2019年12月12日 更新

【新店】ブルーボトルコーヒー京都2号店がついに六角にオープン!

12/13グランドオープンのブルーボトルコーヒー京都六角カフェ!限定メニューあり、落ち着く空間あり、話題になること間違いなしですな。ひと足お先に潜入してきたので、レポートします~

12/13東洞院六角にオープン!

 (172671)

明日オープンということで、レセプションに行ってきました~
ポップアップストアから話題になっていた、
ブルーボトルコーヒー京都六角カフェがついにお目見えです
 (172681)

素敵な町家のお店ですが、お隣は自転車屋さん。
というか、自転車屋さんの一画にカフェが入る感じ。
 (172684)

で、その自転車屋さんは明治時代からある「辻森自転車商会」です!
オシャレな雰囲気ですね。
http://tsujimori.com/

ではではお店に突入!

 (172687)

まずは1階カウンターで注文とお支払い。
木製のメニューが素敵!
 (172690)

左側には物販ゾーンが。
ひと目でわかるブルーボトルロゴが並んでいます。
 (172697)

お土産にも嬉しい持ち帰り商品。
右奥の小さな箱は限定商品の「ブルーボトル 羊羹」です。
堀川三条にある都松庵というあんこ屋さんとコラボし、"コーヒーのための羊羹"になっているそう。

羊羹とコーヒー。うん、京都とブルーボトルって感じ。
 (172692)

ちなみに物販ゾーンの奥には自転車がチラ見え。
「地域により深く根ざし、長く愛される場としてあり続けたい」
という想いが辻森自転車商会さんとブルーボトルコーヒーさんで一致したことから、
こちらに出店が決まったとか。
 (172694)

メニューがこちら。
定番のドリンクから、ちょっとしたスイーツまで。

カフェスペースは2階に

 (172719)

2階に上がっていくと、スマートなスタッフさんたちがドリンクの準備をしています。
左側のロゴは合成してないですよ笑
 (172701)

まずは2人がけの椅子席がいくつか。
窓からは東洞院通りが見えます。
 (172714)

回廊式になっていて、廊下兼ソファ席が見えてきます。
特徴的な壁を残すためにあえてこんな作りにしていると。
確かにこのコンクリートの壁、カッコいい。
 (172715)

さらに奥に進むと、打ち合わせなんかもできそうなゆったりスペースと、テラス席もあります。
 (172716)

ちなみにテラス席、外から見るとこんな感じ。
六角通り沿いです。
錆びた自転車の「辻森自転車店」看板が馴染んでます。

限定メニューも登場

 (172721)

ドリンクはジブラルタルとブレンドをお願いしました。
ジブラルタルグラスにミルクが注がれていきます~
 (172722)

サラサラっと出来上がったラテアート。
可愛いーーー!
こんなアッサリ可愛く作れるの?!とびっくり。

「ジブラルタル」480円(税別)
 (172725)

ちょっと時間が経っちゃいましたが、窓際でもパシャリ。

この「ジブラルタル」というメニュー。
最近は他のカフェでも見かけることはありますが、もともとブルーボトルコーヒーのオリジナルメニュー。コーヒーの香りをしっかりと感じながらも、まろやかなミルクも楽しめるドリンクです。
 (172726)

こちらは限定メニューの「抹茶 テリーヌ ショコラ」とドリップブレンドコーヒー。
抹茶テリーヌはとにかく濃厚。コーヒーによく合うこと。

「抹茶 テリーヌ ショコラ」300円(税別)
「ドリップブレンド(スリー・アフリカズ)」450円(税別)
 (172744)

六角エリアに溶け込み地域に愛されることを目指しながらも、
"ならでは"なサービスを楽しめる「ブルーボトルコーヒー京都六角カフェ」

一度と言わず、いつでも行きたいお店です。

店舗情報

 (172730)

ブルーボトルコーヒー 京都六角カフェ
※2019年12月13日グランドオープン

所在地:京都市中京区東洞院六角上る三文字町226-1
営業時間:9:00-19:00
アクセス:烏丸御池駅(出口5)より徒歩7分
https://bluebottlecoffee.jp/cafes/kyoto-rokkaku

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

流優 流優