2018年10月16日 更新

【京都酒場めぐり】キリンビール監修の京町家でクラフトビールランチ!造りたてのホップ香る☆「スプリングバレーブルワリー京都」

オープンから1年。すっかり人気定着の大手ビールメーカー・キリンビールが手掛けるクラフトビール店。京町家リノベーションの落ち着いたたたずまいのお店。昼呑みで行ってきました。

昼呑みランチが可能なクラフトビールブルワリー

 (135664)

錦市場から富小路上る。
昨年オープンした、大手ビールメーカーのキリンビール手掛ける大型クラフトビールブルワリー。京町家リノベーション店舗。
 (135666)

友人とランチがてらクラフトビールを呑もうとやってきました。
 (135668)

 (135667)

ランチメニュー以外にもグランドメニューいろいろ充実。

店内は2階建てで、今回は2階へ案内されました。カジュアルな雰囲気で、老若男女昼間からビールを楽しむ客多数。
 (135670)

期間限定のクラフトビールもあれば
 (135671)

定番もあり、種類も豊富。こちらは飲み比べも可能。
 (135672)

ランチメニューも。いかにもビールがすすみそうなラインナップ。
 (135673)

飲み比べもよかったんですが、じっくり味わいたかったので、レギュラーサイズ360mlでKyoto2017を注文。880円。

小麦麦芽、京都産コシヒカリ使用。以前キリンビールが京都限定で発売した『No.1497』を進化させたこのSVB京都限定品。

万人受けする飲みやすさとほどよくマイルドな苦味。
 (135674)

友人チョイスは「京都 YOSANO IPA」。レギュラーサイズ980円。希少な与謝野産ホップと世界のホップを組み合わてIPAに仕上げたもの。味見させてもらいましたが、IPAらしい強さの中に、さわやかなホップが香ります。

ここで、無知にもビールに泡が立ってませんやん!しかもあんまり冷えてませんやん!と店員さんにクレーム。ビールの種類によって、最適な温度と注ぎ方を採用し、注文した2つのビールはいずれも泡ナシタイプだったみたい。恥い(笑)

 (135675)

詳細はメニューにも書いてあります(笑)
 (135676)

シャルキュトリ5種盛り、自家製和ピクルス添え1680円。
自家製パテ・ド・カンパーニュ、グアンチャーレ、イベリコ サルシチョン、自家製ポークリエット、イベリコ チョリソにパプリカのピクルス。

どれもビールがすすむ味わい。リエットが醤油感というか和風なテイストだったのが印象的。
 (135678)

ランチメニューで今月のおすすめピッツァ「ピッツァ カルボナーラ マロングラッセのせ」900円を。
 (135679)

チーズとマロングラッセの組みあわせの甘じょっぱい感じが、さらにビール消費に。
 (135677)

ここでさらにビールを追加。496にホップ増しでカスタマイズできる『インフューズドビール』1180円。こちらはビールづくりも見学できます。
 (135687)

一旦、1階へ降ります。背後にはビールタンクが並んでいます。この京町家の雰囲気とは対照的でもあり、圧倒的存在感。
 (135680)

で、見学開始。まず、冷凍保存されてたギャラクシーホップをこのブレス式コーヒー抽出器デカい版みたいな筒状容器に投入。
 (135681)

ギャラクシーホップ、初めて現物見ました。オーストラリア産。
 (135682)

外側から496ビールをじわじわと注入。
 (135683)

ここで、店員さんがホップをフィルタープレス。クリアだったビールが徐々に濁る。
 (135684)

で、作りたてをサーバーから注ぐ。
 (135685)

こちらが496。クリアな状態。
 (135686)

で、ホップ増しの作りたてビール。これだけ成分が496に移ったという事。飲むと、フルーティーでフレッシュな苦味がより強く感じることができ、ギャラクシーホップの味わいがダイレクトに。

これが楽しめるのは、世界でこのSVBの店舗のみ。希少なカスタマイズビール。さすが、キリンビールが手掛けるブルワリーならではなサービス。ぜひ体験してみてください!

ヨ~イヤサ~♪

スプリングバレーブルワリー京都 への口コミ

詳細情報

店名:スプリングバレーブルワリー京都
住所:京都市中京区富小路通錦小路上る高宮町587-2
電話番号: 075-231-4960
営業時間:11:00~23:00
(フードL.O.22:00、ドリンクL.O.22:30)
定休日:
関連ページ: https://www.springvalleybrewery.jp/pub/kyoto/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな