2017年12月3日 更新

【オープン】伏見稲荷駅前の粋なコーヒースタンド「Pico organiccoffee(ピコオーガニックコーヒー)【伏見カフェ】

京阪伏見稲荷駅すぐ、思わず目を惹くスタイリッシュなコーヒースタンドが誕生。元タバコ屋を粋なコーヒースタンドにリメイク。観光客のみならず、ディリーユースしたい要素が満載。

伏見稲荷の新生オーガニックコーヒースタンド

 (106581)

京阪電車伏見稲荷駅すぐ、線路沿いに先月末オープンされたコーヒースタンド。
踏切の真ん前最強アクセス。
そして常に観光客と地元の方が入り混じる最高にワールドワイドな空気感。
 (106628)

現代的センスを盛り込んだ手書きボード。
珈琲好きは素通りできぬ、クールなコーヒーシグナル。
 (106582)

お店はテイクアウトオンリーのミニマムな店構え。
ウッドテイストのクールモダンなファサード。
 (106583)

こちらはオーナーさんのご家族が経営されていたタバコ屋さんを世代交代とともにリノベーションしたそう。
カウンターのフレームの形などタバコ屋の面影を残したカウンター周り。タバコ屋として商いされていた様々なドラマ、そんなワンシーンがあたまを過ぎります。
 (106584)

メニューはハンドドリップコーヒー、ラテ系やスムージーもあり。

アメリカンなサイドメニューもあります

 (106586)

サイドにはコーヒーのお供のスイーツも。
こちらはパパジョンズさんの物を置かれています。
 (106585)

コーヒーはペーパードリップでいっぱい毎に丁寧にドリップ。
豆は京都ではメジャーな玉屋珈琲さんの物を使用しているそう。
カフェラテ¥500

カフェラテ¥500

私はカフェラテをチョイス。
レギュラー、ラージとサイズも選べます。

コーヒーはオーガニックな優しさ

 (106587)

私は伏見稲荷の鳥居近くに移動。
カフェラテは
香り豊かなコーヒーとフワッフワのミルクのマリアージュ。
サービスで頂いたスムージーはベリーの甘さとフルーティさいっぱいのトロピカルなお味です。
 (106631)

 (106590)

とっても美しく、フレンドリーなスタッフさんと会話を楽しみながら珈琲時間。
コーヒースリーブのデザインも一新されるそうで赤い鳥居にTOGOcapのショットが沢山発信される予感。
まだオープン間もない店舗ですが、ますますブラッシュアップされていくこと間違いなし。
ほぼ駅直結で普段使いにもおすすめのコーヒーニューフェイスでした。

Pico SNSでの投稿

Pico 店舗情報

店名:Pico
住所:京都市伏見区深草稲荷中之町63-2
電話番号:075-641-0304
関連ページ:
http://pico-fushimiinari.business.site
https://www.instagram.com/pico_inari/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen