2019年4月23日 更新

【京都新緑めぐり】八重桜も終盤の桜の名所『哲学の道』で見つけた珍土産☆苔の八百鉢「苔ポン」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は今シーズンの桜終了間近の名所『哲学の道』で見つけた、ちょっと珍しい苔盆栽。お土産や贈り物としても最適。

終盤の桜パトロールの合間に見つけた苔土産

 (150661)

東山、岡崎周辺を桜パトロール。もうほぼほぼ終了だろうとは思いつつ。

まずはインクライン。ほとんど散った状態ですが、それでも観光スポットにはちがいなく、レール上を皆そぞろ歩き。
 (150662)

歌舞伎狂言・桜門五三桐の中の「絶景かな~絶景かな~」の石川五右衛門のセリフでおなじみの三門。この日は快晴で見晴らしよく、多くの観光客が三門上から五右衛門と同じ気分を満喫。
 (150663)

法堂裏。まだ少しだけ八重桜が残っていました。
 (150467)

季節の花は桜からシャクナゲへ。満開でした。ちょうど見ごろ。
 (150466)

南禅寺の北門から鹿ケ谷通りへ。
途中、東山高校の校舎にたなびく鯉のぼりの群れを見つつ、ゴールデンウィークに突入したかのような錯覚(笑)
 (150468)

そして、哲学の道へ。
 (150469)

道路の重要性について国民の意識を高めるため、1986年(昭和61年)に建設省(現在の国土交通省)が8月10日を『道の日』と制定。それにともない、日本の特色ある優れた道路104本を『日本の道100選』として選出。その一つが、この哲学の道。

京都では他、天の橋立の道が選出。
 (150470)

疎水にはマガモたちが逆走中。
 (150471)

わりと外国人観光客が多く、すでに半袖の方も多く見かけ、初夏の陽気。それでも、銀閣寺付近の八重桜は意外とまだ残っていました。
 (150472)

そんな中、哲学の道すぐの若王子の住宅街でみかけたこちら。
『苔ポン』という、球状のプラスティック容器に入った苔盆栽のようです。
 (150473)

苔の中にクロマツの種子が埋め込まれていて、この丸い穴から水やりをすれば発芽して苔盆栽に仕上がるというもの。
 (150474)

盆栽種子、この時はクロマツでしたが、他にはモミジなどもあります。
 (150475)

 (150476)

取説付。

『SPACEやおよろず』が絶賛販売中。苔好きやちょっと変わった京都土産をお探しの方にオススメです!
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都新緑ぶらり】木々のパワーみなぎる早朝にエネルギーチャージ!朝活で珍光景も☆「南禅寺~蹴上インクライン他」

【京都新緑ぶらり】木々のパワーみなぎる早朝にエネルギーチャージ!朝活で珍光景も☆「南禅寺~蹴上インクライン他」

おおきに~豆はなどす☆今回は新緑がすがすがしい早朝の岡崎エリアを散策。桜の名所として知られる南禅寺、清流亭、蹴上インクラインをぶらり。そこには普段見られない珍光景も。
【京都お墓めぐり】日本の文豪・谷崎潤一郎が愛した枝垂れ桜が満開☆ピンク色に彩られた墓石☆「鹿ケ谷法然院」

【京都お墓めぐり】日本の文豪・谷崎潤一郎が愛した枝垂れ桜が満開☆ピンク色に彩られた墓石☆「鹿ケ谷法然院」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は鹿ケ谷にある閑静なお寺としても知られる法然院。その境内にある文豪・谷崎潤一郎のお墓。ちょうど谷崎が愛した桜も満開。
【2019京都桜情報】洛東の名所をぐるっと桜パトロール☆南禅寺~清流亭~インクライン~哲学の道~鴨川

【2019京都桜情報】洛東の名所をぐるっと桜パトロール☆南禅寺~清流亭~インクライン~哲学の道~鴨川

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は洛東の桜の名所をぐるっとパトロール。4月14日の様子です。
【京都お寺めぐり】知る人ぞ知るミニ清水の舞台や洞窟もあるパワースポット!『有頂天家族』の聖地「狸谷山不動院」

【京都お寺めぐり】知る人ぞ知るミニ清水の舞台や洞窟もあるパワースポット!『有頂天家族』の聖地「狸谷山不動院」

おおきに~豆はなどす☆今回は左京区一乗寺の山間にある真言宗修験道大本山のお寺。昔から交通安全や自動車祈祷のお寺として有名。そして、知る人ぞ知るコンパクトな清水の舞台もあり。
【京都お寺めぐり】新緑の世界遺産は優美な佇まい!苔むす庭園から境内を一望☆「銀閣寺(慈照寺)」

【京都お寺めぐり】新緑の世界遺産は優美な佇まい!苔むす庭園から境内を一望☆「銀閣寺(慈照寺)」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は新緑シーズンこそオススメの世界遺産。教科書にも必ず登場する銀閣もさることながら、立地や造園の素晴らしさが際立つ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers