2018年8月20日 更新

【京都】世界遺産でチームラボによる光のイベント「下鴨神社 糺の森の光の祭」開催中!

話題のクリエイター集団「チームラボ」が、世界文化遺産の下鴨神社とタッグを組んでライトアップイベント「下鴨神社 糺の森の光の祭」を開催!会期は9月2日まで、お見逃しなく!

話題!下鴨神社とチームラボのコラボ!

 (131496)

世界文化遺産 下鴨神社の糺の森にて、チームラボによるデジタルアートイベント「下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab – TOKIO インカラミ」が開催中です。
会期は2018年8月17日~9月2日、18:30 – 22.00 (21:30 最終入場)となっています。
 (131497)

入場料は平日1000円、休日1200円。チケットの購入は混み合いことも予想されるために、事前にコンビニなどで購入されるのが得策です。また会期中は、下鴨神社の駐車場も閉鎖されているため、公共交通機関をご利用の上、お越しください。
この様に、一目見ようと、カメラにおさめようとお客さんで大変賑わっています。
 (131498)

世界文化遺産の下鴨神社と最新のテクノロジーを用いたクリエイター集団のチームラボの組み合わせはおもしろく、SNSでも話題になっています。
 (131499)

この玉子のような球体が発色し、色を変化させていき、糺の森は幻想的な光に包まれます。
また、そのの光は糺の森の木々へ伝播します。
 (131500)

テレビCMも実施されているので、気になっていた方も多いかもしれませんね。
下鴨神社とチームラボの取り組みは、2年ぶりにです。
 (131501)

紫や黄色、水色、赤、ピンクなど次々と光が変化していきます。
奥の楼門もライトアップされ幻想的。
 (131512)

糺の森を動画チックに紹介。こんな感じで球体の光が変化していきます。
 (131502)

 (131503)

舞殿内やその周辺にもたくさんの球体が。
歴史ある神社とテクノロジーの融合、賛否両論ありそうですが、
期間限定なので、ぜひ楽しんでください。
 (131504)

 (131505)

 (131506)

実際に足を運んで新古が呼応する幻想的なこの空間を体感してください。
週末は混み合いますが、平日の最終受け時間間際が比較的にゆっくりと楽しめるのでオススメです。

会期は9月2日まで。約2週間の限定ライトアップイベントです、お見逃しなく!

クチコミ情報

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【チームラボ】2018年も開催!下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab - TOKIO インカラミ

【チームラボ】2018年も開催!下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab - TOKIO インカラミ

夕涼みが楽しくなる夏の終わり。数多く存在する神社の中でもとくに長い歴史を誇り、世界遺産でもある下鴨神社とその前に広がる糺の森で、幻想的な光の祭が開催されます。手掛けるのはアート集団のチームラボ。京都を舞台に新たな伝統行事が誕生しようとしています。
世界遺産 下鴨神社が神秘的な光の空間に!「下鴨神社 糺の森の光の祭」

世界遺産 下鴨神社が神秘的な光の空間に!「下鴨神社 糺の森の光の祭」

下鴨神社で、8月17日から「下鴨神社 糺の森の光の祭」がスタートしました。幻想的で神秘的な夏の夜です。
【京都下鴨エリア】渡り鳥の季節到来かも!下鴨神社や鴨川デルタでバードウォッチング☆発足日本最古「日本野鳥の会京都支部」

【京都下鴨エリア】渡り鳥の季節到来かも!下鴨神社や鴨川デルタでバードウォッチング☆発足日本最古「日本野鳥の会京都支部」

タイトルが『鴨』バブルです。「到来かも!」にも隠れ鴨を忍ばせています(笑)年末の紅白歌合戦、最後の会場赤白カウントでおなじみ「日本野鳥の会」。その京都支部で野鳥を探しながら歩く「探鳥会」があり、参加してきました。
【京都下鴨神社】世界遺産・糺ノ森に古書ファンが大勢集う!8月11~16日開催☆「下鴨納涼古本まつり」

【京都下鴨神社】世界遺産・糺ノ森に古書ファンが大勢集う!8月11~16日開催☆「下鴨納涼古本まつり」

8月11日から始まった下鴨神社・糺の森の古本祭り。毎年恒例で今年で31回を迎えます。
【京都美人祈願】世界遺産・下鴨神社糺の森にある『美人水』でめざせべっぴんさん!!「河合神社」

【京都美人祈願】世界遺産・下鴨神社糺の森にある『美人水』でめざせべっぴんさん!!「河合神社」

世界遺産、下鴨神社境内、糺の森にある神社。参拝すると美人になれる!というフレコミで、女性参拝客でにぎわう神社。美人祈願にちなんだ鏡絵馬も話題だが、今回はさらに美人度アップの美人水をいただきに参拝してきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopiカメラ部 Kyotopiカメラ部