2017年1月17日 更新

今宮神社 京都名物あぶり餅でおなじみ☆創業1637年の老舗甘味処「かざりや」【和菓子】

こちらも古いお店。創業1637年の老舗店。今宮神社というと、こちらもセットで思い浮かべる方も多いはず。今回は今宮神社の西門参道にある名物あぶり餅で有名な甘味処「かざりや」をご紹介します。

向かい合わせの老舗あぶり餅店

ご存知の方も多いと思いますが、こちらかざりやの向かいには同じようにあぶり餅の老舗「一文字屋和輔(一和)」が。あのーとくにこっちじゃなきゃダメだ!みたいなこだわりはありません(笑)どちらも美味しいし。
今回は行きませんでしたが、一和はさらに古く、創業は平安時代で、1000年以上(驚愕)
それを思うと、あぶり餅屋って、茶店のルーツ的存在といえそう。

今宮神社をお参りしていると、あの香ばしい餅を焼く匂いがただよってきます~♪
 (15095)

この日は平日で、わりと西門参道は閑散と。なので、両店の呼び込みが相当激しく(笑)
 (16832)

こうして店先で、炭火であぶって焼いてます。夏場だと、ちょっと暑そうで大変ですが。

落ち着いた雰囲気の中、ほっこりとした時間

「あぶり餅」がついで?「今宮神社」がついで?かざりや@京都 : Non-Stress Life (15438)

古い風情ある佇まいの座敷部屋。ゆったりお庭を眺めながらしばし過ごすと・・・
変更 最初へ 上へ 下へ 最後へ 追加
 (15437)

急須に入った温かい緑茶とともに、あぶり餅登場。
竹串にささった餅は不ぞろいに丸められ、いかにも手づくり感あふれる素朴な風情。ひとつひとつ一口大にちぎって丸められています。甘めに味付けされた白味噌ダレ。中にはきな粉の風味も。このタレの効果で餅の香ばしさの角がとれて、万人ウケする美味しさ。量多いかな?と思っても、意外とぺロリと食べられますよね(笑)

ビジュアルも味わいも「素朴」を絵に描いたような。でも、1000年以上たっても変わらず受け継がれる美味しさ。こんなにロングセラーになるなんて、一体誰が想像できたでしょうね。すごい!

ヨ〜イヤサ〜♪

かざりやへの口コミ

かざりや 店舗情報

■店舗名
かざりや
■住所
京都府京都市北区紫野今宮町96
■電話番号
075-491-9402
■営業時間
10:00~17:30
■定休日
水曜日
■駐車場
有(1時間まで無料)
■詳細ページ
http://aquadina.com/kyoto/spot/6207/
12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都和菓子めぐり】平安時代から続く井戸水が育む伝統あぶり餅!今宮神社名物の門前菓子「一文字屋和輔(一和)」

【京都和菓子めぐり】平安時代から続く井戸水が育む伝統あぶり餅!今宮神社名物の門前菓子「一文字屋和輔(一和)」

今宮神社参拝の際には、素通りするわけにはいかない和菓子店。創業1000年の老舗中の老舗。そして、冷え込む時期にちょうど食べたくなる絶品のあぶり餅。創業当初から使用の井戸も。
【京都和菓子めぐり】今宮神社名物門前菓子!創業1000年余の伝統の絶品あぶり餅「一文字屋和輔(一和)」

【京都和菓子めぐり】今宮神社名物門前菓子!創業1000年余の伝統の絶品あぶり餅「一文字屋和輔(一和)」

今宮神社参拝の際には、素通りするわけにはいかない和菓子店。創業1000年の老舗中の老舗。そして、冷え込む時期にちょうど食べたくなる絶品のあぶり餅。行ってきました。
【京都発酵食品めぐり】明治創業の老舗京銘菓の名物『琥珀流し』3月は甘酒☆「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」

【京都発酵食品めぐり】明治創業の老舗京銘菓の名物『琥珀流し』3月は甘酒☆「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」

歴史ある京都の発酵食品事情をご紹介する京都発酵食品部★今回は創業明治18年の老舗京銘菓。その名物甘味『琥珀流し』は月替わりで季節の味が楽しめ、3月は発酵食品である甘酒味。
【京都甘味めぐり】宇治茶の老舗の冬季限定・絶品抹茶ぜんざい!絵画的美しさ☆丸久小山園「茶房元庵」

【京都甘味めぐり】宇治茶の老舗の冬季限定・絶品抹茶ぜんざい!絵画的美しさ☆丸久小山園「茶房元庵」

冬になったら必ずまた来ようと狙ってました(笑)地下鉄烏丸御池駅から西へ。西洞院にある、江戸時代創業の宇治茶の老舗の茶房。冬季限定の抹茶ぜんざいをいただきました。
【京都土産】皇室御用達の御菓子!素朴な味わいのロングセラー銘菓『白川路』はとまらない美味しさ☆「田丸弥」

【京都土産】皇室御用達の御菓子!素朴な味わいのロングセラー銘菓『白川路』はとまらない美味しさ☆「田丸弥」

紫竹エリア、大徳寺にほど近い場所にある創業江戸時代で十七代続く昔ながらの製法にこだわる、手焼きせんべいの老舗。素朴な味わいの『白川路』は皇室御用達の煎餅。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな