2021年10月3日 更新

【京都ランチ】京都大学学生食堂でハラール料理が手軽に食べられる「カフェテリアルネ」

おおきに~豆はなどす☆今回は左京区吉田にある京都大学の学生食堂。数々あるメニューの中、ちょっと珍しいハラール料理が食べられます。

留学生の多い京都大学ならではの学食メニュー

 (212720)

左京区吉田にある、ご存じ最高学府・京都大学。
京都人としてはあえて東大ではなく京大を最高学府と呼ぶことにしましょう。ノーベル賞受賞者も東大より多いことですし(笑)
今回はちょっと変わった学生食堂があるというのでやってきました。京都大学の学食はこれまで何度か利用しています。

京都大学は吉田、桂、黄檗の3つのキャンパスにまたがり、その中でも中心となる吉田キャンパスは7つの構内に分かれ、学食も全部で7つ。
 (212721)

今回は所要でこちら、百万遍下がった東大路通り東側、西部講堂隣にある京都大学生活協同組合の『カフェテリアルネ』。初訪問になります。
 (212722)

 (212723)

建物は1階に書籍を中心としたショップ、2階にその食堂があります。
 (212724)

で、注意書きとして大学関係者が集中する時間帯の利用はご遠慮くださいとのこと。この日はかなり早い時間帯にお邪魔しました。
 (212725)

2階へ上がると、そのカフェテリアがあります。わりと新しさを感じる内装。
 (212726)

入口にモニターがあり、店内マップなどが表示されています。
 (212727)

で、今回訪れた理由がこちら。
京都大学の学生食堂の中でも、こちらのカフェテリアではハラール料理を提供とのこと。ハラール料理とは、イスラム教徒向けの料理。宗教上の理由でイスラム教徒が食べられない豚肉やアルコール類を除去した料理のことで、京都でも最近外国人観光客が増えたこともあり、ハラールフードを提供するレストランが増えました。京都大学ではイスラム教徒の留学生も多いことから、安心して食べられるハラール料理を提供されています。さすが京大。ワールドワイドな学食。
 (212730)

こちらの学食では、わりと動線がシンプルで、入口から一直線に進むと両サイドに麺類やカレー、丼を注文する窓口があり、そこで好みのメニューをトレイに乗せ、さらに単品サイドメニューは冷蔵ケースから好みのものを取り出し、最後レジで支払う流れ。

この時はまだ早い時間帯だからか、わりと閑散としてましたが。
 (212728)

 (212729)

で、こちらがハラール料理の窓口。他とは独立しています。ケバブを中心にケバブプレート、ケバブラップなど。さらにソースを5種類の中から2種類チョイスでき、その組み合わせで味の変化を楽しめます。ケバブコーナーの営業時間は他より若干限られ、月~土曜日の11~15時。

今回は、この中のケバブプレート429円でソースはエジプト風フムスとスイートチリをチョイス。
 (212739)

こちら、ハラール認定もされています。その証明書も掲示。
 (212740)

ケバブプレート用スプーンも。もしかしたら、消毒用アルコールがかかっていない、というスプーンですかね。ハラールでは消毒用でもアルコール使用禁止。
 (212741)

 (212731)

そのままトレイをレジで見せ、代金を支払うと、給茶機などアメニティーの数々。
このあたりはどこの大学も同じような風景ですが。

で、今回はハラールに徹してこれらの調味料は一切使用しないことにしました。べつにイスラム教徒というわけではありませんが(笑)
 (212732)

 (212742)

食堂内はとても明るい雰囲気の内装。テーブルにはパーテーションも徹底して設置されています。
 (212738)

さらに野外にも食事スペースがありました。この日は曇天でしたが、天気のいい日には気持ちのよさそうな空間。
 (212733)

で、こちらがそのケバブフレート。
ケバブって、串に刺された状態でお肉を焼いた料理というイメージでしたが、、中東とその周辺地域で供される、肉・魚・野菜などをローストして調理する料理の総称なんだとか。心なしか、お皿の縁のデザインが中東風にも見えます。
 (212734)

白飯の上にそのケバブとソース2種類がかかっている様子。米の種類は長粒米ではなく、日本のお米ジャポニカ米のようでした。
 (212735)

生野菜は千切りキャベツ、ニンジン、トマトなど。
 (212736)

そして、さっそく一口。
いろんな味がします。ダル豆をつぶしたもののような味、さらに鶏肉、そしてチョイスしたソース2種類。そしてご飯。それらが一体になっているわけですが、クミンなどのスパイスの味わいもわりとはっきりと感じられ、日常では味わえない中東的イメージを料理から感じられます。
 (212737)

時折、ダル豆の優しい味わいを感じたり、スイートチリだったり。いろんな味を楽しめます。途中、野菜ともまぜ合わせて味に変化をつけてみたり。さらにバランスの取れたヘルシーさも感じられるケバブプレート。これはイスラム教徒でなくても、日ごろ食べたくなるような。

食堂の人気メニューランキングでも2位をつけるほどのようで、京大生お墨付き。それが500円以下で食べられるのもお手軽。
 (212744)

他にも、ベジタリアン対応のメニューもあるんですかね。

 (212743)

さらに全メニューがスマホでチェックもできるとか。
学生食堂も昔とちがい、いろいろなニーズに対応されてて、時代を感じさせられたり。

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:カフェテリアルネ
場所:京都市左京区吉田本町 京都大学 西部生協会館
電話:075‐752‐9271
営業時間:11:00~19:30
定休日:日・祝日
29 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事