2019年1月29日 更新

京都の老舗喫茶店グルメ|満足度は100万点越え★ミリオン【百万遍】

アカデミックな雰囲気たっぷり京大界隈のハンバーグと自家焙煎珈琲を謳った喫茶店。洋食メニューはグルメなお味と抜群のボリューム。ハンバーグの真髄であるデミソースの美味しさにハマること間違いなし。

百点満点のおいしさ

 (109086)

百万遍交差点を斜めに入った裏路地、昭和レトロなイラストがかかれた寒色系のシンプルな佇まい。
珈琲専門店かと思うほどに自家焙煎珈琲豆の販売を熱心に謳ったボードが目立ちます。
百万遍にあるから百万のミリオン、このベタすぎるネーミングも逆にインパクトあり。
 (109087)

巷の噂によると以前は自家焙煎珈琲をメインにされていたそうですが、ハンバーグが美味しいことが評判になりフードメインにシフトされたそう。
 (111950)

ウッディな設えの家庭的な空気感。

お席はカウンターとテーブル席。
特徴的な背もたれゆったりした背もたれのキッチンには頭巾姿。
CDラジカセからはジャズがしっとり流れゆったりとした空気感に包まれます。
 (109088)

 (109089)

お味噌汁はワカメの入った薄めの味付け。
オムラハンバーグセット ¥1000 税込

オムラハンバーグセット ¥1000 税込

オムラハンバーグをチョイス。
ハンバーグのソースがデミグラスソースかチリソースが選択可能。

ハンバーグがチリソースならオムライスはデミグラスソース、ハンバーグがデミグラスソースならオムライスはケチャップになるそうで私はチリバーグをチョイス。
 (109096)

サイドのサラダはコールスローのざく切りがこんもりと。
ピンク色のお漬物でより彩り豊か。
 (109094)

ぽってり大きなハンバーグ。
お箸を少し入れるとほろっとくずれ、ジューシーな肉汁と玉ねぎの甘みが一体化。
周りにはしっかり焼き色がつき、チリソースは辛さより甘さが勝りトマトの旨味が引き立つソース。

ワインが引き立つ大人のデミソース

 (109095)

ボリューム満点のオムライス。
まわりの卵はやや薄め、チキンライスは玉ねぎ、人参、大きな鶏肉。
軽くケチャップでいためており、しっかり塩胡椒が効いた若者受けすり濃いめの味付け。
ご飯はお茶碗3杯程度あり。
そしてこちらのデミグラスソースは、なかなか家庭では表現できない深みのあるソース。
 (144129)

 (109098)

素朴な風貌のスタッフさんは物腰柔らかで、忙しくともお客様への気配りを忘れず対応されています。
お客様は家族連れ学生、海外ゲストもなど多彩な客層。
家庭な暖かい雰囲気に浸りながらがっつりご飯が頂ける愛されTHE学生街の喫茶店でした。

クチコミでの評判

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都大学内「カンフォーラ」京大総長カレーの新生★どっぷり魚介のブルーシーフードカレーが仲間入り!

京都大学内「カンフォーラ」京大総長カレーの新生★どっぷり魚介のブルーシーフードカレーが仲間入り!

吉田の京都大学内にあるカフェレストラン。 名物総長カレーに少し前より仲間入りしたブルーシーフードカレーにふわふわハンバーグ。 学食の域をこえたリーズナブルでグルメなカフェレストラン。
京大生御用達 ☆「cafe collection」 のボリューム満点オムライス!【百万遍】

京大生御用達 ☆「cafe collection」 のボリューム満点オムライス!【百万遍】

京大農学部前にある老舗カフェ、コレクションへランチしに行ってきました!
あの洋館でフランス式の朝食を|人気小説のラストシーンにも登場「進々堂 京大北門前」【百万遍】

あの洋館でフランス式の朝食を|人気小説のラストシーンにも登場「進々堂 京大北門前」【百万遍】

京都カルチェラタンの象徴ともいえる洋館を用いた老舗喫茶店。懐古的ムードとアカデミックな雰囲気に浸りながらフレンチメイドな朝食はいかが?
【京都ランチめぐり】タルタルソース狂必食!老舗モダン焼き店の筆頭!!100種メニュー圧巻☆「もだん焼フジ」

【京都ランチめぐり】タルタルソース狂必食!老舗モダン焼き店の筆頭!!100種メニュー圧巻☆「もだん焼フジ」

百万遍、京都大学のすぐ近く。創業32年の老舗モダン焼き専門店。そのメニューバリエーションの多さが有名。中でもタルタルソースがたっぷり乗ったモダン焼きは数あるメニューの中でも一際人気。
生湯葉をのせた絶品THE京都オムライス★「おむらはうす」【出町柳】

生湯葉をのせた絶品THE京都オムライス★「おむらはうす」【出町柳】

京都の創作系オムライス専門店。ヒジキごはんを包んだふんわり卵にとろとろの生湯葉、冷製出汁ソースをかけた進化を遂げた京都ならではの和風系オムライス。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen