2016年7月25日 更新

【2016祇園祭ダイジェスト】後祭山鉾巡行、花傘巡行に行ってきました☆

朝、スタート地点からスタンバイ。後祭開始からその様子を追跡取材。途中、花傘巡行にスイッチして祭は最高潮。その様子を早速ダイジェストでお届けします!

スタート地点の烏丸御池

 (46270)

朝の9時半ごろ。烏丸御池交差点で待機。すると、それぞれの通りから山鉾たちがわらわらと集結。
 (46271)

先頭・橋弁慶山では記念撮影が。清々しい勇姿。

そして、いよいよ動き出しました!

 (46272)

 (46273)

「エーンヤラヤー!」の勇ましい掛け声とともに動き出す北観音山。祇園ばやしが青空に響き渡ります。
 (46274)

浄妙山。一来法師が舞ってます!
 (46275)

役行者山。前を歩く山伏の法螺貝の音が鳴り響きます。
 (46277)

黒主山。桜の木が艶やかです。
 (46278)

八幡山。金箔が輝いて眩しい!
 (46279)

鯉山。デカ鯉がいます。
 (46280)

そして、注目の大船鉾。龍頭が鉾全体を勇敢な姿に。けっこう揺れてました。そして、間近にいると、ギシギシと大きな音を立てて鉾が進むことがわかります。臨場感ありあり。

途中から花傘巡行見物に寺町商店街へ

 (46281)

もともとあった後祭が、昭和41(1966)年に統合されて17日のみとなり、これを受けて、おこなわれなくなった後祭の山鉾巡行に代わるものとして、花傘巡行が行われるようになったことがはじまり。平成26年(2014年)からは、後祭山鉾巡行復活とともに同時におこなわれることになりました。

もともとの祇園祭の山鉾は花傘の形態であったと伝えられていて、花傘巡行自体祇園祭の原型とも言われています。
 (46282)

市役所前からすぐさま移動。すでに寺町商店街のアーケードは人で埋め尽くされていました。行列の先頭は元気なかけ声を響かせた子ども神輿。
 (46317)

獅子舞が現れ、差し出された頭をガブリ!とかじりながら練り歩いて行きます。
 (46318)

花傘をかぶった女性や武者行列。華やかな雰囲気を演出
 (46319)

 (46286)

 (46320)

祇園東部の芸舞妓さん。カメラマンたちが集中してます(笑)

四条通りで再び山鉾巡行に合流

 (46288)

 (46289)

寺町商店街を抜けて四条通りへ。御池通よりも狭い分、間近に。最初からここで見ればよかったかも(笑)ラストの直線コース。気合が入ります。
 (46290)

それぞれの山鉾町に戻ると、すぐさま解体。さっきまでの盛り上がりが嘘のように。容赦なく仕舞われていきます。

このあと夜から還幸祭が控えています。
そして祇園祭はこれで終了ではなく、25日の狂言奉納、28日の神輿洗式、31日の疫神社夏越祭、 8月 7日の七夕祭 で〆。機会あれば、続きにまた八坂神社へ足を運んでみてはいかがですか?

ヨ~イヤサ~♪

祇園祭後祭巡行口コミ

花傘巡行 への口コミ

45 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな