2018年8月7日 更新

【京都和菓子めぐり】怪談にも登場する魔界エリアの幽霊も買い求めた飴!創業450年の日本最古の飴屋「みなとや幽霊子育飴本舗」

京都魔界スポットとしても知られる六波羅蜜寺、六道珍皇寺にもほど近い場所にある、創業450年以上の超老舗の飴屋さん。京都の怪談にも登場する幽霊子育飴。

怪談に登場する幽霊子育飴

 (130595)

ちょうど六道まつりでもにぎわう時期、こちらへ。
京都のガイドブックによく登場するお店として知っていましたが、実際買い求めるのは初めてです(笑)
 (130596)

六波羅蜜寺、六道珍皇寺にもほど近い場所にある小さな古いお店。創業はなんと450年以上で、京都で2番目に古いお店で、飴屋としては日本一の古さを誇る老舗。
 (130597)

こちらの看板商品が『幽霊子育飴』。もう名前のインパクト大で、夏の怪談や心霊ネタにピッタリな題材だと思って(笑)

 (130599)

店先に、その飴の由来が書かれていました。

慶長4年の話。よなよなこちらへ飴を買いに来る女性がいて、店の人が不思議に思い、ある晩後をつけて行くと墓地で女性の姿が消え、そのかわりに赤子の泣き声が。泣き声は数日前に亡くなった女性の墓の中から聞こえ、掘り返してみるとお店の飴をもった赤子。赤子を掘り出してからというもの、女性が店に訪れることもなくなったという。わが子のために幽霊が買いに来たということから、「幽霊子育飴」という名がついたというもの。
 (130598)

この「幽霊飴」の話は全国的にありますが、実際飴として現存して販売するお店はここだけになるんですかね。

 (130601)

店内。幽霊子育飴の他、お茶も販売されてます。試食も気軽にさせてもらいました。

 (130602)

で、一つ購入。一袋500円。
 (130603)

見た目べっ甲飴のようですが、麦芽糖9、砂糖1の割合でつくられているので、あっさりとした甘み。
 (130604)

この界隈は昔鳥辺野、死者の埋葬地であり、近くには六波羅蜜寺、六道珍皇寺もあり、あの世とこの世をつなぐ魔界スポットとしても知られる場所。

そんな場所故に、よなよな幽霊が飴を買いに来たという話にもリアリティあり、450年以上前からこの幽霊子育飴が現存しているというのも、事実として裏付けされているような。

そんなストーリー付の夏の京都土産にもふさわしい御菓子。お試しあれ。

ヨ~イヤサ~♪

みなとや幽霊子育飴本舗 への口コミ

詳細情報

住所:京都市東山区 松原通大和大路東入二丁目轆轤町80−1
電話番号:075-561-0321
営業時間:10:00 AM – 4:00 PM
定休日:なし
関連サイト:http://kosodateame.com/ame/
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【清水寺スグ】京都人が皆食す6月の和菓子といえば水無月!創業160年老舗の一子相伝の技☆「五建ういろ」

【清水寺スグ】京都人が皆食す6月の和菓子といえば水無月!創業160年老舗の一子相伝の技☆「五建ういろ」

もう6月に入りました。6月の和菓子といえば、水無月。京都では6月30日に水無月を食べる習慣があります。清水寺にほど近い老舗店の水無月を一足お先に頂きました。
【京都ランチめぐり】創業150年の和菓子店営む野菜たっぷりボリュームランチ!大人気カフェ「伊藤軒」

【京都ランチめぐり】創業150年の和菓子店営む野菜たっぷりボリュームランチ!大人気カフェ「伊藤軒」

伏見、国立病院スグの場所にある、創業150年の老舗和菓子店が営む野菜メニューを中心としたカフェ。和菓子店ならではな構成とヘルシーながら食べごたえある野菜料理で連日女性客を中心に人気。行ってきました。
【京都和菓子めぐり】京都限定!夏限定!!宇治金時かき氷の美味しさをそのまま羊羹に「とらや京都一条店」

【京都和菓子めぐり】京都限定!夏限定!!宇治金時かき氷の美味しさをそのまま羊羹に「とらや京都一条店」

創業は室町時代後期で京都発祥。『とらやの羊羹』は、もはや銘菓の代名詞。そんな老舗銘菓で京都限定の夏らしい羊羹がまたまた登場。食べてみました。
【京都ランチめぐり】昭和レトロな冷麺必食!祇園にもスグの昔ながらの大衆中華料理店☆「六波羅飯店」

【京都ランチめぐり】昭和レトロな冷麺必食!祇園にもスグの昔ながらの大衆中華料理店☆「六波羅飯店」

祇園にもほど近く、六波羅蜜寺スグの場所にある昔ながの風情ただよう大衆中華料理店。気取らない雰囲気でふらっと立ち寄れる気軽さが人気。この日は六道まつりの中、ランチでうかがいました。
【京都夏の風物詩】大文字送り火の原型!先祖の霊をお迎えする万燈会も☆「六波羅蜜寺」

【京都夏の風物詩】大文字送り火の原型!先祖の霊をお迎えする万燈会も☆「六波羅蜜寺」

こちらも京都夏の風物詩。東山五条上る、六道の辻にあるお寺。毎年8月8~10日はお精霊さん(先祖の霊)をお迎えする年中行事も。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな