2021年2月8日 更新

【京都抹茶】限定販売の抹茶バウムクーヘンと濃厚チョコレートでティータイムが楽しくなる♪「中村藤吉本店」

抹茶の名店 中村藤吉、人気の抹茶バウムクーヘンと抹茶が濃厚なチョコを紹介します♪

限定販売の抹茶チョココーティングバウムクーヘン

 (199902)

中村藤吉本店の創業は1854年(安政元年)。160年余り京都宇治の地で続く老舗です。創業当初は「丸屋藤吉」。その名前をもじって屋号の「(十)まると」が誕生したそうです。
 (200579)

お茶を使ったスイーツが充実していて、本店のカフェは行列必須なんだとか〜。
その中でも今回抹茶スイーツを紹介させていただきます。
まずはバウムクーヘンを。
種類は、抹茶バウムクーヘン、ほうじ茶バウムクーヘン、まるとバウム濃茶塩の三種あり、どちらも美味しそうです。
 (199903)

三種の中から、「まるとバウム濃茶塩」を購入。1月中旬から発送が始まったそうです。
店舗でもオンラインストアでも購入可能で、限定数量の販売のようです。
SNSで見て、絶対食べてみたい!と思ったスイーツ。ティータイムが楽しくなりそうです♪
先ほど公式オンラインストアを覗いてきたら、こちらが人気ランキング1位でした。
 (199904)

抹茶を意識した可愛い緑のパッケージ。
箱はしっかりしているので、店舗などで購入しても安心して持ち帰れそうです。
空き箱は小物入れに使いたいくらい、しっかりしたパッケージです。
 (199905)

開封したらこんな感じです。
 (199906)

このバウムクーヘンはピレネー型と言うそうですね。
説明書には日本語と英語も載っていて、海外の方にも人気がありそうな商品です!
 (199907)

山型のバウムクーヘンに濃厚な抹茶チョコレートをコーティング。甘みをさらに引き出すために大粒の塩が程よく乗っています。
 (199908)

4つにカットしてみました。
うまく切れてなくてすいません(笑)
パサパサにならないように高温でしっかり火を入れながら焼くハードタイプで、絶妙な水分量を残すように工夫されているそうです。
 (199909)

ハードタイプなので、ふんわりというより、生地も濃厚と言った印象です。
程よくしっとりしていて、抹茶の味もしっかりついています。
 (199911)

コーティングされた抹茶チョコレートの甘みが、塩が乗っていることでギュッと締まって美味しいです。 
抹茶生地とチョコレートコーティングの渋みと甘みのバランスが良くて、時折現れる程よい塩味がまた違う印象で味の変化が面白いです。
楽しみにいていましたが、期待通りの美味しさでした!
日本茶と一緒にいただきましたが、コーヒーにも合いそうです。
スイーツ好きの方なら、自分へのご褒美に、なんていいかも?大切な人への贈り物にも喜ばれそうですねー♪

濃いめ抹茶チョコレート

 (200578)

濃いめのチョコレートシリーズ。抹茶・抹茶黒蜜・ほうじ茶の3種発売されています。
こちらは通年販売されている商品となります。
店頭でもオンラインストアでも購入可能です。
 (200571)

今回はほうじ茶にするか?迷いに迷って結局抹茶味を購入しました。
 (200572)

個別包装で、6包入っています。
 (200573)

シンプルながら高級感のあるパッケージ。
 (200574)

「まると」の屋号をかたどったチョコレート。
名前通り抹茶が濃いです。
贅沢な和と洋の融合。
旨味が凝縮されていて、とっても美味しいです。
お茶と一緒にいただきました。
 (200575)

半分に割っても表面と同じしっかりとした緑色です。
一枚で抹茶の味が濃くて、少しずついただきたいと思いました。
バレンタインや職場などで少しずつ配りたいときにも喜ばれるかも?

今回は京都宇治の老舗中村藤吉本店の抹茶スイーツを紹介しました。
おうち時間のティータイムのおともにいかがでしょうか?

まるとバウム濃茶塩 on YouTube

【京都 お取り寄せ】抹茶バウム 中村藤吉本店【そうだ京都行こう】#shorts

箱を開封〜カットしたバウムクーヘンと言うシンプルな動画です。
乗せるか迷いましたが、せっかく作ったので、載せます(笑)

詳細情報

店舗名:中村藤吉本店
住所:宇治市宇治壱番十番地 (本店)
関連ページ:https://www.tokichi.jp/
23 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

m.m m.m

オススメの記事

今注目の記事