2021年8月19日 更新

【京都ランチ】土鍋ごはん付『三段玉手箱ランチ』はコスパ最高☆割烹「料理屋しん谷」

おおきに~豆はなどす☆今回は伏見区中書島にある人気の和食割烹。ランチではコスパ最高の人気『三段玉手箱ランチ』が大人気。

お値打ち☆土鍋ごはん付三段玉手箱ランチ

 (210892)

 (210893)

伏見区中書島。以前から前を通りかかると気になっていた和食割烹。数年前、この場所に人気イタリアンのお店がありましたが街中に移転。その後、同じ場所に2年前オープンされた『料理屋しん谷』。
 (210894)

以前ふと通りがかりにメニューをチェックすると、なんとも魅惑的なメニュー『玉手箱ランチ』2750円を発見し、以来何かの機会があれば来店しようと思いつつ、今回休日のランチに予約を入れてやってきました。

メニューには、旬の食材を使い、厳選した約20品目もの料理を盛り込んだランチ。さらに福井県産コシヒカリの土鍋ごはん、赤出汁、食後デザート付きで、字面だけ見てもかなりそそられるランチであることがわかります。さらに、1100円ですっぽん小鍋をプラスできる仕様。
 (210895)

若干内容は違うそうですが、テイクアウトでも三段玉手箱弁当やオードブル盛りも提供。
 (210896)

店内は以前あったイタリアンの間取りをそのまま活用されてる様子で、カウンター席と入り口手前のテーブル席で計14席。今回はテーブル席を利用。一番乗りで入店しましたが、この後次々とカウンター席が埋まり、やはり人気店であることがわかります。
 (210897)

テーブル席には和を基調としたセッティング。本来であればお酒を注文したいところですが、新型コロナウイルス感染予防のため、酒類の提供はされていません。
 (210898)

お料理は予約の段階で注文していた玉手箱ランチ2750円。今回はすっぽん小鍋なしで。
梅型の三段重が運ばれ、蓋をとって展開。そして、もう一つ小さな梅型二段重もあり、そこにはご飯のお供である香の物と自家製海苔の佃煮。これだけを前にしただけで、思わず歓声を上げてしまう、盛りだくさんな料理が並びます。
 (210899)

まず1段目。
小鉢には湯気を立てる冬瓜とオクラの肉味噌添え、手前に出汁巻玉子、近江の赤こんにゃく、明石産サワラの柚庵焼。
 (210900)

2段目。
『しん谷』と焼き印押された玉子焼きから時計回りに、いぶりがっこ、水茄子の生ハム巻、白ずいきの梅肉がけ、いくらおろし、サツマイモ煮、スモークサーモンの大根巻、枝豆、トウモロコシの真薯、中央にもずく酢。
 (210901)

3段目はお造り。
よこわ、太刀魚の炙り、高知県の地魚『アオチビキ』。スズキの仲間だそうです。
 (210902)

上にお漬物。自家製のようで、大根とキュウリの糠漬けと柴漬け。そして、手前に自家製海苔の佃煮。
 (210903)

そして、ちょうど炊きあがった土鍋ごはんが登場。ここから蒸らしタイムでしばし待ちます。その間にお料理をつまんで。
 (210904)

 (210905)

お造り三種いただけ、すりおろし本わさびを乗せながら。赤身、白身、そして炙りで脂ののった白身と、それぞれの美味しさを食べ比べつつ堪能。酒処・伏見に立地するのに日本酒が飲めないことのもどかしさを感じずにはいられないお料理(泣)
 (210907)

温かいうちに、と冬瓜とオクラの肉味噌和え。
わりとしっかりめの肉味噌の味わいに、またもやお酒が飲みたくなる衝動(笑)割烹らしい一品。
 (210908)

 (210909)

ちょうどここでご飯の蒸らし完了で、蓋オープン。見るからに艶やかな炊き立てご飯はすぐさまお茶碗に盛られ、いただく。
 (210910)

画像からもわかる通りツヤツヤの光沢。少し固めに炊き上げられ、ご飯の粒感も感じつつ噛みしめます。おかずなしでご飯だけ食べても十分満足なほどの美味しさ。
 (210911)

赤出汁にはお豆腐と三つ葉。もうごちそう感満載。
 (210912)

おかず食べるのを中断し、再度全体の料理集合写真。なんてリッチなランチなんでしょう、と思える画。
 (210913)

そして、つづき。
極細のもずくにはいい出汁感の土佐酢。
 (210914)

梅肉の酸味マイルドに白ずいきのやわらかいサクサク感。
 (210906)

けっこうデカめの赤こんにゃくはその弾力を楽しめます。
 (210915)

じんわり出汁が染み出す出汁巻玉子もお上品なサイズ感。
 (210916)

トウモロコシの甘味と食感がいいアクセントの真薯。
 (210917)

いくらおろしは熱々ご飯へ。少量ながらいくら丼感覚も味わえます。
 (210918)

焼き印入り玉子焼きはフワフワできめ細かいカステラのような。ちょっとデザート感覚でもあり。
 (210919)

板海苔を佃煮にされたのか、調味料の味付けよりも海苔の風味濃厚で強く感じ取れます。ご飯のお供にサイコー。この後、ご飯おかわりしてお茶漬けも楽しみました(笑)
 (210920)

最後、スイカと水ようかん。この水ようかんも小豆感よく美味しくいただきました。

今回食事したメンバー全員が大満足。これだけの食材を集め、いろいろな料理に展開し、いいところだけを玉手箱にぎゅっと詰め込んだお値打ちのランチ。特にいろんなものを少しずつ味わいたい食いしん坊にオススメです!

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:料理屋しん谷
場所:京都市伏見区表町582-1
電話:075‐748‐7111
営業時間:11:30~13:30(L.O.) 18:00~22:00(L.O.) 
      ※コロナ禍による営業時間変更の可能性あり
定休日:不定休
33 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事

今注目の記事