2017年11月7日 更新

色付き始めた”秋の京都”!紅葉の名所「嵯峨野エリア」をぶらり!

11月に入り、すっかり秋が深まってきた京都。嵐山からもほど近い場所にある人気の観光スポット「嵯峨野エリア」。色付きはじめた嵯峨野エリアをぐるっとまわってきました!

11月に入り冷え込んできた京都。木々も色付きはじめ、すっかり秋が深まってきました。色付きはじめた嵯峨野エリアを散策してきましたので、その様子をご紹介します。
嵐山からほど近くではありますが、嵯峨野エリアは観光客もそれほど多くはなく落ち着いた雰囲気です。紅葉のピークまではまだ半月ほど早いのですが、赤、黄、緑のコントラストも美しく風情があり、十分に紅葉が楽しめました。

(撮影日 2017年11月6日)

落柿舎

 (102001)

松尾芭蕉の弟子、向井去来(1651年 - 1704年)が別荘として使用した草庵であった「落柿舎」。
田畑越し、正面からのこの景色は有名ですよね。
 (102002)

こちらが落柿舎の玄関。拝観料は250円です。
 (102003)

現在の落柿舎は井上重厚が1770年に再建したものになります。
かやぶき屋根がまた風情があっていいですよね。
 (102004)

落柿舎の玄関からの景色も、また風情がありますね。

二尊院

 (102006)

こちらは「二尊院」。二尊院の名の由来は、本尊の「発遣の釈迦」と「来迎の阿弥陀」の二如来像からきます。またこの立派な総門は、伏見城の遺構と伝えられています。
拝観料は500円です。
 (102007)

「二尊院」は紅葉の名所とも知られており、この広い参道は「紅葉の馬場」と呼ばれ親しまれています。
参道はまだまだ色付きはじめといった状況です。
 (102008)

すでに最高潮を迎えているもみじもところどころににありました。
 (102009)

二尊が安置されている本堂前での一枚。美しい木々を背景にした立派な松が絵になります。

祇王寺

 (102014)

二尊院からさらにすすみ奥嵯峨へ。落ち着いた街並みの中に色付いた木々が散見されます。
 (102011)

「平家物語」にも登場した悲恋の尼寺と知られいる祇王寺です。竹林に囲まれた風情のある場所。
紅葉の名所としても知られる祇王寺ですが、まだこの状況。拝観料は300円です。
 (102013)

周囲は竹林に囲まれ、地面は苔を覆われ、緑に包まれています。
燃えるようなもみじと緑のコントラストが楽しみでなりません。
34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「愛宕古道街道灯し(あたごふるみちかいどうとぼし)」8/23〜25 開催【鳥居本】

「愛宕古道街道灯し(あたごふるみちかいどうとぼし)」8/23〜25 開催【鳥居本】

去年もお知らせした「愛宕古道街道灯し」が、今年も鳥居本一帯で開催されます。8/23の初日は点灯式や盆踊り、ひょっとこ踊りも練り歩き賑やかに楽しめますよ。
【嵐山紅葉】朝京都で嵐山の紅葉をゆったり楽しんできました♪

【嵐山紅葉】朝京都で嵐山の紅葉をゆったり楽しんできました♪

紅葉の名所、嵐山。紅葉を見に行ったもののあまりの混雑にぐったりした経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は嵐山をゆったり楽しむ一工夫をお伝えします。
12年間、最も比叡山の眺望に優れた地を求めて…辿り着いた最高の場所「圓通寺」

12年間、最も比叡山の眺望に優れた地を求めて…辿り着いた最高の場所「圓通寺」

圓通寺は、もともと後水尾天皇の山荘でした。かつて、後水尾天皇は比叡山が最も美しく見える地を求めて各所を巡ったといいます。そしてやっと辿り着いた場所がここ、岩倉だったのです。枯山水の庭園も、この頃に造られたもの。比叡山を借景とした庭園の美は、さすがの一言です。
“いとをかし”清少納言ともゆかりのある「今熊野観音寺」で晩秋の紅葉狩り【穴場】

“いとをかし”清少納言ともゆかりのある「今熊野観音寺」で晩秋の紅葉狩り【穴場】

日本で最も歴史がある観音信仰の巡礼所「西国三十三所」の一つ、今熊野観音寺。泉涌寺の塔頭の一つであり、かつて清少納言の父の邸宅が付近にあったといわれています。清少納言も、定子皇后が崩御された後に晩年を過ごしたという説も。「秋は夕暮れ」と枕草子に綴った清少納言は、今熊野観音寺の紅葉に何を思ったでしょうか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopiカメラ部 Kyotopiカメラ部