2022年1月22日 更新

【京都嵐山】季節の和食ランチ1000円でコスパ◎住宅街の穴場店☆味・酒「齋」

おおきに~豆はなどす☆今回は右京区、嵐山にもほど近い住宅街にある和食店。季節の料理を盛り込んだ日替わりランチ1000円はお値打ち。

ご近所さんや地元民しか知らない穴場和食ランチ

 (217802)

右京区梅津。観光スポット嵐山にもほど近い住宅街。

この日は観光で界隈を散策中のランチ時、たまたまネットで検索中に気になるお店、コスパのいい和食ランチが食べられると評判のお店を発見しやってきました。一軒家をリノベーションしたような雰囲気のお店で、駐車場も店前にあります。
 (217803)

 (217804)

いろいろとコース仕立ての料理や御膳、お弁当などもありますが、特に1000円の日替わりランチが人気が評判で、しかもお手軽だな、と。
 (217805)

 (217806)

店内はやはり一軒家をリノベした造りになっていて、フツーの住宅のような玄関。そしてすぐこじんまりとした廊下があり、和室を横目に奥の扉を開けるとカウンター席の部屋にたどり着きます。厨房にはクリアシートが張られ、カウンター席もパーテーションが設置され、コロナ対策万全の雰囲気。
 (217819)

席は掘りごたつ式になっていて、ひざ掛けも用意されていて、お店のあたたかい配慮を感じます。
 (217807)

今回はカウンター席でしたが、1階2階には座敷席や個室もあるようで、このコロナ禍ではなかなか難しめかもしれませんが、宴会にも対応されているようです。

 (217820)

今回は最初から日替わりランチ1000円一択でしたが、他コース以外に鍋料理もある様子で、夏はハモ、冬はすっぽんのコースなどもあります。
 (217808)

そして、今回注文した日替わり1000円ランチがこちら。
けっこう本格的で構成になっていて、ちょうど1月ということでおせち料理の一端を感じるような季節感あるランチ。料理はお盆に乗っていますが、割烹の仕事ぶりと言ってもいいようなレベル。
 (217809)

中央に焼きもの。鯛の照り焼き、栗甘露煮、紅白かまぼこ、浅利ですかね佃煮、そして小鉢に数の子の松前漬け。
 (217822)

お造り。鯛とブリの2種類。
 (217810)

炊き合わせ。六角里芋、南瓜、海老しんじょ、鱈子ですかね魚卵煮、鮎の甘露煮、梅麩。

 (217811)

そして、おすましに巻き麩、貝割れ大根。
 (217812)

そして、ツヤツヤの炊き立てご飯にはゆかりトッピング。ご飯は大盛り指定もできるようで、こちらは普通盛り。
 (217823)

さっそくのご飯。いい柔らかさの透明感あるツヤツヤご飯。上品さも感じられる粒立ったご飯。
 (217816)

お造りの鯛。わさびはお店ですりおろした本わさびの様子でした。たまり醤油と相まっていい具合。ブリもいい脂の乗り。
 (217813)

焼き物の鯛は意外にも照り焼きになっているので、ご飯がすすむ贅沢な味わい。箸休めの栗甘露煮や紅白かまぼこもおせちの名残りを感じます。
 (217815)

ランチで数の子を食べられるとは(笑)ちょっとお酒が欲しくなるような、昆布の効いた旨味しっかりのそれ。
 (217817)

 (217814)

炊き合わせはそれぞれ上品に炊いてありました。こういう一品があると玄人感のある和食ランチであることがわかります。
 (217818)

すぐ近くには通称『ネコ神社』としても知られる梅の名所・梅宮大社もあり、それにちなんだ梅麩でしょうかね。すまし汁の出汁感も上品な味わいで、お値打ちなランチをいただけて満足度大。

この日は平日でしたが、個室利用の方がいたり、テイクアウトメニュー注文もあり、ご近所さんや地元の方に人気のあるお店という印象。まあ、地元民でないとちょっとわかりづらいかもしれない立地です(笑)それでも、この和食ランチのコスパの良さとほっこりできる空間は特筆に値します。嵐山観光の際にオススメの和食店ですね。

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:斎(いつき)
場所:京都市右京区梅津徳丸町8−5
電話:075-871-6994
営業時間:11:30~14:00 17:00~22:00 
 ※コロナ禍による営業日時変更の可能性あり
定休日:水曜日
公式サイト:https://kyotoituki.therestaurant.jp/
25 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事