2017年1月6日 更新

京都最強とんかつ店の姉妹店!築百余年の京町家でしっぽり炭火串焼き☆「串くら本店」【烏丸御池】

わりと昔からある焼き鶏・串焼き店。ちょうどオフィス街にあり会社帰りのサラリーマンにも人気のよく知られたお店。そして、京都人なら誰もが知ってるあの老舗喫茶店がプロデュースするお店。

オフィス帰りのサラリーマンに人気の焼き鳥店という認識でしたが・・・

 (67816)

正月明け。最初行くハズだった府庁近くの店がまさかの満席。仕方なく他の店を探すも、正月で休業中の店多数。どこかないかな、とちょうどここを思い出して。

もう10年、いや20年くらい前に来た記憶。この近くに勤める友人と。卒なく美味しい焼き鳥屋だったな、という印象。で、久々に。
 (67817)

雰囲気がいいんですよね。築百余年の京町家。それにしても、このフォント見覚えあるなぁ~と。で、今回これを書くに当たって調べたら、こちらは京都で超おなじみの人気とんかつ店「かつくら」と同系列店。そして、さらに驚きだったのが、京都では老舗の喫茶店「リプトン」を運営する株式会社フクナガの傘下。全てが繋がっていたとは…
 (67818)

中に入ると待合室が正月らしい演出。
 (67819)

そして、こんな囲炉裏まで。ここで靴を脱いで。

いろんな客層のニーズに応える設え

 (67820)

急な入店だったんで、カウンターしか空いてなくて。けっこう大きな箱みたいです。個室が充実していて、ゆったりとくつろいで食事できるのがファミリー層にも人気みたいです。
 (67821)

しかも、個室もひとつひとつ設えが違うようで、趣きある雰囲気。こちらは入り口がにじり口方式になってます。こういうの、何気に子供にウケそうですね。そして、中には掘りごたつもあり。
 (67823)

で、カウンター席。炭火で焼かれています。ライブ感もあり、なかなか全体的にいい雰囲気です。
 (67824)

まずは飲み物メニューチェック。
 (67825)

京都の地酒も、伏見から洛中から京都府下までいろいろ充実してます。
 (67826)

さっそくビールでカンパ~イ!ぷはぁ~
 (67827)

で、突出し。これはちょっと変わってます。おいなりさんが。しかも、けっこう完成度高いいい稲荷寿司。突出しが〆みたいですが(笑)
 (67828)

さらに、ゆっくりと料理メニューを吟味。
 (67829)

いろいろと串焼き種類を稼ごうと、1本ずつ違う種類のものを注文することに。
 (67831)

そして、冬の定番おでんメニューもあり。

ハズレ無し!のアテたち

 (67832)

せせり串。ジューシー。肉汁がじわじわと口に広がる。
 (67833)

自家製つくね串。なんこつも入っていて理想的なつくね。うまっ!
 (67834)

かわとおっぽ串。いいよいいよ~
 (67835)

きもはタレで。レア感がとてもいい!
 (67836)

ビールがなくなり、ゆず酎ハイにスイッチ。京都・水尾産ゆず使用。最近水尾ゆず推しが市内で盛んですね。これは、けっこう甘めでした。
 (67837)

旬の野菜料理に白和えを。ほうれん草、椎茸、こんにゃくがたっぷり。豆腐感より胡麻ペースト感が強い、リッチな味の白和え。
 (67838)

変わり串として、豊年串。自家製つくねを餅米で包んで焼いたもの。
 (67839)

外側は香ばしくおかきのようなカリカリとした食感。で、中はつくねの2層構造。なかなかいい串ですよこれ。
 (67840)

砂ずり、ささみ梅しそ。
 (67841)

長芋とほうれん草の湯葉コロッケ。一瞬クリームコロッケのようなトロリとした食感。長芋のトロみとと湯葉のクリーミーさで和風なんだけど、洋風な味わいもするコロッケ。
 (67842)

京都地酒利き酒セット。英勲、守破離、京山水。伏見酒中心。守破離が微発泡でシュワっと感がよかった。
 (67843)

鶏味噌山椒。これ、最強の酒のアテでした。実山椒と鶏ミンチを味噌仕立てで炊き上げたもの。酒どろぼうな逸品。

どの品も卒のない完成度。そして、値段もべらぼうに高いわけでもなく人気なのが伺える満足度。ランチもやってるみたいです。周辺サラリーマン御用達なのが納得。

ヨ~イヤサ~♪

串くら への口コミ

串くら 基本情報

住所:京都府京都市中京区高倉通御池上ル柊町584
電話番号:075-213-2211
営業時間:[昼]11:30~14:30 (LO14:00)[夜]17:00~22:30 (LO21:45)
定休日:不定休
関連サイト:http://www.kushikura.jp/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな