2018年3月24日 更新

【京都ランチめぐり】オフィス街の人気喫茶店のボリューミーハンバーグ弁当!通し営業が◎「キャンティ」

京都烏丸御池の有名な老舗の喫茶店。昼時にはこの界隈で働くビジネスマンの強い味方。洋食メニューには特に定評があり、とくに弁当類が充実。ランチタイム過ぎた昼下がりに行ってきました。

通し営業でいつでも食べられる老舗喫茶店の洋食弁当

 (119007)

この日は他で野暮用があり、ランチタイムをとうに過ぎてこちらへ。通し営業がありがたい。
地下鉄烏丸御池駅からスグのところにある、この界隈では老舗の喫茶店。

特にランチ時には、こちらの洋食弁当を求めてビジネスマンたちが殺到するお店。出前や持ち帰りもできるんですね。
 (119009)

店内は落ち着いていて、使い込まれた老舗感ただよう雰囲気。
昼の2時半ごろともなるとお店もランチタイムからひと段落なのか、ゆったりとした時間が流れていました。
 (119008)

カウンター席と壁際のテーブル席。それぞれの客がマイペースに過ごせる空間。営業マンらしき客が同じくランチタイムを逃してきたのか、こんな時間帯からガッツリメニューを注文してたり。ある意味、ランチ難民の救世主的お店とも言えます。
 (119010)

壁には喫茶店メニューの数々。
 (119012)

王道のトーストやサンドイッチ類も。手書きがいいですね。
 (119011)

もちろんドリンク類も。
 (119013)

今回は以前から食べてみたかった評判のハンバーグ弁当980円を注文。で、このボリューム感。
 (119014)

ハンバーグ。そそる目玉焼き乗せ。そして、弁当からかなりのモッコリ度の3D感。
 (119015)

まずはハンバーグ。やわらかい、そしてご飯にあう味付け。ソースはデミグラスソースとトマトソースをブレンドしたような。厚めなのがうれしい肉感。
 (119016)

恒例の黄身をつぶしてトロリとエロ仕上げに。この半熟加減が絶妙。
 (119017)

このハンバーグの底に敷いてあるスパゲティがさらに絶品。いいエキスがこれに全て絡んだようなリッチな味わい。
 (119018)

弁当、ということでうれしいお味噌汁付。ご飯がさらに進む。
 (119019)

脇役たちも抜かりなく。
フレッシュサラダ以外に、ほうれん草と人参のお浸し。家庭的でほっこり。
 (119020)

厚揚げの炊いたん。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

”元祖ハヤシライス” 思わず『!』早矢仕ライスの産みの親★文明開化とマルゼンカフェ(京都BAL)

”元祖ハヤシライス” 思わず『!』早矢仕ライスの産みの親★文明開化とマルゼンカフェ(京都BAL)

華々しくオープンした京都BAL地下2階のマルゼンカフェ。ハヤシライスの元祖とも言われる由緒のあるメニューが頂けるなんともプレミアムなカフェ。東京とこちら京都でしか食べれない商標登録されている【早矢仕ライス】をご賞味あれ。
素通りできぬディスプレイ★オムライスはお任せ★古き良き我らのSTAR(スター)★京都の老舗洋食店★グラタンオムライス【新京極】

素通りできぬディスプレイ★オムライスはお任せ★古き良き我らのSTAR(スター)★京都の老舗洋食店★グラタンオムライス【新京極】

新京極エリアの老舗洋食店。 空腹の貴方、思わず引き込まれてしまいそうな巨大オムに完成度の高いサンプルディスプレイ、きっと店側の策略にはまらずにはいられない★
百花繚乱オムライスのパラダイス☆伏見醍醐の名店「オムライス屋 スー醍醐店」

百花繚乱オムライスのパラダイス☆伏見醍醐の名店「オムライス屋 スー醍醐店」

石田駅近くにひっそり佇むオムライス専門店。サイズやソース、卵の形状も選べるまさにオムライスパラダイス。リピート必至の伏見醍醐エリアの卵の楽園。
京都 山科の代表的カフェ|非日常のクラシカル喫茶店「再會(サイカイ)」

京都 山科の代表的カフェ|非日常のクラシカル喫茶店「再會(サイカイ)」

山科を代表する四十年以上の時を重ねた老舗喫茶店。西洋モダンな洋館で、自家製デザートや絶品パスタに舌鼓。
きっと誰もがファンになる、京都の老舗喫茶。さすがの貫禄!ゴゴ【出町柳】

きっと誰もがファンになる、京都の老舗喫茶。さすがの貫禄!ゴゴ【出町柳】

出町柳にて常連客のみならず若者のこここをキャッチして離さないない自家焙煎珈琲店。左京区カルチェラタンの象徴的名喫茶店です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな