2017年11月22日 更新

【京都和菓子めぐり】今宮神社名物門前菓子!創業1000年余の伝統の絶品あぶり餅「一文字屋和輔(一和)」

今宮神社参拝の際には、素通りするわけにはいかない和菓子店。創業1000年の老舗中の老舗。そして、冷え込む時期にちょうど食べたくなる絶品のあぶり餅。行ってきました。

参拝よりもあぶり餅(笑)

 (104778)

紅葉散策途中、この周辺に。となると、あぶり餅食べよう!ということで、今宮神社へ。
というか、フツー参拝が優先だと思いますが。罰当たりな(笑)
 (104779)

別名「玉の輿(たまのこし)神社」とも言われる神社。994年(正暦5)都の悪疫退散を祈り、御輿を造営し紫野御霊会を営んだのが今宮神社の起り。

朱色が際立つ楼門の今宮門。現在の社殿は1902年(明治35)の再建。
 (104780)

「阿呆賢さん」と呼ばれる神占石。叩くと怒るともいわれ、撫でて軽くなれば願いが叶うとされる。久々でどうだったかやり方読みながら(笑)
 (104782)

早々に参拝を済ませて、西門の参道へ。
向い合せに並ぶどちらも老舗の茶店。そして、どちらも名物があぶり餅。この日も参拝を終えたお客で両店とも盛況の様子。
 (104783)

こちらは以前紹介したこともある、創業1637年の「かざりや」。
 (104784)

この日はじゃんじゃん炙ってました。香ばしい香りが参道に漂ってきます。
 (104785)

方や、その向かい。
創業は1000年平安時代創業。もうこの時点で驚愕です。もしかしたら、茶店のルーツとも言えるかもしれませんね。「一文字屋和輔(一和)」。
 (104787)

こちらも負けじと炙りに炙ってます(笑)

今回は席が空いててすぐ案内してもらえそうだったんで、一和に。
 (104786)

5人だったので、ちょっと個室のようなスペースで。
メニューはこちら。もうあぶり餅しかないんですが。1人前500円を注文。
 (104788)

で、ほどなくして登場。
温かいお茶が添えられて。この緑茶けっこういいやつで、美味しかったです。
 (104789)

そして、あぶり餅。
竹串にささった餅は不ぞろいに丸められ、いかにも手づくり感あふれる素朴な風情。ひとつひとつ一口大にちぎって丸められています。甘めに味付けされた白味噌ダレ。中にはきな粉の風味も。このタレの効果で餅の香ばしさの角がとれて、万人ウケする美味しさ。量多いかな?と思っても、意外とぺロリと食べられます。毎回(笑)

ちょうど冷え込むシーズンにもなり、紅葉散策や参拝後にほっこりとする和菓子。ぜひ、お試しください!

ヨ~イヤサ~♪

一文字屋和輔 への口コミ

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

今宮神社 京都名物あぶり餅でおなじみ☆創業1637年の老舗甘味処「かざりや」【和菓子】

今宮神社 京都名物あぶり餅でおなじみ☆創業1637年の老舗甘味処「かざりや」【和菓子】

こちらも古いお店。創業1637年の老舗店。今宮神社というと、こちらもセットで思い浮かべる方も多いはず。今回は今宮神社の西門参道にある名物あぶり餅で有名な甘味処「かざりや」をご紹介します。
別名は玉の輿神社!京の三奇祭の一つやすらい祭も有名!「今宮神社」

別名は玉の輿神社!京の三奇祭の一つやすらい祭も有名!「今宮神社」

紫野に位置する「今宮神社」の紹介です。玉の輿神社とも呼ばれ、女性にも人気の観光スポットです。
【京都パンめぐり】塩バターパンは中毒性あり!無添加で体に良い素材を厳選☆「パンドレ北山店」

【京都パンめぐり】塩バターパンは中毒性あり!無添加で体に良い素材を厳選☆「パンドレ北山店」

北区、今宮神社にも程近い北山通り沿いのベーカリー。本店は嵯峨にあり、隣にはスーパーもある地元密着型のお店。中でも、塩バターパンが人気でテレビでも紹介され、一度食べたらドハマりする人も多数。
【京都ランチめぐり】創業150年の和菓子店営む野菜たっぷりボリュームランチ!大人気カフェ「伊藤軒」

【京都ランチめぐり】創業150年の和菓子店営む野菜たっぷりボリュームランチ!大人気カフェ「伊藤軒」

伏見、国立病院スグの場所にある、創業150年の老舗和菓子店が営む野菜メニューを中心としたカフェ。和菓子店ならではな構成とヘルシーながら食べごたえある野菜料理で連日女性客を中心に人気。行ってきました。
【保存版】老舗らしさ全開の京都オススメかき氷!和テイストでひんやり冷たい☆【厳選8店】

【保存版】老舗らしさ全開の京都オススメかき氷!和テイストでひんやり冷たい☆【厳選8店】

毎日猛暑続く京都。そんな中食べたくなるのがかき氷。今回は京都らしい和のテイストのかき氷を集めてみました。有名老舗抹茶店から老舗和菓子店まで、自慢の味がそのままかき氷に。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな