2021年1月23日 更新

【京都昼呑み】絶品カキ料理と熱燗しっぽり☆京の台所・錦市場の人気店「錦だいやす」

おおきに~豆はなどす☆今回は中京区、京の台所として知られる錦市場。その中でも人気のカキ料理とお酒を昼間から楽しめるお店。

全国から厳選した新鮮ブランド牡蠣が食べられる人気店

 (199876)

中京区、四条烏丸にもほど近い場所。400年の歴史を持つ、ご存じ京の台所・錦市場。

国内外問わず、多くの買い物客や観光客でにぎわう場所。でしたが、昨年初旬の新型コロナウイルス感染拡大以降、外国人観光客を中心に利用者激減。コロナ以前なら通りはいつもすし詰め状態でした。

 (199877)

こちら平日昼過ぎの様子。まあ以前に比べれば、見違えるような閑散ぶりではあります。この日はと昼飲みしようとやってきました。
 (199878)

中でも、いつも人気のこちら。
全国から旬の選りすぐりブランド牡蠣を集め、生でいただけるお店。

店頭には殻付きの牡蠣がズラリ。
 (199879)

殻付きの、見るからに鮮度抜群な牡蠣が並んでいます。三重県浦村産、北海道厚岸産マルえもん、兵庫県相生産など、牡蠣好きなら一度は耳にしたことのあるブランド牡蠣ぞろい。
 (199880)

創業大正十年を誇る老舗。
かき料理以外にもお酒のアテ的メニューあり。で、チョイ呑みがてら入店。
 (199881)

じつは以前から何度も店前を通りつつ、今回初訪問(笑)

間口が狭いお店で手前のカウンター席しか見えず、狭いお店なのかと思ってました、奥に進むと意外と広く、テーブル席、カウンター席などけっこうなキャパあり。そして、坪庭まで。
 (199882)

意外と、女子おひとり様でもふらっと立ち寄れる、カジュアルさもあります。実際、そんな女性客も。

現在コロナ禍ということで、カウンター上にはパーテーションも設置。
 (199883)

 (199888)

飲み物メニュー。種類豊富にビールや焼酎、ワインなど。日本酒も伏見から全国の銘酒まで。

で、牡蠣なのでここはやはり日本酒、それも熱燗がいいな、ということで、土佐鶴の熱燗を注文。
 (199884)

牡蠣は店頭に並んでいた3種類を生牡蠣として提供。他焼牡蠣や焼き貝、牡蠣料理も。
 (199885)

生牡蠣というと、この時期ノロウイルスなどが心配ですが、検査済の安心安全なものを提供されています。
 (199886)

それ以外にも、お造りや珍味、おばんざいメニューも。
 (199887)

さらに、揚げ物や焼き物もあり、牡蠣料理専門店というイメージ先行でしたが、海鮮料理のバリエーション豊富にあります。
 (199889)

まずは熱燗。こんな土瓶に入って登場。
 (199891)

すぐさま生牡蠣登場。
今回は北海道厚岸産マルえもんをチョイスしました。
 (199890)

いいデカさです。そして、艶やかで鮮度よし。レモンも添えられていましたが、そのままトゥルンと一口で。口の中、生牡蠣まみれになりつつ、噛むと海のミルクがじんわり。もちろん生臭さなく、牡蠣の旨味と海の味。すかさず熱燗。
 (199892)

続いて焼牡蠣。三重県浦村産真牡蠣。こちらも濃縮された牡蠣の旨味と磯の香り。さらに海のミネラル感。
 (199893)

そして、牡蠣以外のメニューも注文。こちらは蟹みそ。熱燗がすすむすすむ。追加の嵐(笑)
 (199894)

カキフライと迷いつつ、こういうのもいいかと。牡蠣のグラタン。牡蠣殻をそのまま器として活用。
 (199895)

具材は牡蠣のみでシンプル。ベシャメル、さらにチーズを乗せて焼いてあり、これは絶品。10個くらい食べたいような(笑)和食メニュー中心の中、こういう変化球いいですね。
 (199896)

揚げ物メニューで、小いもの唐揚げ。一度炊いてある小いもをカラッと揚げてあり、外側カリカリで中はねっとりと、小いもらしい粘りと出汁感。

フラッとチョイ呑みがてら立ち寄れる気軽さながら、どれもお酒が進むアテぞろい。これなら買い物帰りにソロ呑みも全然アリだな、と(笑)

いつも人気なのがうなずけるお店でした!

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:錦だいやす
場所:京都市中京区中魚屋町509錦市場内
電話番号:075‐221‐0246
営業時間:12:00~18:00
定休日:水曜日
関連サイト:https://www.instagram.com/daiyasu.nishiki/?hl=ja
25 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事

今注目の記事