2022年10月14日 更新

【京都パン】京都を代表する老舗『ホテルオークラ京都』栗シュトーレン☆イートイン穴場

おおきに~豆はなどす☆今回は中京区河原町御池にある京都を代表するホテル内にあるベーカリー。気軽に利用でき、穴場イートインもあり。季節のパンも目白押し。

地下鉄駅直結の好立地☆穴場イートインもあり

 (230763)

中京区、地下鉄京都市役所前駅地下通路から直結。地上では河原町御池に、京都を代表する創業130年の歴史を誇る老舗ホテル『ホテルオークラ京都』があります。ちょうどこの界隈で買い物をしていて、どこかで自宅用のパンを買って帰ろうと思い、こちらのことを思い出してやってきました。
 (230764)

考えてみると、今まで京都じゅうのパン屋さんをいろいろとめぐってきましたが、ホテルメイドのパン屋さんて紹介したことなかったな、と。とはいえ、ホテル直営のパン屋さんってここぐらいしかなかったのでは?と。

ホテル内のレストランでも食され、さらにそのブランド力を活かし館内にパン屋さん作っちゃえ!なんてことが可能なのは、オークラくらいかもしれません(笑)
 (230765)

館内と地下通路両方にエントランスのある『パネッテリアオークラ』。こちらはイートインコーナーもあります。
 (230766)

 (230767)

 (230768)

店内は細長い間取りになっており、食パン、バゲット、菓子パンやデニッシュ系、惣菜パンなど種類豊富に並んでいます。
 (230769)

ホテルらしい工夫を凝らしたものや秋らしい食材を使ったパンもあったり。整然とした陳列スタイルには清潔感があり、ホテルらしい安定感があります。
 (230770)

 (230771)

テーブルパンにふさわしいものも各種あり、バゲットやクロワッサンの類はもしかしたらレストランでも提供されているのかもしれません。
 (230772)

さらに、ちょっと面白いところでは、こんな秋らしい栗のシュトーレンなども。可愛く包装されていて、贈り物としても良さそうですね。なんでも地元新聞にも紹介されたみたいですね。
 (230773)

売り場の中央はガラス張りになっていて、厨房も見えます。広々とした厨房で3~4人くらいの方がパン作りに従事され、個人店にはないホテルメイドらしい様子がうかがえました。
 (230774)

その厨房を挟んだ反対側にはイートインスペースがあり、こちらもイートインとはいえ、ホテルらしい落ち着いた雰囲気で、意外と穴場かもしれません。
 (230775)

 (230776)

で、今回はこちらのミニクロワッサン388円、栗のシュトーレン594円をチョイス。レジ袋は無料でつけてくれます。さすがホテルオークラ(笑)
 (230777)

さらに、そのレジ袋もちょっと手触りが独特だな、と思ってみると、米ぬか配合のバイオマス樹脂認定製品なんだとか。環境にも配慮したSDGs的なやつです。
 (230778)

で、ミニクロワッサンですが、包装袋に描かれているのはホテルオークラ京都の全体像ですかね。へー屋上部分こんななんやぁという驚きもあったり(笑)
 (230779)

サイズは身近にあった崎陽軒のシウマイ醤油さしのひょうちゃんと比較。3ひょうくらいですかね。
 (230780)

食べてみると、バターと生地のいいバランス感。バター過多でもなく、かといって生地のあっさり感で物足りない、ということもなく。ミニなので、よりサクサク部分を楽しめるのがいいですね。甘いシロップが効いていて、ちょっとしたスイーツ感覚でも楽しめます。
 (230781)

 (230782)

 (230783)

栗のシュトーレンは中にごろっと渋皮栗の甘露煮と、細かく刻んだアーモンドやクルミが生地に練り込んであります。通常のシュトーレンよりふっくら柔らかい口あたりで、万人好きしそうなシュトーレン。どこを切っても栗にあたり、さらにその味わいもマロングラッセのようなリッチさもあり。お茶うけスイーツにピッタリで、比較的日持ちもして数日に分けていただきました。

意外と移動中にも利用できる好立地店で、しかもホテルクオリティの安定の美味しさ。また他のパンも食べてみたいですね。

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:パネッテリアオークラ 
場所:京都市中京区一之船入町537−4 河原町御池 ホテルオークラ京都 B2
電話:075‐254‐2545
営業時間:10:00~18:00
定休日:不定休
公式サイト:https://www.hotel.kyoto/okura/restaurant/panetteria/
25 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事