2018年10月26日 更新

【京都ランチめぐり】ディープエリア・西陣の激シブ老舗お好み焼き店!昔懐かしい昭和レトロ感☆「吾妻軒」

ディープエリア西陣。千本一条通りにある見るからに古い店構えのお好み焼き店。中に入ると、これまた昭和レトロで、昔懐かしい雰囲気のお好み焼きが食べられるお店。ランチで利用しました。

昭和レトロな雰囲気が今もそのままに

 (136765)

この日は映画を観ての帰りにランチと思い、千本通りを北上。何を食べようか迷いながら歩いていて、ふと前から気になっていたお店に。

千本通りはわりと古いお店が立ち並ぶ場所ですが、その中でもこちらの雰囲気に惹かれて。見るからに古そうなお好み焼き店。
 (136766)

ショーケースがあり、焼く前の状態の食品サンプルがあるんですが、これにも一目惚れ。
 (136767)

お昼真っ只中ですが、客は私だけでした(笑)
この界隈、わりとサラリーマンを中心にササっと食べられるお店が盛況で、昼間からのんびりお好み焼きは敬遠されるのか。

それにしても、店の昭和レトロな雰囲気にうっとり。テレビもあります。
 (136768)

 (136769)

街のおばちゃんがやってる昔ながらのお好み焼き店の鉄板付テーブルや椅子って、もっと簡素なもんですが、ここはボックス席になっていて、またそれが風情あるというか。

2代続く、創業65年のお店だそうです。年配の女将さんが切り盛りされてました。
 (136770)

こういう、青のりと鰹節のケースもすごく年季が入ってるかんじで。
 (136771)

お品書きも、丁寧に毛筆で手書き。
 (136772)

季節メニューのかき焼きも。
いろいろ迷いましたが、店名の入った肝入りメニュー、具材全種類と卵2個入ったあづま焼き900円を注文。要はミックス焼きですね。
 (136773)

ほどなくして、こちらが。
ステンレスカップに山盛り。ハム、かしわ(鶏)、イカ、牛肉、卵2個、青ネギ、紅ショウガ、キャベツ、生地が底部分に入っています。

で、こちらは自分で焼くセルフスタイル。
 (136774)

てんこ盛りのカップの具材、こぼしそうになりながらなんとか混ぜきって、鉄板へ。
なんか、こんな作業も久々にやったというか(笑)
 (136775)

ひっくり返すのも自分で。ちょっと冷や冷やしつつ、なんとか成功。
 (136776)

で、卓上のお好みソース、青のり、鰹節をトッピングして出来あがり。
 (136777)

御開帳の断面図。卵2個ということで、わりと黄色い生地でふんわり仕上げ。
 (136778)

熱々のところを、小型コテに持ち替えて、直接食べる醍醐味。とにかくいろんな味がします。かしわ、あまりお好み焼きに入れたことなかったんですが、なかなかいいです。時折ハムの風味もして。牛肉もコクを与えていて、イカの食感がいい。
 (136779)

半分食べたところで、マヨネーズをお願いするとこれが登場。
 (136780)

絵心なく、テキトーに絞りましたが(笑)酸味少なく、とてもマイルドクリーミーなマヨネーズでより濃厚な味に。というより、うんちくより郷愁の味ですね、要するに。

久々にのんびりマイペースに焼きながら、ほっこりお好み焼き食べました。もう来年には新しい元号に変わろうとしているのに、この昭和レトロ感はずっとこのままでいてほしいな、と。そんな貴重なお店でした。

ヨ~イヤサ~♪

吾妻軒 への口コミ

詳細情報

住所:京都市上京区千本通一条上る泰童片原町661
電話番号:075-463-0465
営業時間:正午~21:30
定休日:月曜日

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな