2021年7月17日 更新

皇族との関係も深い世界遺産『仁和寺』へ

真言宗御室派の総本山で世界遺産の『仁和寺』。春の御室桜はもちろんですが、五重塔など見どころが多数あるので思い立ったが吉日です。

御室(おむろ)とは

 (191574)

『仁和寺』の最寄り駅は嵐電 御室仁和寺駅です。御室というのは宇多上皇『仁和寺』内に建てた僧房のことで地名の由来となりました。御室御所は『仁和寺』の別名です。
 (191576)

紫が特徴的な嵐電の車輌。御室仁和寺は、北野線になります。

世界遺産『仁和寺』

 (191578)

仁和4年に宇多天皇によって創建された『仁和寺』は真言宗御室派の総本山で世界遺産です。寺名は創建時の年号”仁和”にちなんで付けられました。代々の皇族が門跡となっていたため皇族との関係が深く、色々な宗派の本山を統轄する最高位についていました。
 (191588)

圧巻の迫力、二王門

 (191585)

仁和寺の二王門は京都三大門の一つに数えられ、その高さは18.7メートルはあります。
遠目からでも圧巻の迫力です。
 (191587)

御所風建築

 (191581)

皇族や貴族とのゆかりが深かったため「仁和寺御殿」といわれる御所風建築物が特徴的です。
 (191582)

五重塔

 (191592)

仁和寺の象徴でもある五重塔の塔は、1644年に建立。東寺の五重塔と同じく、上層から下層にかけて各層の幅にあまり差がないことが特徴的です。
 (191593)

御室桜

 (191595)

遅咲きで有名な御室桜は背丈の低い桜です。国の名勝にも指定されています。

『仁和寺』一帯は「仁和寺御所跡」と国の史跡に指定されていて、『仁和寺』の裏にある成就山には四国の八十八ヵ所霊場を縮小した「成就山八十八ヵ所霊場」と呼ばれる巡拝コースがあります。こちらは2時間程度で全て巡ることができる上、成就すれば四国の八十八ヵ所霊場と同じご利益を得ることができると言われている嬉しいコース。

涼しくなったら行ってみたいなと思います。

仁和寺周辺には、金閣寺や龍安寺もありますので、一緒にまわりたいですね。

詳細情報

 (191601)

名称:仁和寺
住所:京都府京都市右京区御室大内33
拝観時間:9:00~17:00(16:30受付終了)
HP:http://www.ninnaji.jp/
27 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まみの京都好奇心手帖 まみの京都好奇心手帖

オススメの記事

今注目の記事