2017年6月8日 更新

【京都珍百景】そろそろ日本三大祭・祇園祭準備!アスファルト道路に埋め込まれた謎の四角石?【四条烏丸】

ふだん気づかずに歩いていた通りの地面を見ると、何やら謎の四角い石。なんじゃこれは?と調べてみると納得。そろそろ祇園祭の準備で街中がソワソワし始める京都(笑)

雨の中歩く室町通

 (82674)

三条室町通を下がる。この日はあいにくの雨。そろそろ梅雨入りですかね。
 (82675)

街散策でこのあたりをぶらり。普段はそんなに下を見ながら歩くことも少ないんですが、新しく買ったばかりのアディダス・スタンスミスのスニーカーが汚れるやん~とか足元気にしながら(笑)

謎の四角い穴と石

 (82676)

すると、室町通の路側帯にこんな四角く埋め込まれた金属製のモノがところどころ。
 (82677)

さらにこちらでは、路側帯どころか、道路にまではみ出す四角い石が埋め込まれています。しかも、4つ。
 (82678)

こちらは大胆にも道路の真ん中に(笑)これも石4つ。
 (82679)

穴が空いてて塞いであるような。
 (82680)

こちらでは、石プラス穴。
これ、もうお解りかもしれんませんが、祇園祭の山鉾を建てる時に使うんです。友人に教わりましたが(汗)

穴部分には杭を立てて山鉾建てのときにロープを張ったり、石部分は山鉾建ての基礎にして組み立てたり。
 (82682)

待てよ。ということは、四条通にもそんなんあるの?と思って見てみると、ありました!
函谷鉾前。今まで気づきませんでした(汗)
 (82681)

けっこうガッツリと四つ。まあ、大型の鉾となると、それなりに立派な穴や基礎が必要になってくるんですよね。

そろそろ祇園囃子が夜な夜な流れ出す~♪

 (82683)

そして、そろそろ夜ともなるとこちらの二階から祇園囃子の調べが流れてきます。祭に備えて練習されてるところを見かけるのもこの時期の風物詩。昼間忙しく仕事をこなされつつ、夜皆集まって練習されてるんですね。そんないろいろなご苦労の末の晴れ舞台がまた今年もやってきます!
 (82684)

こんな巫女さんの募集もやってるみたいです。ま、私は年齢的にアウトですが(笑)
日本三大祭を盛り上げようと、着々と準備が始まってます。

2016.7.15 祇園祭宵々山 月鉾 祇園囃子

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2018京都祇園祭】ゆったり夜の後祭をぶらり!夜の山鉾めぐりは快適で狙い目!!風情漂う祇園囃子☆

【2018京都祇園祭】ゆったり夜の後祭をぶらり!夜の山鉾めぐりは快適で狙い目!!風情漂う祇園囃子☆

祇園祭後半。前祭に引き続いて後祭。猛暑続く中、山鉾建て、曳初めも無事終わり、各山鉾町内には後祭の山鉾が全て出そろっています。そんな夜の後祭山鉾町をぶらり散策してきました。
【京都祇園祭】必須アイテム!一年の厄病・災難除けを願うお守り☆行列必至の一番人気・長刀鉾「粽(ちまき)」

【京都祇園祭】必須アイテム!一年の厄病・災難除けを願うお守り☆行列必至の一番人気・長刀鉾「粽(ちまき)」

毎年祇園祭のときだけ、各山鉾のお会所や八坂神社で販売される粽(ちまき)。地元民は毎年買い求め、一年間玄関先に飾ります。今年も人気の長刀鉾の粽。
【日本三大祭】どんだけ好きやねん!京都人の祇園祭愛あふれる風景を集めてみました☆

【日本三大祭】どんだけ好きやねん!京都人の祇園祭愛あふれる風景を集めてみました☆

日本三大祭であり、京都三大祭でもある祇園祭。京都人がどれだけ祇園祭愛にあふれているかを目のあたりにできるスポットを集めてみました。
【日本三大祭】2018祇園祭☆職人の技が光る伝統技法『山鉾建て』始まりました!

【日本三大祭】2018祇園祭☆職人の技が光る伝統技法『山鉾建て』始まりました!

日本三大祭、京都三大祭の一つである祇園祭。7月から始まり、1か月の長きに渡る祭で、その間いろいろな行事、神事が執り行われています。そして、本日から祭りの主役でもある山鉾を組み立てる『山鉾建て』開始。
【2018京都祇園祭】平成最後!猛暑の中の後祭・山鉾巡行ダイジェスト☆

【2018京都祇園祭】平成最後!猛暑の中の後祭・山鉾巡行ダイジェスト☆

本日7月24日、祇園祭後祭・山鉾巡行に行ってきた様子です。連日の猛暑の中、無事執り行われました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers