2017年8月1日 更新

【京都銭湯めぐり】深夜営業がうれしい!期間限定の湯上がり地サイダー&地ラムネが夏い!!「大徳寺温泉」

愛宕神社千日詣の帰り、汗だくで立ち寄った大徳寺より北に上がった住宅街にある銭湯。深夜まで営業し、さらに風呂上がりのドリンク類にいろいろ工夫が。

日をまたいでの入浴

 (89129)

タイトル、「懐い」と「夏い」をかけてみました。説明しないと理解してもらえないことに情熱注ぐのも、ちょっと羞恥プレイですが(爆)

この日は愛宕神社千日詣の帰り。全身汗だく状態で、とにもかくにもどこかで汗を流したい!と。深夜までやってる銭湯はないかと探していて、こちらがヒット。
 (89130)

大徳寺を北へ上って住宅街の一角に。駐車場も8台分あり。看板はわりと新しめですかね。
 (89131)

こちらは深夜1時まで営業。この周辺には他にも深夜営業してる銭湯がいくつかあって、遅いところでは午前3時まで。なんで、こんなわりと閑静な場所で深夜までやってるのか、ちょっとその理由が気になったり。まあ、この日に限ってはありがたい銭湯には間違いないです(笑)
 (89132)

入り口にその週の薬風呂メニューが。この日はクールミント。夏場は特に湯上がりスッとしていいですね。

こちらの銭湯も番台が独立していて、共有スペースに。そこからさらに女湯、男湯に分かれて入るシステム。
 (89157)

もう深夜ですが、目の覚めるような明るさ。白とベージュを基調とした清潔感のある浴室。カランは鏡付き20席、鏡ナシ4席。中央に深風呂、浅風呂、電気風呂。深風呂の温度が高い、銭湯あるあるなところがうれしい(笑)

その周囲に寝ころび湯、ジェットバス、水風呂。あと、サウナもあり、ちゃんと敷きマットも完備。ワタシ的特筆事項なんですが、サウナ室内温度110℃あって、銭湯では珍しく強気設定なところも◎大体のところが100℃以下ですから。サウナ好きとしては、サウナと水風呂の温度差があればあるほど極楽浄土なわけで(笑)
 (89161)

週替りのミント風呂でこざっぱりと。
 (89158)

水風呂のライオン蛇口がいい。

懐かしいガラス瓶の地ラムネ&地サイダーがいろいろ飲める!

 (89133)

で、湯上がりに冷蔵ケースのぞくとサイダーやラムネ、いろんな種類ありすぎて迷うほど。結局シークワーサーラムネに。これ沖縄の地ラムネだそうで。
 (89135)

うれしいことに、昔ながらのガラス瓶。で、久々に飲むので開け方わからず(笑)ご常連さんらしき方に開け方教えてもらって。

やっぱり、ラムネはガラス瓶&ビー玉のやつがいいですね。ほぼ一気飲み。
 (89159)

 (89136)

 (89137)

そしたら、番台の女将さんにこんなん知ってる?と。今夏のキャンペーン中で、ガラス瓶の地サイダー&地ラムネを銭湯で販売してて、飲むごとにスタンプを。
 (89160)

それを3コ集めると、限定王冠風コラボバッジがもらえます。まあ、同じ銭湯に限りますが。

他の銭湯でもこんなキャンペーンをやってるみたいです。なんか夏休みっぽくていいですね。童心に帰ったような。期間は9月3日まで。頑張って、大徳寺温泉通おうかな(笑)

大徳寺温泉 へのツイート

詳細情報

住所:京都市北区紫竹西高縄町58
電話番号:075-491-6770
営業時間:14:00〜1:00
定休日:金曜日
関連サイト:https://twitter.com/Daitokuji_onsen
20 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers

オススメの記事

今注目の記事