2016年11月30日 更新

【開店】12月1日オープン!京都の舞妓さんに会える新施設誕生☆「舞妓シアター」【京都宮川町】

京情緒あふれる京都五花街の一つ、宮川町。“舞妓さんに会える”をコンセプトに12月1日からオープンする新施設「舞妓シアター」に一足お先に行ってきました。

宮川町最大手の「しげ森」がプロデュース

 (64151)

宮川町の置屋・お茶屋の最大手といっても過言ではない「しげ森」が満を持してオープン。一部ですが、お祝いの花がたくさん飾られてました。
各花街全体で1つこういう施設を設ける、というのはありそうな話ですが、一つの置屋・お茶屋がプロデュースするというのはかなり珍しく、それだけ「しげ森」を贔屓にするお客が多く、知名度があるという証。

一年と通じて気楽に花街文化に触れてほしい、「芸舞妓さん」を身近に感じて欲しい、そういう場になれば、と。
 (64195)

室内には京都でいま最も活躍するアーティスト・キーヤンこと木村英輝さん画。モダンでありながら、京都らしい花鳥風月。
 (64185)

しげ森自慢の芸舞妓さんが勢揃いで、会場はとても艶やかな雰囲気。
 (64154)

客席からはこんな舞台が。スクリーンがあり、日々の芸舞妓さんの様子や京おどり、美しい京都の風景映像が流れています。
 (64155)

程なくして、舞妓さんの公演が。ここに来れば毎日雅な舞踊が見られます。
 (64156)

とても近い距離です。
 (64157)

お三味線の音もライブなんで、なかなか風情があります。
 (64158)

この日会場には外国人の方が多数来られてて、舞妓さんて人気なんでしょうね~カメラでバチバチ撮影されてました。
 (64159)

同じ会場の一角にはこんなお茶席も。
お点前を間近で見れて、お菓子とお抹茶をいただけます。
 (64160)

一つ一つ運んでは、ニコリと会釈する舞妓さん。

ここ舞妓シアターを利用するには4つのコースがあり、それぞれお弁当や記念品、舞妓さんによるお点前など含まれて価格さまざまですが、大人6,800~13,000円。お座敷で芸舞妓さんを呼ぶことを考えると割安といえますかね。ただし、事前予約が必要です。
 (64161)

そして、こちらの施設の2階には宿泊スペースも。
 (64162)

3室あり、それぞれ基調とする色の違うお部屋。
 (64163)

まだ準備中のようで、家具も完全には入っていませんが。
 (64164)

そして、お隣にも宿泊スペース。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都宮川町】明治創業の京都老舗洋食☆芸舞妓さん御用達の名物フクヤライスは必食「グリル富久屋」

【京都宮川町】明治創業の京都老舗洋食☆芸舞妓さん御用達の名物フクヤライスは必食「グリル富久屋」

京都五花街の一つ宮川町にある明治40年創業の老舗洋食店。場所柄、芸舞妓や歌舞伎役者にも人気のお店。今回はランチ時にこちらの名物メニュー・フクヤライスを食べに行ってきました。
【新店】一流フレンチの味をお手軽に「洋食彩酒 アンプリュス」@四条大宮の巻っす

【新店】一流フレンチの味をお手軽に「洋食彩酒 アンプリュス」@四条大宮の巻っす

四条大宮を西へ一流のフランス料理屋さんで長年料理長として腕を磨いてこられたシェフが独立して「洋食彩酒 アンプリュス」をオープンされました。
【新店】驚愕の神コスパ!京都で600円ビュッフェモーニング☆ワールドワイドに人気「京都モーリスホステル」【京都市役所スグ】

【新店】驚愕の神コスパ!京都で600円ビュッフェモーニング☆ワールドワイドに人気「京都モーリスホステル」【京都市役所スグ】

4月にオープンしたゲストハウス。ドミトリーやシャワー室、キッチンなど共有スペースもあり、格安で宿泊できることが人気で外国人宿泊客が多数。さらに館内にあるカフェではモーニングを提供し、ビジターでも利用可能。で、行ってきました。
【保存版】ここ半年でオープンした京都注目のフードモール!色々選んで食べ歩き☆【厳選3つ】

【保存版】ここ半年でオープンした京都注目のフードモール!色々選んで食べ歩き☆【厳選3つ】

ここ半年でオープンした注目のフードモール3つをまとめました。すでに人気でますます利便性よし。そんなスポットをご紹介します。
【新店】京都の美食家注目のガストロノミー料理!和のテイストを用いたフレンチ「Kyo gastronomy KOZO (キョウ ガストロノミー コウゾウ)」【御所南】

【新店】京都の美食家注目のガストロノミー料理!和のテイストを用いたフレンチ「Kyo gastronomy KOZO (キョウ ガストロノミー コウゾウ)」【御所南】

この4月にオープンした新しいレストラン。美食家の間で注目のガストロノミー要素を取り入れたフレンチ店。いや、和のテイストも(笑)どんなアプローチか気になってランチに行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな