2016年7月6日 更新

琥珀色にキラキラ!と輝く美しく涼やかな和菓子は夏のギフトにおススメ♡「亀屋則克(かめやのりかつ)」

季節の和菓子を買いに、堺町三条を上がった所にある御菓子司 亀屋則克へ。

昔ながらの座売りのスタイルで

 (42844)

季節の和菓子を買いに、堺町三条を上がった所にある亀屋則克へ。
 (42845)

昔ながらの座売りのスタイルで、和菓子を販売されているお店です。
 (42846)

帳場の下には、季節のお干菓子が並んでいます。

祇園祭のお干菓子もあります。

華やかで可愛らしい生菓子

 (42847)

生菓子を見せて頂きました。

華やかで、可愛らしくて、全部買って帰りたくなってしまうほどです。

浜土産、七夕、葛焼きを買って帰りました。
 (42849)

<七夕>
鮮やかな緑色が華やかで美しいきんとん。

七夕の短冊がのっているのが、なんとも可愛らしく、思わず顔がほころんでしまいます。

柔らかくなめらかな食感で、目も舌も楽しませて頂きました。
 (42850)

<葛焼き(祇園祭)>
葛焼きも、こちらのお店の銘菓で、5月末~9月末の限定販売。
吉野の葛と餡を柔らかく練りあげ、蒸した後、表面に季節の柄の焼印が押されています。

今月は、祇園祭にちなんで、八坂神社の「左三つ巴」と「木瓜」。

モチモチっとした食感、葛の香りも感じられる上品な甘さの葛焼きで、美味しかったです。

名物の浜土産(はまづと)

 (42848)

<浜土産(はまづと)>
琥珀色にキラキラと輝く浜土産は、5月中旬から9月中旬までの季節限定の生菓子。

蛤の貝殻を開けると、琥珀色の寒天の中に味噌風味の浜納豆が1粒入っていて、プルルンとした弾力、琥珀羹の甘さに味噌の塩気が良いアクセントになっています。

海から遠く離れた京の町で、海辺のお土産のような真夏でも日持ちするお菓子をということで、初代の方が考案されたのだそうですが、涼やかで美しい和菓子ですよね。
 (42851)

浜土産は常温で5日の日保ち、5個、10個、15個の籠入りのものもあるので、夏のギフトにもおススメですよ。

亀屋則克への口コミ

亀屋則克 店舗情報

店名:御菓子司 亀屋則克
住所:京都市中京区堺町通三条上ル
電話番号:075-221-3969
営業時間:9:00~17:00
定休日:日曜日・祝日・第三水曜
店舗HP: http://www.kameyanorikatsu.com/
17 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フードアナリストゆう フードアナリストゆう

オススメの記事

今注目の記事