2019年1月28日 更新

【冬の京都ぶらり】季節の花も咲き誇る古都の中心!広大な敷地で市民憩いの場「京都御苑」

古都・京都の中心に位置し、シンボル的存在でもある「京都御苑」。地下鉄でもアクセスできる街中にあるにもかかわらず、四季折々で自然を満喫できる市民憩いの場。季節の花々の開花も。

街中にいながら自然を満喫できる憩いの場

 (144039)

言わずと知れた京都御苑。四季折々で自然を感じられる市民憩いの場。
今回は最近ハマっている季節の花「蝋梅(ロウバイ)」が開花している、との情報を受けて、実際見てみようとやってきました。
 (144038)

現在、中立売御門側の駐車場工事中のようで、こんな具合にパネルが張られていましたが。
 (144040)

 (144041)

そして、1月9日オープンした中立売休憩所も御門すぐそばにあります。
 (144042)

その、休憩所内の案内板に御苑内の季節の花の開花情報があります。
 (144043)

さらに、四季ごとに開花する花や野鳥が載っている散策マップを配布。
これをみると、どこにどの花があって、どの季節が見頃なのかが一目でわかります。

で、これをたよりに、今の時期開花している梅や蝋梅のあるエリア・出水広場周辺へ。
 (144047)

まだ寒々しい風景の中、色あざやかなピンク色の梅が咲きほころび、撮影を楽しむ方でにぎわっていました。
 (144048)

なんとも愛らしくもあり。
 (144044)

そして、蝋梅。まだ植えられてから年数経ってないからなのか、わりと低木で地味めですが(笑)
 (144045)

中国原産の落葉樹。半透明でにぶいツヤのある黄色い花。
 (144046)

意外と周辺に強く香る、まるで蝋細工のようなちょっと独特の趣きのある花。
 (144049)

せっかくなので、ちょっと御苑内をぶらり散策。
 (144050)

それにしても、広大な敷地で、ここが中心街にあるということを忘れてしまうほど。彼方には大文字山も見えたり。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都の花前線】梅林がまさに見頃!行楽弁当持参で鑑賞できる市民憩いの場☆「京都御苑」

【京都の花前線】梅林がまさに見頃!行楽弁当持参で鑑賞できる市民憩いの場☆「京都御苑」

京都市内の中心に位置する、四季折々で地元民はもちろんのこと観光客にもなじみ深い京都御苑。その敷地内にある梅林がまさに見頃。レジャーシートを敷き行楽弁当を楽しむ人も。行ってきました。
【オープン】京都御所観光がますます便利!開放的な森のレストランも☆「京都御苑中立売休憩所」

【オープン】京都御所観光がますます便利!開放的な森のレストランも☆「京都御苑中立売休憩所」

1月9日リニューアルオープンした京都御苑内の休憩所。以前に比べ、バリアフリーで開放的な空間。レストランも京都御所らしいメニューもそろえ充実。売店や無料休憩スペースもありますます便利。
【京都ぶらり散策】台風の凄まじさ物語る爪痕!倒木多数で立入禁止箇所も「京都御苑」

【京都ぶらり散策】台風の凄まじさ物語る爪痕!倒木多数で立入禁止箇所も「京都御苑」

京の中心地・京都御所をぶらり散策。先週猛威をふるった台風21号の影響がここにも。広大な敷地を誇る御所の大木もかなりの破損。行ってきました。
事前申し込み不要!通年公開で手軽に無料参観!!外国人観光客にも人気☆「京都御所」

事前申し込み不要!通年公開で手軽に無料参観!!外国人観光客にも人気☆「京都御所」

以前は期間限定参観で、事前に申込みが必要だったりと、いろいろ手続きが面倒だった京都御所参観。昨年から通年公開、しかも手続き要らずで便利に。そして、もちろん無料です(笑)
世界のVIPを迎える本物の空間!7月から通年公開開始!「京都迎賓館」

世界のVIPを迎える本物の空間!7月から通年公開開始!「京都迎賓館」

7月から通年で一般公開が始まる「京都迎賓館」。5月に行われた試験公開の様子をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers