2018年5月30日 更新

【京都銭湯めぐり】京都最大アーケード三条会商店街スグ!地元密着型で温泉もあり〼「トロン温泉稲荷」

地元密着型商店街としてもおなじみの三条会商店街。そのスグそばにあるトロン温泉体験ができる銭湯。日曜は朝風呂もあり、ハシゴしてランチを商店街で食べたり利便性もいい立地。

朝風呂から商店街ランチのハシゴにも最適な銭湯

 (125213)

三条会商店街。地元密着型商店街としてもおなじみで、ビール祭などさまざまなイベントも催され人気の商店街。
 (125214)

そんな商店街スグ南にある銭湯。
この日は日曜日。朝8時から朝風呂営業もしています。それを狙ってやってきました。
 (125215)

『トロン温泉』という、魅惑的響きにつられて。京都で温泉、というだけでも、なんだかありがたいような。

ドイツの有名な国際的保養地バーデンバーデンで2000年前に発見された天然トロン温泉。戦争で傷ついたローマ帝国貴族が身体を癒したとされ『貴族の湯』とも称された温泉。それを人工的に再現すべく、天然鉱石トロン原石を使用したミネラル豊富な温泉。
 (125216)

ちょっとピンぼけですが(汗)
のれんをくぐると番台があり、そこから男女脱衣所が独立した間取り。さらに奥には湯上りの共有スペースがあって、テレビも完備。丸テーブル、バーカウンターもあり、お酒も楽しめます。
 (125220)

脱衣所は簡素ながら清潔感にあふれ、気持ちいいスペース。

縦長の浴室がまたシンプル。壁際の大きな浴槽はバブルバス仕様のトロン温泉。さらに奥に打たせ湯方式の水風呂とテレビ付のトロンサウナ。ある意味トロン一色で潔いというか、全面推し。
実際身体のコリもほぐれ気持ちいいトロン温泉。サウナも発汗すばやく、水風呂では滝行のように水に打たれ、さらに肩こり解消(笑)

この画像は、近くにある京都ゲストハウスろうじ屋さんが以前撮影されたものをお借りしました。ろうじ屋さんもこちらの銭湯を絶賛されてました!

1時間ほどしこたま汗を流しました。
 (125217)

風呂上りには共有スペースでオロCを。
 (125218)

お酒も楽しめます。この日は呑みませんでしたが。
 (125219)

で、生ビールがとくにオススメ。風呂上りに生ビールを呑めるシアワセは他に代えがたいもの(笑)
 (125222)

すぐ近くの三条会商店街に戻れば、飲食店は選り取り見取り。昼呑み可能なお店も。
休日の朝、気持ちいい汗をかいて湯上りに生ビール。そのあと商店街ランチ。これ、極楽コース(笑)そんなことが可能なステキ銭湯です!

ヨ~イヤサ~♪

トロン銭湯稲荷 への口コミ

詳細情報

住所:京都市中京区三条通神泉苑西入下ル今新在家町4
電話番号:075-841-6653
営業時間:15:30〜23:30(日曜は9:00〜23:30)
定休日:金曜日
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都銭湯めぐり】昭和レトロな雰囲気最高!日曜日は朝風呂営業!!浴室タイル画は必見☆「源湯」

【京都銭湯めぐり】昭和レトロな雰囲気最高!日曜日は朝風呂営業!!浴室タイル画は必見☆「源湯」

大将軍エリアにある昭和3年創業の老舗銭湯。昭和レトロな風情ただよう設えが銭湯好きにはたまらない。日曜日は朝風呂営業も実施。行ってきました。
【京都銭湯めぐり】レトロ感がたまらない!京都ディープ観光スポットの観音様が祀られたラジウム温泉☆「島原温泉」

【京都銭湯めぐり】レトロ感がたまらない!京都ディープ観光スポットの観音様が祀られたラジウム温泉☆「島原温泉」

京都中央卸売市場・青果部の南側。京都最古の公許花街があった島原エリアにある銭湯。創業50年ほどで外観のレトロ感がたまらない。中でも観音様が祀られた岩風呂のラジウム温泉は他にはない独特の佇まい。
【京都銭湯めぐり】観光途中にひと風呂!人気スポット金閣寺スグ!!天然温泉もあり〼「金閣寺湯」

【京都銭湯めぐり】観光途中にひと風呂!人気スポット金閣寺スグ!!天然温泉もあり〼「金閣寺湯」

観光途中の立ち寄り銭湯としても活躍。京都屈指の観光スポット金閣寺からスグ。サウナや露天風呂など充実施設。さらには温泉もあり。
【京都銭湯めぐり】京都市役所スグの好立地!昔ながらの風情ただようケロリン桶も☆「玉の湯」

【京都銭湯めぐり】京都市役所スグの好立地!昔ながらの風情ただようケロリン桶も☆「玉の湯」

京都市役所から押小路通西へ。ネオンの看板が目印の好立地銭湯。今回は飲み会の帰りに入浴。昔ながらの雰囲気が心地よい空間。
【京都銭湯めぐり】ちょっと歩けば祇園界隈!古美術店も立ち並ぶエリアで一風呂☆「新シ湯」

【京都銭湯めぐり】ちょっと歩けば祇園界隈!古美術店も立ち並ぶエリアで一風呂☆「新シ湯」

祇園エリアより北側。古い店構えの古美術店も立ち並ぶエリア。早い時間帯から営業し、夜は深夜まで。祇園界隈で働く方にも人気の銭湯。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな