2021年3月26日 更新

宇治抹茶の美味しさを存分に詰め込んだ『辻利兵衛本店』の「やまり ぜりい」

宇治の老舗茶寮といえば『辻利』ですが、『辻利兵衛本店』との関係や「やまり ぜりい」の魅力をご紹介いたします。

『辻利』と『辻利兵衛本店』の関係

 (203722)

宇治で有名なお茶屋さんといえば、約160年の歴史を持つ『辻利』が有名ですよね。『辻利兵衛本店』は名前に”辻利”と付くので『辻利』とどういう関係かと思っていたら、本家2代目の豊次郎の娘の家系で分家として展開しているとのこと。
他にも気になっていた『祇園辻利(株式会社祇園辻利)』は暖簾分けで、『都路里』は祇園辻利が展開しているそうです。
商品写真

商品写真

「やまり ぜりい」

 (202869)

白玉入り宇治抹茶 生ぜりーのことで、濃緑なゼリーやソースから宇治抹茶の美味しさが伝わってきます。
 (202870)

 (202872)

 (202873)

ソースは別に付いているので、お好みでどうぞ。濃厚でとろける美味しさなので、かけるのをおすすめします。
 (202879)

宇治抹茶の美味しさをギュッと詰め込んだ生ゼリーやソースは、見た目以上に味が濃くてびっくり!
のどごしつるんとした生ゼリーは、花粉症でイガイガする喉にとても優しい。それぞれでも美味しいもちもち感たっぷりの白玉と北海道産小豆餡と一緒に食べると、さらに幸せ度が増します。大人の味をお楽しみください。

詳細情報

 (202863)

名称:辻利兵衛本店
住所:京都府宇治市宇治若森41
HP:http://www.tsujirihei.co.jp/
17 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まみの京都好奇心手帖 まみの京都好奇心手帖

オススメの記事

今注目の記事