2018年9月30日 更新

祇園白川の隠れ家ワイン&日本酒バー|フレンチ出身のマスターが営む「アッティコ バール ジェンテ」

祇園白川、路地奥に佇むフレンチ出身のマスターが営むワインバー「アッティコ バール ジェンテ」なり。

祇園白川の隠れ家ワイン&日本酒バー

 (134606)

祇園白川近くの隠れ家ワイン&日本酒バーへ。
辰巳大明神の北側のこの壁を背にして、北を向くと・・・
 (134607)

こういうパイロンが立っている如何にも京都の裏路地です!みたいな空間が目の前に広がるのだ。途中のクランクを超え、どんどん奥に進むと・・・
お目当てのお店「アッティコ バール ジェンテ」があります、、
 (134608)

こういうお店の看板が見えてくる。今日は明かりも少ないのですが、平日や土曜日なら、小鍋屋いさきちの2階と覚えておくと行きつけるのですな。
 (134609)

この看板が付いている扉を開けると、いきなり階段になっていて、静かな店内に入れる。
しゅっとしたマスターが1人回しておられるお店です。
 (134610)

で、このお店、いくつか海外の人に喜ばれそうな要素があるのだ。まずはこのロケーション、ちなみに店名のアッティコとは屋根裏の意味。大人の隠れ家というにふさわしい隠れっぷり。更に、マスターは某フレンチレストランのご出身ですが、日本のワイン、更にこだわりの日本酒も置かれているのが楽しいのだ。
 (134611)

先に日本酒を推薦していただく。私は、右手のどうみてもワインボトルにしか見えない信州は小布施ワイナリーが趣味?で仕込まれている酒、ヌメロアン SAKE Erotique なる謎の一本。苺酵母ですが、ほのかな果樹臭と甘味の中にしっかりボディありいの驚くべき旨さ。相方は、これまた初挑戦、栃木県さくら市の「クラシック仙禽 2017 無垢 純米大吟醸」を。いやーこれはコスパ良すぎですなあ。 非常に美味しいです。
更にグラスも、日本酒用、それも純米用に設計されたリーデルだそうで、ま、色々とこだわり満載~、ですな。

が、次の日本ワインがこれまた美味しかったのだ。
 (134612)

熊本のワイン醸造所にここまで凄いのがあるのだ~!と驚いた赤・白二種。特に赤の「マスカットベリーA 樽熟成2015」が滑らかで超CP良好。驚くべき旨さでしたので、お好きな方はぜひ追試を。(とは言え、まだ在庫あるかなあ)

お腹いっぱいでしたので、突き出しの昆布巻を頂いただけでしたが、アテも面白いものを出されているようですので、また来ます~!

クチコミでの評判

店舗情報

店名:アッティコ バール ジェンテ(ATTICO BAR GENTE)
住所:京都市東山区西之町232-5 2F
営業時間:19:00~27:00
定休日:日曜日
TEL:050-5595-8101
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

祇園の隠れ家的中華バルなワインサロン!「ぶどう酒パブ ピノ太郎」

祇園の隠れ家的中華バルなワインサロン!「ぶどう酒パブ ピノ太郎」

南座の南側、川端通り沿いにあったワインサロン「ピノ太郎」が、祇園に移転リニューアルなり。今回はワインが呑める中華バル的なメニュー編成に。
祇園で創作串揚げと一緒にワインを楽しむ「串揚げバル スキロ」

祇園で創作串揚げと一緒にワインを楽しむ「串揚げバル スキロ」

祇園 建仁寺近く、創作串カツとワインが楽しめる「串揚げバル スキロ」なり。
【京都酒場めぐり】祇園のど真ん中!知る人ぞ知る有名老舗居酒屋!!〆には名物とろろ鉄火めし☆「山口西店」

【京都酒場めぐり】祇園のど真ん中!知る人ぞ知る有名老舗居酒屋!!〆には名物とろろ鉄火めし☆「山口西店」

祇園でも一際華やかな界隈にある細い路地・豆六小路入った場所にある隠れ家的名店。祇園に詳しい人なら誰もが知ってる有名な老舗居酒屋。久々に行ってきました。
白川をのぞむ祇園の有名甘味処|はんなり気分で抹茶パフェ★ ぎをん小森【祇園白川】

白川をのぞむ祇園の有名甘味処|はんなり気分で抹茶パフェ★ ぎをん小森【祇園白川】

祇園のど真ん中にある花街の老舗甘味処。しっとり花街情緒の中で頂く和洋折衷な抹茶ババロアパフェ。
”熟成日本酒”に特化した、祇園にある秘密基地的な日本酒バー「益や酒庫」

”熟成日本酒”に特化した、祇園にある秘密基地的な日本酒バー「益や酒庫」

花見小路を四条通から上がり1本目の筋を越えてから、右手(東)の路地奥にある秘密基地のような日本酒バー「益や酒庫」。四条条御幸町通上にある人気日本酒バル、益や酒店の2号店なり。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。