2019年8月22日 更新

【京都ランチめぐり】オフィス街烏丸御池の穴場店!元祖インスタ映えの名物フルーツサンドは必食「サンドイッチのタナカ」

おおきに~豆はなどす☆今回はオフィス街烏丸御池界隈の創業46年の穴場・手づくりサンドイッチ専門店。中でも名物は元祖インスタ映えする果物ぎっしり詰まったフルーツサンド。

創業46年のサンドイッチ専門店の自慢のフルーツサンド

 (161411)

烏丸御池界隈。
この近くを通りかかると、いつも気になっていたお店。この界隈では有名な手づくりのサンドイッチ専門店。
 (161412)

創業46年と古く、70歳オーバーの女将さんが切り盛りする。実際にはもっと若く見えます。実年齢知ってびっくり(笑)
 (161413)

この日、他でランチを食べ、ちょっと小腹が空いたので立ち寄りました。
店内には15種類のサンドイッチとカレーライスやチャーハンなどが並んでいました。あと、ブリックパックに入ったドリンク類も。
 (161414)

そして、今回のお目当てはこちら。名物のフルーツサンド。冷蔵ケースに鎮座。手書きのPOPがまたいい味出してます。
 (161415)

テイクアウトでもよかったんですが、イートインスペースがあり、店内涼しかったんでここで食べることに。
 (161416)

で、スイーツ感覚で名物フルーツサンド430円を購入。
持参マイボトルのお茶があったんですが、女将さんがお冷をサービスで出してくれました。

あと、私が着ていた変Tシャツにちょっとウケ気味でした(笑)
 (161417)

最近フルーツサンド流行りで、パン屋さんでもフルーツサンドを提供してるお店ありますが、ここまで具材がぎっしり入ったフルーツサンドもなかなかないです。見るからにフルーツでパンパン(笑)

断面も美しく、元祖インスタ映えするフルーツサンドとも言えます。
 (161418)

イチゴ、リンゴ、キウイ、パイナップル、みかん缶とホイップクリームなどがサンドされています。
 (161419)

で、袋から出してみると、そのパンパンさに圧倒されます(笑)ずっしり重い。
クリームたっぷりのフルーツサンドはわりとよくありますが、こちらのやつはクリームの存在感あまりなく、あくまでも主役はフルーツ!といった面構え。
 (161420)

なんだか、このフルーツサンドで一日分のビタミンを摂取できそうなくらい。
 (161421)

で、実食。
ゴロゴロとフルーツが入っていて、一口かじる毎にその味が違い、面白い。フレッシュ感、酸味、甘みが口の中に広がり、さらにクリームがほどよくマイルドな味わいに。こんなにいろいろな果物が一度にたっぷり食べらえるフルーツサンドも唯一無二。これはなかなかの優れもの。

ここまでフルーツの味が活きてるサンドイッチもなかなかないですよ。オススメです!

ヨ~イヤサ~♪

サンドイッチのタナカ への口コミ

詳細情報

住所:京都市中京区間之町通御池上る高田町507
電話番号:075-221-6434
営業時間:7:30~15:00
定休日:土日祝

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな