2017年2月2日 更新

ゆったり時間が流れる古き良き「古川町商店街」をブラリ!度々ロケ地にも!

東山にある古き良きレトロ商店街「古川町商店街」をブラリしながらご紹介!ゆったり時間が流れるレトロな雰囲気がステキすぎです。

昔と変わらない時間がゆったりと流れる商店街

 (70646)

知恩院門前にある一本橋、別名、行者橋ともいわれています。橋の幅は60センチほどしかなく、人ひとり通るのが精いっぱいなので一方通行になっています。慣れている方はすいすい歩いていかれますが、実際い歩いてみると少しビクビクします(笑)
 (70647)

東の錦とも呼ばれていた「古川町商店街」。そのレトロで昭和感満載の商店街をご紹介。祇園や岡崎などの観光地もほど近い場所にあり便利な立地。
商店街はアーケードになっており、雨の日も安心です。

シャッター店舗も増えてきましたが、今でも約30店舗のお店が営業されています。
 (70648)

八百屋さん、お惣菜屋さん、電気屋さんまで多種多様のお店が立ち並ぶ古き良き商店街です。お店の方、お客さんが馴染みでアットホームな雰囲気に心温まります。

こちらの京山食品さんでは美味しそうなお惣菜が販売されています。
 (70649)

京山食品さんの店頭では、このように味の染み込んだおでんも販売されています。
寒い時期はおでんが最高ですよね~
 (70650)

近年の観光客の増加に伴いホテルもできています。商店街に馴染んでいていいです。観光の拠点としても最高の立地ですからね。
 (70651)

電気屋さんが大型化し町の電気屋さんが減っていく一方、このようにいまだに頑張っている電気屋さんもありました。地域密着型でいつまでも頑張ってほしいですね。
 (70652)

商店街ならでの婦人服店の店頭には、なんとも味のあるマネキンが鎮座していました。ついつい見入ってしまいました(笑)
 (70653)

もちろん鮮魚屋さんもあります、鮮魚大浅さんです。夕食に美味しいお魚はいかがですか?
 (70895)

うなぎ専門店の野田屋さん。愛知県三河一色産のうなぎにこだわりを持ったお店です。
なんとミュージシャンのデヴィッド・ボウイが、若き日に野田屋を突然訪れ名物の八幡巻きを買って帰られました。
その様子の写真が店頭にあるので、気になる方は寄ってみてください。
 (70654)

三条通に面する島田食料品店では、石焼きいもが販売されています。この季節の風物詩ですよね。ホクホクで美味しい評判です。
後ろの色あせたポスターも味があってステキですね~
 (70894)

こちらが三条通に面した商店街の入り口です。

古き良き商店街の雰囲気がのこっているので、テレビや映画のロケ地になったりますもします。最近では「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」のロケ地としても登場しました。

少なくなってきた商店街、古き良き味わい深い古川町商店街に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

古川町商店街 クチコミ情報

古川町商店街 #ぼく明日ロケ地

SUNAOさん(@mori.sunao)が投稿した写真 -

古川町商店街 基本情報

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

パン好きさん必見!老舗喫茶の自家製パンモーニング☆あるぺんrose【東山三条】

パン好きさん必見!老舗喫茶の自家製パンモーニング☆あるぺんrose【東山三条】

東山、三条通りの老舗喫茶店。ほのぼのとした優しい空気感の中、自家製パンのモーニング、お昼は麺類や定食も頂ける万能喫茶店です。
全国的な人気!元祖デニッシュ食パンはサクっとしっとり!「京都祇園ボロニヤ 本店」

全国的な人気!元祖デニッシュ食パンはサクっとしっとり!「京都祇園ボロニヤ 本店」

八坂神社から徒歩すぐ、デニッシュ食パンの元祖「京都祇園ボロニヤ 本店」です。全国にもファン多数のサクッとしっとりしたデニッシュ食パンです。
祇園の真ん中で"富山の魚介類"にこだわった京料理を「割烹 いいもり」

祇園の真ん中で"富山の魚介類"にこだわった京料理を「割烹 いいもり」

祇園町北側の入り組んだ路地奥にある「割烹 いいもり」で、会席ランチなり。
まさににフォトジェニック☆ハイカラ花街洋食「グリル富久屋」【京都宮川町】

まさににフォトジェニック☆ハイカラ花街洋食「グリル富久屋」【京都宮川町】

花街祇園であいされる色どり華やかな進化系技ありオムライス。ハイカラながら気取らない雰囲気もまた一興です。
京都 祇園に絶品 鴨ラーメンの新店!店名は絵文字「🦆🍜(ギオンダックヌードル)」

京都 祇園に絶品 鴨ラーメンの新店!店名は絵文字「🦆🍜(ギオンダックヌードル)」

大阪 枚方の人気「麺麓」の2号店が祇園にオープン!店名は絵文字「🦆🍜(ギオンダックヌードル)」、紀州鴨を使った絶品の鴨ラーメンがいただけます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopiカメラ部 Kyotopiカメラ部