2018年8月8日 更新

【京都酒場めぐり】昼間から満員!クオリティの高さ抜群の人気立飲み店☆「柳小路TAKA」

京都イチの繁華街・四条河原町の北西、柳小路にある、昼から立ち飲みができるお店。クオリティ高い料理やレアな日本酒を提供することで、不動の人気店。

昼呑みでも満員の柳小路の人気店

 (130507)

これまでにも何度かご紹介している、四条河原町の北西エリア柳小路にあるお店。クオリティの高い料理と、日本酒に関しては一銘柄を精米歩合で飲み比べできるマニアウケするメニュー構成で、大繁盛の人気店。最近ではいつも満員なんでなかなか入店できてませんが(汗)
 (130508)

この日は昼呑みしようとこちらへ。昼13時からオープンで、それより少し遅れる程度で来店したのですが、すでにお客で大にぎわいで、なんとか詰めて入れてもらいました。
 (130680)

カウンターには日本酒瓶がズラリ。こちらの日本酒看板メニューである滋賀の岡村本家・金亀。精米歩合7段階で飲み比べできます。

他、季節の果物もあり、カクテル用ですかね。
 (130509)

夏っぽいカクテル類がいろいろと。
 (130511)

この日のオススメメニュー。
最初から今日は肉を食べる!と決めてたので、牛肉のタタキを注文。他追々と注文。
 (130513)

定番の焼き鳥たちも。
 (130512)

ドリンクメニューも。
 (130681)

で、見てると私たちが注文した塊肉が焼かれ始めご満悦。カウンターってライブで料理が出来あがっていく様がわかり、いいですよね今更ながら(笑)
 (130515)

友人は生ビール、私はちょっと女子っぽく白桃サワー700円でカンパーイ!
 (130516)

ほどなくして登場の牛肉のタタキ1200円。
オォー!!とどよめき。これこれ、これが食べたかったんですよ。
 (130517)

変態ストーカーぎみにしばしガン見。いいよね~肉。と喜びを共感(笑)
 (130518)

添えられた、茶色くソテーされた玉ねぎソースで。玉ねぎの甘み、コクが赤身の牛肉によく合う。夏は血の気の多いものが無性に食べたくなりますが、願ったり叶ったり(笑)
 (130520)

ズッキーニのグリル500円。思わずデカッ!とつぶやいてしまうほどのサイズ。シンプルに炭火焼きされオリーブオイルと塩胡椒で味付け。
 (130521)

肉厚で甘みも感じる。夏野菜の美味しさを存分に堪能。塊って食材のリアルさがよく伝わります。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都酒場めぐり】立ち飲みの域を超えたクオリティ!昼もガッツリ呑める☆「柳小路TAKA」

【京都酒場めぐり】立ち飲みの域を超えたクオリティ!昼もガッツリ呑める☆「柳小路TAKA」

京都イチの繁華街・四条河原町の北西、柳小路にある、昼から立ち飲みができるお店。クオリティ高い料理やレアな日本酒を提供することで、オープン当初から話題となり、今や押しも押されもしない不動の人気店。
【京都酒場めぐり】繁華街の呑兵衛御用達人気店!話題の熱々名物エッグ必食☆立ち飲み店「ココロ」【四条河原町】

【京都酒場めぐり】繁華街の呑兵衛御用達人気店!話題の熱々名物エッグ必食☆立ち飲み店「ココロ」【四条河原町】

四条河原町の上る、木屋町との間にある飲食店が所狭しと立ち並ぶエリアに立地。立ち飲み店好きの呑兵衛の間では常に話題にのぼるお店。名物エッグを求めて行ってきました。
【京都酒場めぐり】京都オシャレ立ち飲み店の手掛ける座れるダイニング!しっぽり呑める☆「旬ダイニングすいば」

【京都酒場めぐり】京都オシャレ立ち飲み店の手掛ける座れるダイニング!しっぽり呑める☆「旬ダイニングすいば」

今年1月オープン。京都のオシャレ立飲み店の代表格として知られる『すいば』。女子のおひとり様でも気軽に楽しめる立飲み店として人気を博し、数店舗展開。そんな中、これまでとはちがう座れるすいばが登場。
【京都酒場めぐり】強烈炭酸のレモンサワー喉ごしスッキリ!名物近江牛肉豆腐は必食☆「酒場エビス」

【京都酒場めぐり】強烈炭酸のレモンサワー喉ごしスッキリ!名物近江牛肉豆腐は必食☆「酒場エビス」

四条河原町界隈の飲食店がひしめくエリアにある居酒屋。強烈炭酸の名物レモンサワーと滋賀食材中心のアテが絶品。中でも近江牛の肉豆腐はリッチすぎる美味しさ。
【京都ランチめぐり】注目スポット柳小路の隠れ家的名店!昼飲みが似合いすぎる本格手打ち蕎麦店「そば酒まつもと」

【京都ランチめぐり】注目スポット柳小路の隠れ家的名店!昼飲みが似合いすぎる本格手打ち蕎麦店「そば酒まつもと」

京都イチの繁華街・四条河原町の北西、柳小路にある蕎麦の名店。美味しい日本酒、アテ、〆の蕎麦とトータルで満足できるお店。お昼に行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな