2016年2月2日 更新

東山 重厚感たっぷりの三門 「南禅寺」に行ってきました 【観光】

寒さが増してきたこの頃ですが、南禅寺に行ってみました。まだ紅葉している木々があって十分に堪能できますよ!

重厚感のある三門は歴史の重み。

 (6768)

 (6769)

南禅寺の山門は繊細さというよりは、強さのような迫力で圧倒されます。

石川五右衛門で有名な三門。あの名セリフ「絶景かな。絶景かな〜。」は歌舞伎の中の名シーンですが、実際は死後30年以上経ってから建築されたもののようで、藤堂高虎が大坂夏の陣で戦死した一門の武士たちの冥福を祈るため寄進したものだそうです。いろいろな伝説や木々の紅葉が華やかさを添えて、より一層この場所にパワーを与えています。

方丈庭園の“虎の児渡し”

 (6772)

見所は国宝の大方丈とその南庭で、小堀遠州が作庭した枯山水庭園です。

石の姿から虎の親子が川を渡る様子に見えることから俗に「虎の児渡し」と呼ばれる江戸初期以降に見られる樹木と石組みを一ヶ所にまとめた、広い余白が楽しめる名園です。
 (6773)

小方丈にある襖絵は狩野探幽の傑作「水呑の虎」は必見です。

南禅寺への口コミ

施設概要

名称
南禅寺
住所
京都市左京区南禅寺福地町86
電話番号
075-771-0365
営業時間
8 : 40〜17 :00 (12〜2月は16時30分まで)
定休日
無休
関連URL
http://www.nanzen.net
11 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kazu1101 kazu1101

オススメの記事