2021年5月14日 更新

かりっと食感が楽しい、老舗『尾張屋』の「蕎麦板」は噛めば噛むほど甘みが出る

そば粉をたっぷり使い、薄く伸ばしたこちらはまさに板みたい。甘みは押さえられていますが、噛めば噛むほど甘くなるのでやみつき注意!

『尾張屋』とは?

 (204996)

『尾張屋』は名前の通り元は尾張の国にありましたが、寛正6年から京都で菓子屋として創業しました。今は”お蕎麦屋の『尾張屋』”として有名です。そのきっかけとなったのが、禅寺でそば切りが食べられるようになり、和菓子屋が蕎麦の注文を受けるようになったためです。そして、菓子と蕎麦を商うお店となりました。
 (204997)

「蕎麦板」

 (205002)

菓子屋と蕎麦屋の顔を持つ『尾張屋』だからできたこちらは、そば粉がたっぷり使われたお菓子です。
 (205005)

 (205006)

 (205007)

1枚1枚個装された中には、それぞれ3枚ずつ「蕎麦板」が入っています。割れないようにご注意を!
 (205009)

 (205010)

 (205011)

薄く伸ばしたそば粉を短冊状にして焼いた素朴なこちらは、かりっとした食感が楽しい!甘みが押さえられていますが、噛めば噛むほど甘くなります。気が付けば何枚も食べてしまうことも。
蕎麦の風味たっぷりで懐かしさを感じるので、優しい気持ちにしてくれます。バタバタ忙しい時、ほっとしたい時に食べたくなるお菓子です。

詳細情報

 (204999)

名称:本家尾張屋 本店
住所:京都市中京区車屋町通二条下る
時間:平日 11:00〜16:00(ラストオーダー14:30)
   土日祝 11:00〜16:00
   ※菓子販売のみ9:00〜
定休日:1月1日、2日
HP:https://honke-owariya.co.jp/
19 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まみの京都好奇心手帖 まみの京都好奇心手帖

オススメの記事

今注目の記事