2018年9月30日 更新

【京都湯めぐり】京都市内でゆったり入浴!利便性いいお手軽スーパー銭湯☆壬生温泉「はなの湯」

JR丹波口駅スグの場所にある利便性よいスーパー銭湯。天然温泉の運び湯の浴槽もあり、銭湯にはないアメニティーも。

夏の疲れを癒やしてくれる

 (134564)

休日。秋になり、夏の間にたまった疲れが出やすい時期。それを癒やすべくこちらへ。

JR丹波口駅スグの場所にあるスーパー銭湯へ。壬生界隈にある広々とした駐車場完備の人気店。ほぼほぼ満車に近い状態でしたが。
 (134565)

休日料金は800円。市内のスーパー銭湯の中では割安。さらにこの日は京都新聞の広告についてくる市内5箇所のスーパー銭湯に割安で入浴できるクーポン券持参で600円で。
 (134571)

ちょうど館内にある食事どころでカレーフェアを実施。
 (134572)

湯上りにゆっくりここで食事も。他マッサージルームなど一通り充実。
 (134575)

で、お風呂。撮影禁止のためHP画像をお借りしてます。
露天風呂で使用している温泉は滋賀県守山市に源泉を持つ「守山天然温泉 ほたるの湯」で汲み上げた天然温泉。 温泉は比良山系・鈴鹿山系・古琵琶湖層を通り地下1300メートルから湧き出る良質な美人の湯。こちらはの「岩風呂」
 (134576)

他、独り占め浴槽の「つぼ湯」や、この室内風呂のジェットバスやバイブラバス。そして、サウナも乾式と塩サウナの2種類。水風呂には備長炭が利用されていて癒やし効果大。

今回はサウナにしこたま入って汗を流しました。備長炭が埋め込まれた水風呂、清々しい体感。

 (134570)

湯上りに、大人シリーズを。他、自販機はもちろんのこと、飲むヨーグルトもあったり飲むお酢もあったり、と健康志向。
 (134569)

風呂上がりには、こんなリラクナースペースがあり、女性専用スペースも奥にあり、気兼ねなくゆったりと過ごせます。けっこう、このラグジュアリー空間を気に入ってる方の多く好評。

疲れた身体を休日さっぱりリセットしたいですね。

壬生温泉「はなの湯」 へのツイート

詳細情報

住所:京都府京都市中京区壬生松原町15−3
電話番号:075-813-2611
入浴料:大人(中学生以上) 平日 700円 / 土日祝 800円
    小人(小学生以下) 平日 350円 / 土日祝 400円
    3歳未満 無料
営業時間:10:00~翌1:00 (最終受付 翌0:00)
定休日:無休
関連サイト:https://hanano-yu.jp/index.html
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都市内で汗を流して夏の疲れさっぱり!利便性いいお手軽スーパー銭湯☆壬生温泉「はなの湯」【壬生】

京都市内で汗を流して夏の疲れさっぱり!利便性いいお手軽スーパー銭湯☆壬生温泉「はなの湯」【壬生】

JR丹波口駅スグの場所にある利便性よいスーパー銭湯。天然温泉の運び湯の浴槽もあり、銭湯にはないアメニティーも。
【京都温泉めぐり】創業20年目に突入!二つの源泉を持つ天然かけ流し風呂☆桂温泉「仁左衛門の湯」

【京都温泉めぐり】創業20年目に突入!二つの源泉を持つ天然かけ流し風呂☆桂温泉「仁左衛門の湯」

西京区の桂、国道9号線沿いに立地。天然温泉、冷・温二つの源泉を持ち、かけ流し風呂が楽しめる。今年で創業20年目に突入し、その不動の人気ぶりがうかがえる。入浴してきました。
【京都銭湯めぐり】レトロ感がたまらない!京都ディープ観光スポットの観音様が祀られたラジウム温泉☆「島原温泉」

【京都銭湯めぐり】レトロ感がたまらない!京都ディープ観光スポットの観音様が祀られたラジウム温泉☆「島原温泉」

京都中央卸売市場・青果部の南側。京都最古の公許花街があった島原エリアにある銭湯。創業50年ほどで外観のレトロ感がたまらない。中でも観音様が祀られた岩風呂のラジウム温泉は他にはない独特の佇まい。
【京都銭湯めぐり】京都最大アーケード三条会商店街スグ!地元密着型で温泉もあり〼「トロン温泉稲荷」

【京都銭湯めぐり】京都最大アーケード三条会商店街スグ!地元密着型で温泉もあり〼「トロン温泉稲荷」

地元密着型商店街としてもおなじみの三条会商店街。そのスグそばにあるトロン温泉体験ができる銭湯。日曜は朝風呂もあり、ハシゴしてランチを商店街で食べたり利便性もいい立地。
【京都壬生】京都市内でお手軽日帰り温泉!テレビ付きリラクナーでくつろぎ度満点☆壬生温泉「はなの湯」

【京都壬生】京都市内でお手軽日帰り温泉!テレビ付きリラクナーでくつろぎ度満点☆壬生温泉「はなの湯」

湯冷めの心配のいらない、日帰り温泉にもってこいの季節になりました(笑)以前あった「やまとの湯」が一新。滋賀県守山の天然温泉を手軽に日帰りで楽しめるスーパー銭湯。そして、アメニティーも充実してました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers