2017年11月28日 更新

【京都師走の風物詩】毎年恒例東西合同歌舞伎の祭典!今年はレアなまねき風景!!ロームシアター京都☆「吉例顔見世興行」

毎年恒例京都冬の風物詩・吉例顔見世興行。東西の歌舞伎役者が集結する言わば歌舞伎の祭典。そして、もう間もなく本番。通常南座で催されますが、今年もまだ耐震工事中のため、舞台を京都ロームシアターへ移して。

昨年は先斗町歌舞練場!今年はロームシアター京都で!!

 (105873)

昨年に引き続き南座はまだ耐震工事中。そのため毎年師走恒例の東西合同大歌舞伎・吉例顔見世興行、今年は岡崎にあるロームシアター京都にて公演。昨年は先斗町の歌舞練場でした。
 (105874)

いつも祇園界隈に設置される顔見世興行のぼんぼりもロームシアター前に設置。これもちょっといつもとは違う風景です。
 (105875)

斬新なまねきスタイル。ロームシアター正面に横一列に掲げられたまねき。
 (105876)

今年は八代目中村芝翫 、 四代目中村橋之助、三代目中村福之助、四代目中村歌之助襲名披露もあり、中村一家の演者さんが多い印象。  
 (105877)

 (105880)

舞台はこの奥。ちょっと不思議な光景ですが。
ロームシアター京都ではこれまでも他の歌舞伎公演の実績もあり、設備的にはきっと快適ですらあるんだと思いますが。
 (105879)

それでも、やはり南座の雰囲気は格別。特に歌舞伎鑑賞を楽しむにはあの南座独特の風情も重要な要素の一つ。
 (105882)

ということは、今年の花街総見では五花街の芸舞妓さんもこのロームシアターに集結されるということですね。それもまた例年とは違った華やかさになること、間違いなし。
 (105883)

一方、耐震補強工事中の南座。
 (105884)

完成したらこうなりますよ、の未来予想図ですかね。いえいえ、昭和40年ごろの顔見世興行の様子の絵だそうです。
 (105885)

それにしては、アナログ感ありありの絵ですが(笑)
でも、耐震補強工事終えても、これまでのようなアナログ感を継承した建物でいてほしいんですけどね。さあ、どうですかね。

そして、公演チケットはすでに好評発売中!ぜひレアな場所での顔見世興行、お見逃しなく!!

ヨ~イヤサ~♪

吉例顔見世興行 への口コミ

詳細情報

会場:ロームシアター京都(京都府京都市左京区岡崎最勝寺町13)
公演期間:平成29年12月1日(金)~18日(月)
     昼の部 午前11時~ 夜の部 午後4時~
公演詳細情報サイト:http://www.kabuki-bito.jp/theaters/other/
問い合わせ先:南座 075-561-1155

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな