頭に乗せ、三本の火をともす丑の刻参りスタイルで祈願。男は毎夜悪夢にうなされましたが、安倍晴明の祈祷で命を取り留めたとか。

一説によると、この井戸で女は身投げをしたとも言われていて、命婦稲荷社再建に伴う井戸の地ならしの際、土の中から「鉄輪塚」の石碑が発掘され、井戸の横に小祠「鉄輪社」を建立。

女の怨念こもったこの井戸水を、縁切りさせたい人に飲ませると、相手との縁が切れると言われ、井戸水を汲みに来る人も。今では井戸は枯れてますが、水を入れたペットボトルを井戸にお供えして祈ると、その御利益が得られるという。

当時、この辺りは「鉄輪町」とも呼ばれ、その縁切り効果は有名だったんだとか。身近で縁切りしたい人がいる方、ひっそりとお水持参で参拝してみてください。

鉄輪の井戸 へのツイート

基本情報

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers