2017年9月22日 更新

京都に新名所誕生!クラフトビールが楽しめる京町屋造りの大型店「スプリングバレーブルワリー京都」

京都の繁華街でもあり、錦市場からほど近い場所にクラフトビールが楽しめる新名所が誕生。その名も「スプリングバレーブルワリー京都」。築100年以上の京町屋をリノベした大型店です。

クラフトビールが楽しめる新名所誕生!

 (95556)

料理人だけではなく国内外から多くの観光客が訪れる京都の台所、錦市場。錦市場から富小路通を北へ徒歩1分、築100年の町屋をリノベーションした大型クラフトビールブルワリー(醸造所)がオープン!
早くも京都の新名所になりそうな雰囲気がたっぷりです!
 (95557)

京都にクラフトビールのブームを確定的にしそうな大型店がオープンしました!

大手のビールメーカー「キリン」プロデュースの「スプリングバレーブリュワリー京都」です。
東京の代官山、横浜についで3店舗目、西日本は初出店!
今後、ビールの良さの発信拠点としても注目の新施設です。
 (95558)

シックな外観と玄関ですがブルワリーが併設された2階建ての全134席ある大型店舗です。
とてもブルワリーが併設されているとは思えない外観、京都らしさが溢れる町屋の店舗に仕上がっています。
 (95559)

店内に入るとすぐ左手にブルワリーがありお客さんを出迎えてくれますが、まずその迫力に驚くきます。あまりビールタンクを見ることはありませんもんね。

メインのビールは6種の「SVBコアシリーズ」を中心の季節限定ものや、京都産の原料を使った京都ならではのクラフトビールも展開予定とのことなので、これは期待です。
 (95560)

実は外の窓からもピカピカのビールタンクを見ることができます。
このようにタンクごとにナンバリングされています。
 (95561)

きれいな内庭もあり、開放感があります。
春から秋にかけて、ここで美味しいビールを飲むと最高に気持ちいいでしょうね!
全体的に窓も多く、大きくとられているので開放感がある店舗造りになっています。
 (95577)

入り口のすぐの場所には、この大テーブルが!
友達を集めて、ここで飲むととっても楽しそう!
 (95562)

2人掛け、4人掛けのテーブル、半個室など、
テーブルレイアウトも多彩なので、1人飲み、友人、同僚となど、シーンを選ばずに使えます。
 (95564)

店内奥、キッチン横のスペースのは、このようにビールタップがたくさん!
全部で14本のタップが並んでいます。施設全体では34本のタップが用意されています。
 (95563)

こちらは2階のテーブル席。奥はソファになっているので少しゆっくりできます。
2階席も町屋の風情が溢れています。
 (95565)

スプリングバレーブルワリーでは、クラフトビールとお料理のペアリングを重視しており、ペアリングのコツやオススメの組み合わせが紹介されていますので参考にしてください。

フードメニューは和の素材を大胆にミックスしたカテゴリーにとらわれないセンス溢れるラインナップです。

クラフトビールと和おつまみのマリアージュ

 (95570)

クラフトビールもフードメニューもたくさん種類があるのですが、
スプリングバレーブルワリーの特徴が楽しめるカラフルなペアリングセット(2,300円)をオーダー。
クラフトビール6種類でとそれぞれのビールにあわえたおつまみのセットです。
ビールだけの飲み比べセットもあります。

スプリングバレーブルワリーに来たら、まずはこれって感じの象徴的なメニューになりそう予感!
 (95571)

左からペアリングを紹介してきます。
甘味・酸味・苦味のバランスがとらら、スプリングバレーブルワリーの代表的なビール、496。
そのビールにあわせるのは、かわいくも新感覚の肉味噌マカロン。

そのとなり、麦の甘味と対局にある苦味を楽しめるピルスナーのコープランド。コープランドにあわせるのは、お出汁の風味が効いたオリーブです。

鮮やかなブラックビールは、ほのかな甘みと苦味が楽しめるアフターダーク。ブラックビールには、ほどよい食感と甘味がクセになるペカンナッツショコラ。
 (95597)

続きましてまた左側から、フルーティーで爽やかな口当たりが特徴的なオンザクラウド。あわせるのは、京都らしい半兵衛麩のよもぎ麩を使ったトマトカプレーゼ。

その右側、ビールでは珍しいゆずと山椒という和の素材を使った個性的なデリドリーム。あわせたのは同じ山椒を使ったたけのこ山椒。

最後にラズベリーを使い爽やかな口当たりのジャズベリー。京都西利のうりの奈良漬とブリーチーズの組み合わせは、同じ発酵食品なので相性もバツグン。
 (95573)

このようにサーブの仕方も工夫がされており、彩りも鮮やか。
このビジュルアルはカラフルでインスタ映えしますし、飲みやすく食べやすく女性から人気がでそうな気がします。
この日も多くの女性のお客さんがこのセットを楽しんでおられました。

もちろんクラフトビールは、お好みの銘柄やサイズを選んで自由に注文できます。
 (95566)

クラフトビールによくあうフードメニューも勢ぞろい!和の素材を大胆に使ったセンスが光るメニューの数々です。

ハムやパテ、チョリソーのようなザ・ビールのアテのようなメニューから、上品なお野菜メニューの生湯葉とセミドライトマトのカプレーゼや焼き野菜のバーニャカウダなど、前菜にオススメです。
 (95567)

さらに京都らしく上品でもあり、お酒に合うアテが並びます。

豆腐のスモークや、とろろ昆布や生麩を使ったアヒージョ、カニ味噌と湯葉のグラタンなどなど、和の素材が大胆に使われています。
 (95568)

メインは、溶岩石のグリル料理です。
ステーキから豚スペアリブ、鶏のクルネ、鮮魚まで幅広いグリルメニューです。
もちろん3種、5種と盛り合わせメニューもあるので、グループで少しずつ食べるのもいいですね。
 (95569)

トッピングのセンスが光る和風のクラフトピッツァや〆のご飯ものもあります。

軽めでクリスピーな仕上がりのローマ風ピッツァは、定番のマルゲリータから釜揚げしらす・九条ねぎ・焦がしバター醬油のピッツァと引き出しの多さに驚かさます。
〆も出汁茶漬け、キーマカレー、カオマンガイ、煮込みそばと豊富です。

錦市場からも近く立地もよく、築100年の町屋をリノベーションしていて風情もあり、話題のクラフトビールを気軽に楽しめる、和のセンスが光る美味しい料理がたくさん、11時から23時までの営業と使い勝手もよし、これは流行らない理由がないですね。瞬く間に京都の新名所になりそう気がします。
ビールが好きな方もそうでない方も、ぜひ一度足を運んでみてください。

スプリングバレーブルワリー京都 クチコミ情報

スプリングバレーブルワリー京都 店舗情報

店名:スプリングバレーブルワリー京都
住所:京都市中京区富小路通錦小路上る高宮町587-2
電話番号: 075-231-4960
営業時間:11:00~23:00
(フードL.O.22:00、ドリンクL.O.22:30)
定休日:
関連ページ: http://www.springvalleybrewery.jp/kyoto/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし