2020年6月2日 更新

【京都パンめぐり】1月オープンの『10分モンブラン』で有名なスイーツ姉妹店「キョウトケイゾーベーカリー」

おおきに~豆はなどす☆今回は中京区千本二条上がった場所に1月にオープンしたベーカリー。『10分モンブラン』でおなじみの有名スイーツ店仕込みのパンが並ぶ。

1月オープンの10分モンブラン名店『KYOTO KEIZO』のベーカリー

 (185263)

中京区、千本二条上がる。前から気になっていた新しめのベーカリー。今年1月にオープンし、三条会商店街にある『10分モンブラン』でおなじみの行列スイーツ店『KYOTO KEIZO』の姉妹店。
 (185264)

 (185265)

休日の朝パンを買いにやってきました。明るい日差しに照らされるパンたち。
 (185272)

お店の2階にはイートインコーナーがあり、この時も利用されてる方がいました。お店ではコーヒーも提供されています。
 (185267)

じつはバゲットが欲しかったんですが、ちょっと時間が早すぎたみたいで、ちょうど焼いてる最中とか。大体昼前ごろには全品が出そろうそうです。それでも店内にはそれ以外のパンが各種並びます。
 (185266)

中でもこちらが看板商品のようで、お店の看板にも描かれているプレミアムクロワッサン248円。通常のクロワッサンの1.5倍くらいのデカサイズで、ベルギー産最高級コールマン発酵バターを100%使用。朝日を浴びて、いかにも美味しそうな艶を放っていました。
 (185269)

そのクロワッサンをベースにしたサンド類が各種。
 (185268)

ぷっくり膨らんだブリュオッシュ120円や自家製カスタードクリームを使用したクリームパン186円など。すぐ後ろに厨房があり、男性の方がちょうどパン作りの最中。
 (185270)

パンに使う小麦粉もこだわりのようで、いろいろブレンドされてるのか使い分けされてるのか、数種類あり。
 (185316)

で、今回はシンプルなパンを、と思い、プレミアムクロワッサン、ブリュオッシュ、クリームパンを購入。
 (185317)

クロワッサンは軽く焼いて朝食に。お皿の半分くらいを占めるデカさで、他のおかずを差し置いての圧倒的存在感(笑)
 (185318)

中はこんな断面。わりとふっくらとした生地で、表面はほどよくさっくりバターの香りも程よく効いて、食べやすく、ボリュームもあり。もしかしたら、小食な女子にはクロワッサンとコーヒーで十分な朝食量かも。
 (185319)

ブリュオッシュ。適度な卵感と生地のキメの細かさ。なんでも合いそうな印象。
 (185320)

そしてクリームパン。流石というべきか、自家製カスタードクリームの卵の存在感と濃厚さ。あと手づくり感もする、これぞモンブラン名店の真骨頂。完全にスイーツ店仕様のカスタードクリーム。

今回はバゲットがいただけませんでしたが、スイーツ店ならではの強みを遺憾なく発揮したパンという印象でした。

ヨ~イヤサ~♪

キョウトケイゾーベーカリー への口コミ

詳細情報

住所:京都市中京区聚楽廻南町1
電話番号:075₋841₋1010
営業時間:8:00~19:00
定休日:月・火曜日
21 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな