2016年11月20日 更新

【新店】あの元祖マニアック餃子専門店が帰ってきた!リニューアルオープン「福吉」【伏見】

以前同じ界隈にあった餃子専門店「福吉」。数年前、気がついたら閉店。残念に思ってましたが、装い新たにパワーアップして帰ってきました!

まさかまさか、あの福吉か!

たまたま車を走らせていると看板が目に飛び込み、もしやあの「福吉」か!

以前この界隈に個人店でお世辞でもキレイとは言えないディープな餃子専門店がありました(笑)本場の方が作っておられるようで、具材もちょっと一風変わったものが印象的でしたが気がついたら閉店。
それが、数年後見違えるほどキレイになって甦ったよう(笑)
 (24428)

昼時。すでに行列。龍谷大に近いせいか、学生風の若いお客が多いです。こちらは昨年9月オープンとのこと。
 (24427)

これは学生ホイホイメニュー(笑)いや、学生でなくてもこの安さは魅力的。これはかなりの訴求力ありのメニュー。今回は食べなかったんですが、隣のカップルが美味しい美味しいと食べてました。
 (24426)

そしてランチメニュー。基本、麺類チョイスで餃子、スープ、ご飯、あと生卵付。さらに、スープとご飯はおかわり自由とな!これはガッツリ系ホイホイなランチともいえます(笑)

なぜか、ふわふわドッグ(笑)

店に入ってすぐ、これが目に飛びこむ。なぜかパンも売ってます。
一応餃子専門店なんだけどぉ~小麦つながりでぇ~パンも作ってますぅ~キャハ♡みたいなノリなんでしょうか(謎キャラ)でも、このパンに餃子を挟んで福吉ドッグとかやったらかなりの名物パンになるのではないでしょうか。あ、これは私の勝手な妄想ですが(笑)
 (24433)

厨房を取り囲むように客席配置の店内

 (24429)

 (24430)

中央には厨房があり、その周りはカウンター。さらに外周にテーブル席。
 (24431)

そして、ご飯、スープおかわり組スペース。この日、スープは玉子スープとわかめスープの2種類。

もちろん、単品メニューもあり

 (24432)

今回はけっきょく福吉ランチにしたのですが、単品メニューも。ランチの餃子はチョイスできませんが、単品ならこの通り。このあたりのバリエーションは旧福吉時代を踏襲してますかね。でも、旧福吉時代はもっとキレッキレの個性派でしたが。まあ、マニアしかついていけない雰囲気を改めたんでしょうね(笑)

福吉ランチ、いろいろ

 (24434)

こちらは黒ラーマ白湯のセット。けっこうこってりな白湯スープ。そして、さらに黒ラーマ。香ばしいこがしラー油ですかね。それほど痺れるかんじはなし。
 (24435)

そして、こちらは餃子定食の2人前餃子。他、ご飯等々は同じく付きます。この餃子だけはエビか肉のチョイスができ、肉で。けっこう肉肉しい餃子。この味は旧福吉ですね完全に。ちょっと八角、五香粉の効いた、いかにも本場中国の餃子風。
 (24436)

そして、まぜそば定食。けっこうたっぷりめな全粒粉系の麺に大量のニラ、海苔、ねぎ、肉そぼろ、魚粉、きざみニンニクが。底にたまったタレを天地入れ替えて混ぜあわす。
 (24437)

こちらもけっこうこってり。ニンニクがかなり効いてます。そして、唐辛子がわりと効いてそこそこ辛い。

TKGがこの中では箸休め的アイテム

全体的にこってりなので、この定食の中ではタマゴかけご飯がさっぱり役(笑)
 (24438)

 (24439)

そして、またもやお約束ショット。エロたまご仕立てでお届けしております(笑)

まだ開店して間もないこともあり、今後さらなるメニューの充実もあり。今日は無心でガッツリランチ食べたい!という日にはいいかもですね。でも、餃子専門店ですから、単品ですよね。次に攻めるなら。

ヨ~イヤサ~♪

餃子専門店 福吉 への口コミ

餃子専門店 福吉 基本情報

■店舗名
餃子専門店 福吉
■住所
都 府 京都 市 伏見 区 深草 西浦 町 5 丁目 10
■電話番号
075-646-5666
■営業時間
11:30〜15:00 17:00~21:00
■定休日
水曜日
■駐車場

■詳細ページ
http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260601/26026600/
39 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな