2019年8月24日 更新

【保存版】京都オススメのソース味がたまらんB級粉もんグルメ!祇園名店から行列店まで☆【厳選7店】

おおきに~豆はなどす☆今回は京都オススメの粉もんグルメ店をご紹介!祇園の有名店や行列必至の人気店まで。

祇園の名店!昭和風情漂うカウンターで昼呑み可「祇園ねぎ焼かな東店」

 (161619)

 (161620)

 (161621)

祇園、八坂神社から東大路下った場所にある、名物お好み焼き店。昭和風情漂うカウンターのみのスタイル。昼呑みもでき、立地的に外国人観光客にも人気。通し営業で深夜遅くまで営業していて、利便性もよし◎

店名:祇園ねぎ焼かな東店
住所:京都市東山区 東大路安井北門通月見町13
TEL:075-561-4529
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/8aRae

行列必至のキャベツまみれの焼きそば必食「ふくい」

 (161623)

 (161648)

 (161649)

五条大宮にある、ちょっとノスタルジックな雰囲気もただよう昭和風情の残る老舗店。そして行列ができる人気店。鉄板焼き、お好み焼きも美味しいが、そば以上に大量の千切りキャベツを投入する焼きそばは、ふくいの真骨頂。大量のキャベツのおかげでボリュームあるものの、お腹のももたれずペロリと完食できる美味しさ。

店名:ふくい
住所:京都府京都市下京区中堂櫛笥町7
電話番号:075-841-7374
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/s8J5A

タルタルソース狂必食!老舗モダン焼き店の筆頭!!100種メニュー圧巻☆「もだん焼フジ」

 (161629)

 (161630)

 (161631)

百万遍、京都大学のすぐ近く。創業32年の老舗モダン焼き専門店。そのメニューバリエーションの多さが有名。中でもタルタルソースがたっぷり乗ったモダン焼きは数あるメニューの中でもボリューミーで一際人気。

店名:もだん焼フジ
住所:京都市左京区田中大堰町89-5
電話番号:075-711-5089
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/fZOor

京都駅東エリアのディープ老舗お好み焼き店「山本まんぼ」

 (161633)

 (161634)

 (161637)

こちらも京都粉もんグルメを語る上では、ハズせないお店。京都駅東側にある創業68年の老舗。夏でもエアコンなしの開放スタイルな店内は、まさに昭和。中央カウンターで焼かれるベタ焼きモダンの名物「まんぼ焼き」は必食!そして、絶滅危惧種のレアドリンク・みかん水とともに食すと、昭和世代大歓喜の昔懐かしい世界感。

店名:山本まんぼ
住所:京都府京都市 下京区下之町56 市営住宅22棟103
電話番号:075-341-8050
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/lcoXE

粉もんエリアの人気店!名物あらた焼きは必食☆鉄板焼「あらた」

 (161625)

 (161626)

 (161627)

京都駅八条口から南へ。粉もん店が集中するエリアの有名人気店。夕方早い時間帯5時から営業でもあっという間に満席になり、場所柄外国人観光客も訪れるお店。
お酒を飲みながら楽しめるアテ的鉄板メニューも充実。中でも、名物あらた焼きはベタ焼きタイプのまさしくお酒のすすむ一品。赤玉ポートワンベースの京都名物「赤」を飲みながら舌鼓。

店名:あらた
住所:京都府京都市南区西九条院町24-4
電話番号:075-661-5444
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/CPx2x

ディープ西陣の激渋老舗!昔懐かしい昭和レトロ感「吾妻軒」

 (161639)

 (161640)

 (161641)

ディープエリア西陣。千本一条通りにある見るからに創業65年の古い店構えのお好み焼き店。中に入ると、これまた昭和レトロで、昔懐かしい雰囲気でセルフ焼くスタイルのお好み焼きが楽しめる。

店名:吾妻軒
住所:京都市上京区千本通一条上る泰童片原町661
電話番号:075-463-0465
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/qfuP6

寺町京極の知る人ぞ知る人気の粉もんランチ☆「ミスターヤングメン」

 (161643)

 (161644)

 (161645)

寺町京極入ってスグの場所に昔からある喫茶仕様の粉もん店。スキレットに盛られたおひとり様に安心なポーションスタイル。そして、粉もんをおかずにおにぎりのついた名物ヤングメンランチは1000円以下で満腹になる昭和ガッツリ系。

店名:ミスターヤングメン
住所:京都市中京区寺町通四条上ル東大文字町312
電話番号:075-255-4591
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/wLRQE

まとめ

いかがでしたか?どのお店も年季の入った人気店。気取らずに安くて美味しい粉もんが食べられるお店ぞろい。鉄板を前に熱気を感じながら出来立てを食べられるのが、美味しさの醍醐味。ご参考に。

ヨ~イヤサ~♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな